このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

出版記念展示会大好評終了! 異形の天才・韮沢靖のすべて―― 『BLOOD of NIRA’s CREATURE 韮沢靖追悼画集』発売!【番外編】

2017/02/10


クリーチャーを愛し続けた男・韮沢靖の仕事がここに!!

2016年2月2日、そのアーティスト人生を「クリーチャー」に捧げた男がこの世を去った。
彼の名は、韮沢靖。稀代のイラストレーター、漫画家、造形作家、そして“クリーチャーデザイナー”である。
クリーチャー/モンスターが登場するジャンル作品に疎いという方も、平成ライダーシリーズのなかでも屈指の人気作『仮面ライダー電王』の人気怪人・モモタロスをデザインしたデザイナーといえば、きっと「ああ!」と声をあげるだろう。

韮沢は、特撮、アニメ、ゲーム、フィギュア、そしてマンガ作品まで、あらゆるジャンルで「クリーチャー=異形の怪物」をデザインし続けた、日本を代表する“クリーチャーデザイナー”であり、日本で“クリーチャーデザイナー”を本職としていた、数少ないひとりでもあった。
そんな「異形の天才」韮沢の一周忌を偲び、韮沢靖の生涯のデザインを集めた画集が、韮沢の没日から約1年が経った本日2017年2月9日、ついに発売された。

nirasawagashu_obi_s

『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』
韮沢靖 宝島社 ¥2,800+税
(2017年2月9日発売)

先述の『電王』や『剣』『カブト』などの平成ライダーシリーズはもちろん、数々の人気作(一端を挙げるだけでも、『デビルマン』、『マジンガーZ』、『海賊戦隊ゴーカイジャー』、『牙狼』、『ゴジラ FINAL WARS』、『ダークサマナー』、『真・女神転生IV』と、錚々たる名作たちが名を連ねている!)で韮沢がデザインを手がけたクリーチャー&キャラクターが、一挙掲載されている。
その総数、なんと1100体超! そして、そこに描かれた、韮沢が愛したドクロの数、およそ1500個!!
韮沢靖というクリーチャーとともに生きたアーティストの生涯が、この1冊のなかに詰まっているといっても過言ではない、“超”豪華な1冊なのだ。

現在、阿佐ヶ谷アニメストリートにある「キャラクターベース」では、本書の出版を記念して、韮沢の貴重な原画が生で見られる「『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』出版記念展示会」が開催中。連日、たいへんな賑わいを見せている。
※2月26日(日)まで開催。月曜から木曜は13時~19時、金曜から日曜は13時~20時まで(最終26日のみ17時まで)。入場無料!

その活躍は特撮作品のみならず! オールジャンルの珠玉のデザイン!!

先に『電王』のモモタロスを挙げたように、「韮沢靖」というと一般的には、平成ライダーシリーズをはじめとした特撮作品での怪人デザインがとりわけ有名だ。
子どもの頃から、主役である仮面ライダーよりも怪人が好きで、ライダーシリーズに関わりたいと考えていた――という韮沢だけに、その代表作としてライダー怪人が挙がるのも当然かもしれない。

当然、モモタロスを筆頭に、『電王』登場の怪人(=イマジン)たちのデザイン画も多数収録! 爆発的な『電王』人気に、韮沢デザインのイマジンたちが寄与したことは間違いない。

当然、モモタロスを筆頭に、『電王』登場の怪人(=イマジン)たちのデザイン画も多数収録! 爆発的な『電王』人気に、韮沢デザインのイマジンたちが寄与したことは間違いない。


韮沢は、平成ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズといった東映テレビシリーズだけでなく、盟友のひとり・雨宮慶太監督による人気作『牙狼』、またご当地ヒーローショーに至るまで、数々のヒーロー作品で主人公たちと対峙するクリーチャーのデザインを手がけており、今回の画集でも大きな比重を占めている。


