このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【速報】26歳で必ず死を迎える……、祟られた娘、謎の修験者が施す大いなる“秘術”……!? 超人気時代ミステリー『京の縁結び 縁見屋の娘』第4話、更新!!

2017/12/28


「縁見屋の娘は祟りつきや、せやさかい26の年に死ぬ――」

江戸時代の京都を舞台に、呪いに苦しむ娘と謎の修験者は運命を変えるべく「悪縁」に立ち向かい、衝撃の真実にたどりつく……。

enmiya_cut01

超人気時代ミステリー『京の縁結び 縁見屋の娘』第4話が、
「このマンガがすごい!WEB」で本日、公開されました!!

\第1話・最新話を今すぐ読みたい方は下のバナーをクリック!/ 縁見屋バナー[920×250]1

原作は第15回「このミステリーがすごい!」大賞・優秀賞受賞作!
気になる内容とは……?


enmiya_s01

『京の縁結び 縁見屋の娘』
三好昌子(著) 宝島社 ¥650+税
(2017年3月4日発売)

京で口入業を営む縁見屋のひとり娘のお輪は、母や祖母がみな26歳で亡くなったという悪縁に自らの行く末を案じるながら、毎日を過ごしていた。そんななか、偶然出会った謎の修行者・帰燕から、悪縁についてある提案をされる……。

enmiya_cut02

縁見屋の歴史と呪縛、そして謎の修験者の正体。真実がすべてをつなぎ、やがて京全土を巻きこんだ大事件に発展する……!?
どんな物語が展開していくのかは、ぜひ、コミカライズ連載でチェックしてください!

本日公開の第4話を特別にご紹介!!

それでは、さっそく本日連載スタートの第4話を、ちらっとご紹介します!

縁見屋と行者の深い関係の鍵となっている秘図面の謎を解いているお輪。 火伏堂にやってきた彼女は、行者である帰燕と一緒のところを徳次に見られ、誤解を招いてしまう。
誤解は解けたが、「26歳で命を落とす」縁見屋の祟りに、自暴自棄になりつつあるお輪を救おうと、徳次は帰燕に呪いをとくよう頼むのだが……?

帰燕は、お輪の頼みであれば引き受けると語るが、彼女にすべてを知る覚悟があるのか、と厳しい表情。
お輪は改めて、祟りで死んでいった母、祖母、のことを思いだす。そして、26歳で死ぬというその年齢に近づいていく自分についても――。

火伏堂に行ってからというもの、祟りの事が頭から離れず、夢ばかりではなく、日中に幻を見るようになってしまったお輪。
でも、縁見屋と行者のこと、そして代々伝わるこの祟りについて、知る覚悟はできないまま……。

お輪は帰燕と一緒に秘図面を取りに向かうことに。なぜかその後ろ姿にどうしようもなく惹かれるお輪だったが――?

……と、紹介はここまで! 縁見屋と行者、そして秘図面の関係とは? 
気になる続きは本編をぜひお楽しみください!

縁見屋バナー[920×250]1

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

2月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2