このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『まりもの花 ~最強武闘派小学生伝説~』第10巻 秋元康(作)香純裕子(画)【日刊マンガガイド】

2014/09/28


marimonohana_s10

『まりもの花~最強武闘派小学生伝説~』第10巻
秋元康(作)香純裕子(画) 集英社 \400+税
(2014年9月12日発売)


ついに集英社が少女コミック誌「りぼん」においても「週刊少年ジャンプ」的マンガを展開!?

草花を愛するかわいらしいJS(女子小学生)・野上まりも。怒りの気持ちが募ると、彼女の手には花のアザが浮かび、ケンカ最強の武闘派小学生に豹変! そのパンチ力たるや、『ONE PIECE』の主人公・ルフィが繰り出す“ゴムゴムの銃”かと見まごうほど!?
そんな彼女の特殊能力(華の一族のアザのパワー)を狙うは、悪の組織・黒呪会。そしてその中心人物に浮かび上がるは、まりもの祖父だった……。

最終巻となる本巻では、まりもが手に星のアザをもつ双子の妹・まひると合流。父をさらった祖父のもとへと向かう。
最終決戦に近づくなか、まひるは「お姉ちゃんには指一本ふれさせない!」と怒りのパワーを爆発。心を痛めて怒る気持ちを覚えたそのとき、星のアザは花のアザへと変わり、彼女は真の強さを持つ華の一族の完全体に成長をとげる。
さらに、まりもの脇を固め途上の敵を引き受けるため、まりもの親友・佳代子と舞花、まりもを好きだからこそ別れを告げた竜星、そして誰よりもまりもを愛し、一生守り抜くと心に決めた幼なじみ・マサル(久保勝)らも集結。

「友達のピンチを助けるのは、当たり前やろ!」と、正義を旗印に愛と友情の名ゼリフがてんこ盛りの本作は、まさしくJS(女子小学生)版『キン肉マン』『るろうに剣心』か……。
祖父に黒花薬で操られる父とまりもが対峙する決戦、その勝負の行方は!? そしてまりもと祖父の邂逅はあるのか……。

戦いながら主人公が成長する少年ジャンプ要素に、乙女ゴコロをくすぐる恋愛要素もたっぷり加わった、これまでにない少女マンガの大団円。
さすが鬼才・秋元康氏が原作と、納得してしまう作品です。



<文・藤咲茂(東京03製作)>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『まりもの花~最強武闘派小学… Amazonで購入
  • 『まりもの花~最強武闘派小学… Amazonで購入
  • 『V・I・P』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]