左ぺージ掲載のイカしたクリーチャーは、『仮面ライダー剣』の重要キャラクターであるジョーカー。 韮沢デザインの真骨頂、「左右非対称」と特徴的なグリーンを用いた傑作であり、モモタロスと並ぶ、東映ヒーロー作品における韮沢の代表作のひとつだ。

左ぺージ掲載のイカしたクリーチャーは、『仮面ライダー剣』の重要キャラクターであるジョーカー。 韮沢デザインの真骨頂、「左右非対称」と特徴的なグリーンを用いた傑作であり、モモタロスと並ぶ、東映ヒーロー作品における韮沢の代表作のひとつだ。


とはいえ、特撮作品は韮沢の仕事のほんの一部にすぎない。すでに述べたとおり、韮沢は、ゲーム、フィギュア、アニメなどなど、あらゆるジャンルで活躍しており、それらのデザインも本画集にはたっぷり収録されている。
やはり、当WEBサイトの読者であれば、気になるのはマンガに提供したデザインではないだろうか。というわけで、ここでその一端を特別にご紹介。


あの人気作にもデザイン画を提供! 意外なところに登場する韮沢クリーチャー、あなたは全てわかる!?

あの人気作にもデザイン画を提供! 意外なところに登場する韮沢クリーチャー、あなたは全てわかる!?


上記のデザインは、「週刊少年ジャンプ」から「ウルトラジャンプ」へと移籍し、今も絶大な人気を誇るダークファンタジー『BASTARD!! 暗黒の破壊神』のため、韮沢が提供したもの。
今回の画集では、マンガ作中では白黒で描かれているクリーチャーたちの貴重なカラーデザイン画が、これでもかと収録されている。韮沢がイメージしていた、本来の配色を楽しむことができるのだ。

『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』に収録した、マンガ作品に関する画稿タイトルは、下記の通り。

マンガ作品のキャラクターをフィギュア化した際のデザイン画

  • 永井豪『デビルマン』『マジンガーZ』
  • 桂正和『ウイングマン』
  • 三家本礼『ゾンビ屋れい子』

マンガ作品に登場するキャラクターのデザイン画

  • 萩原一至『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』
  • ヒロモト森一『HELLS ANGELS』『荒野の女囚ライダーXXX』
  • 山本賢治(作)刻夜セイゴ(画)『CRIMEZONE -クリム・ゾン-』

漫画家原案による作品で使用されたデザイン画

  • 石ノ森章太郎の原作である平成ライダーシリーズ(『仮面ライダー剣』『カブト』『電王』『ディケイド』)
  • 石ノ森章太郎の『人造人間キカイダー』をベースとした『CR キカイダーS.I.C.』
  • 石ノ森章太郎のラフ画をベースとした『シージェッター海斗』(コミック版は石森プロ・早瀬マサトが担当)

そしてもちろん、『PHANTOM CORE』を筆頭とする、韮沢自身のオリジナルマンガ作品からも、ファンキュア、ニナ、ギロチーナなど、名キャラクターの画稿が多数収録されている。こちらも絶対に見逃せない!


さらに、今回の画集で特撮・マンガと並んで注目したいのは、ゲームでのクリーチャーデザインだ。
メガドライブやスーパーファミコンなど、古いハードのゲームに提供されたデザインは、今ではなかなかお目にかかれないものばかり。
しかも、なかには書籍への収録は初となるものもあり、長年の韮沢ファンにとっては、まさに感涙ものだろう。

巻末記事も“超”豪華! “NIRAイズム”を愛するクリエイターたちの集い!!

心ゆくまで韮沢デザインを楽しんだあと、巻末記事を読んだ、当WEBサイト読者であるあなたは、驚きに目を剥くことになるだろう!
今回の画集の巻末記事は、生前、韮沢靖と交流のあったクリエイターたちによる特別座談会。そのメンバーが、特撮ファン、そしてマンガ愛読者にとって、超、超、超、豪華なのだ!


