このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

11月22日は「ボタンの日」 『ジョジョの奇妙な冒険』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/11/22


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

11月22日はボタンの日。本日読むべきマンガは……。


JOJO_s37

『ジョジョの奇妙な冒険』 第37巻
荒木飛呂彦 集英社 ¥390+税


11月22日は「ボタンの日」。
これは明治3年のこの日、日本海軍の制服としてヨーロッパスタイルのネイビールックが採用されたことにちなんで制定されたもの……とだけ聞いてもピンとこないかもしれないが、その制服に配されたボタンの数を見ればだれもが納得するだろう。
なにせ前面にタテ9個が2列、背面にも3個が2列、合計24個もの大量のボタンが配されている制服なのだ。もはや服というか、ボタン!?

さて、本日はそんな制服にちなんだマンガを……とも思ったのだが、マンガに登場したボタンといえば、やっぱり『ジョジョの奇妙な冒険』第4部が忘れがたい。

シリアルキラー・吉良吉影の正体に迫る手がかりとなるコートのボタンを、仗助たちに届けて絶命する重ちーの凄絶な最期。
現在、『ジョジョ』4部のアニメ版も絶賛放映中につき、あらためてその記憶を鮮明にした人も多いと思われるが、重ちーの“好感度ちっとも高くないのに憎めないキャラ”や、その後の緊張感高い追跡劇など、ちっぽけなボタンひとつから思い出される『ジョジョ』4部の名場面は非常に多いだろう。

ちなみにファンの間では有名なことではあるが、このボタンを追ってバトルが繰り広げられる「靴のムカデ屋」は、『ジョジョ』4部の舞台・杜王町のモデルである仙台に実在する(実際の名称は「むかでや」)。
作中に登場する領収書を発行してくれるサービスもあり、「聖地巡礼」には欠かせないスポットとなっている。
ファンなら、ボタンを追って一度は訪れてみたいですよねー。



<文・大黒秀一>
主に「東映ヒーローMAX」などで特撮・エンタメ周辺記事を執筆中。過剰で過激な作風を好み、「大人の鑑賞に耐えうる」という言葉と観点を何よりも憎む。

単行本情報

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』 第3… Amazonで購入
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』 第4… Amazonで購入
  • 『集英社文庫 ジョジョの奇妙… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]