このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

映画『ぼくのおじさん』公開記念―おじさん4コマまんが―

大橋裕之(画) 春山ユキオ(作)北杜夫(原作)

2016/11/03


マンガを読む

映画『ぼくのおじさん』公開記念特別企画!

ユーモア・エッセイ『どくとるマンボウ』シリーズなどでおなじみの北杜夫が自身をモデルに書いた同名小説『ぼくのおじさん』が、映画化!
松田龍平、真木よう子、大西利空(子役)、戸次重幸、小菅汐梨(子役)の豪華キャストで、11月3日(木・祝)より全国ロードショー!

そしてみなさんに、さらなるビッグニュースがあります!
なんと、『ぼくのおじさん』がマンガになっちゃいました!?
作画は、『シティライツ』『太郎は水になりたかった』など、独特の描線とリズムで味わいある作品を生み出す大橋裕之氏。
し・か・も、なんとなんとフルカラーです!
大橋氏が描く、困った大人だけれどどこか憎めない「おじさん」、見てみたくないですか!?

「このマンガがすごい!WEB」では、10月30日~11月3日まで5日間連続で、全10回ぶんを公開します!
4コママンガを読んで、映画の公開を楽しみに待ちましょう!

作画:大橋裕之

1980年生まれ。愛知県出身。2005年に自費出版活動を開始、2007年に「Quick Japan」(太田出版)で商業誌デビュー。
著書に『シティライツ』(講談社)、『ザ・サッカー』(カンゼン)、『太郎は水になりたかった』(リイド社)など。

映画情報:ぼくのおじさん

公開日:2016年11月3日(木・祝)
配給:東映

■CAST
おじさん:松田龍平
春山雪男:大西利空
稲葉エリー:真木よう子
青木伸介:戸次重幸
春山節子:寺島しのぶ
春山定男:宮藤官九郎
智子おばさん:キムラ緑子
稲葉キャシー:銀粉蝶
みのり先生:戸田恵梨香

■STAFF
原作:北杜夫「ぼくのおじさん」(新潮社文庫刊『ぼくのおじさん』所収)
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ(須藤泰司)
音楽:きだしゅんすけ

■公式サイト
http://www.bokuno-ojisan.jp/

■公式twitter
@bokuno_ojisan_

公開中のエピソード

マンガ『ぼくのおじさん』第1回&第2回
読む
マンガ『ぼくのおじさん』第3回&第4回
読む
マンガ『ぼくのおじさん』第5回&第6回
読む
マンガ『ぼくのおじさん』第7回&第8回
読む
マンガ『ぼくのおじさん』第9回&第10回
読む

\『北杜夫 マンボウ文学読本』絶賛予約受付中!/ kitamorio_s

『北杜夫 マンボウ文学読本』
宝島社 ¥1200円+税(2016年11月4日発売)

2016年11月3日(木・祝)公開の映画『ぼくのおじさん』の原作者である作家・北杜夫の生涯と作品を検証、その人物像と功績を再検証していく1冊。

<内容>
妻・斎藤喜美子氏インタビュー
娘・斎藤由香氏 寄稿 「ヘンテコリンが好きだった父」
歌人・山田航氏の短歌評 「歌人としての北杜夫 茂吉の歌と宗吉の歌」
解剖学者・養老猛司氏インタビュー
作家・畑正憲氏 ご寄稿の詩 「北讃歌」
作家・堀江敏幸氏 寄稿 「堀江敏幸が読み解く『北杜夫』の文学」
精神科医・春日武彦インタビュー「精神科医が読み解く『北杜夫』」
ドイツ文学者・伊藤白 寄稿 「北杜夫とトーマスマン」
同級生対談 辻邦生×北杜夫 対談
手塚治虫×北杜夫 対談
遠藤周作氏&佐藤愛子氏&北杜夫 鼎談 など盛りだくさん

著作のみならず、北自身の人生、交友関係、家族との関係性についてもあわせて紹介していくことで、多面性こそが魅力の根幹である「北杜夫」という作家に迫ります。

ちなみに、本サイト内でも公開中の大橋裕之氏による『ぼくのおじさん』のマンガも収録されていますよ!
ぜひ、映画とあわせてお楽しみください!

単行本情報

  • 『ぼくのおじさん』 Amazonで購入
  • 『北杜夫 マンボウ文学読本』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]