飲み屋でのワンシーン……じつは、ここに並んでいる方々、すさまじいメンバーです!

ただの飲み屋でのワンシーンに見えるが……じつはすさまじいメンバー!


  • 『ゼイラム』『鳥人戦隊ジェットマン』『仮面ライダーZO』など、その独自のヴィジュアルと世界観設定を持った監督作品で、多くの特撮ファンから高い支持を獲得し、近年は原作と総監督を務めた『牙狼』の爆発的ヒットで知られる、映像作家の雨宮慶太
  • 『ウイングマン』『電影少女』『I"s』『ZETMAN』など、「週刊少年ジャンプ」「ヤングジャンプ」誌上で発表してきた数々のヒット作と、人気アニメ『TIGER & BUNNY』キャラクター原案などの仕事で、当WEBサイト読者にはおなじみ、漫画家の桂正和
  • 『西遊奇伝 大猿王』などのマンガ作品だけでなく、平成ライダーにて『W』そして最新作『エグゼイド』のクリーチャーデザインを務め、あのルーヴル美術館監修の「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」出展など、海外での評価も高い、漫画家/イラストレーターの寺田克也
  • S.I.C.シリーズやREVOLTECHシリーズといった玩具原型で熱狂的なファンを持ち、『仮面ライダードライブ』のクリーチャーデザイン、そして昨年は大ヒットとなった『シン・ゴジラ』のキャラクターデザイン&造形が話題となった、造形作家/イラストレーターの竹谷隆之
  • 『HELLS ANGELS』『命+紅』『GOGO★HEAVEN』などのオリジナル作品だけでなく、『牙狼 -GARO THE BIBLE-』『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』『STAR WARS ジェダイの復讐』『スター・ウォーズ×マンガ 完全★超悪』など、人気作品のコミカライズ・外伝執筆でも熱烈なマニアから高い評価を得ている、漫画家のヒロモト森一

当代随一のクリエイターたちが、お互いにリスペクトしあったライバルであり、かけがえのない友人だった韮沢靖=「ニラちゃん」「ニラドン」について、時に笑いを交え、時に涙を交えて語る姿は、本当に熱い!
クリエイターならではの視点、そして友人ならではの視点で語られる韮沢を知ることで、読者は今まで以上に韮沢ファンになってしまうこと、請け合いだ。


nirasawagashu_s

『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』
韮沢靖 宝島社 ¥2,800+税
(2017年2月9日発売)


すでに韮沢靖を知るあなたは、彼に哀悼の意を表するために。
そして韮沢靖を知らなかったというあなたは、クリーチャーたちのなかに今も生きている、稀代のクリエイターに出会うために……。
ぜひ、手に取ってほしい1冊である。

『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』出版記念展示会のご案内

『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』発売日の2月9日(木)から同26日(日)にかけて、韮沢靖氏が長年親しんだ縁の地・阿佐ヶ谷にある、阿佐ヶ谷アニメストリートの「キャラクターベース」にて、「『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』出版記念展示会」を開催いたします。なんと入場無料です!

展示会場では、本書に収録された画稿はもちろん、立体作品の展示なども行っています。人気作品のデザイン画稿はもちろん、ライブドローイングで描いた大型作品も。生でしか味わえない迫力は、ファンなら絶対に見逃せません!

トートバッグなどのオリジナルグッズも販売中(品切の場合はごめんなさい!!)。
さらに、展示会場で本書『BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集』を購入の方には、オリジナル特典をプレゼントという噂も……!?

nira_event300

展示会情報

場所:阿佐ヶ谷アニメストリート内「キャラクターベース」
開催日:2017年2月9日(木)~2月26日(日)
時間:月曜から木曜は13時~19時まで。金曜から日曜は13時~20時まで(最終26日のみ17時まで)。

入場無料!

ぜひ足をお運びください!!

単行本情報

  • 『BLOOD of NIRA's CREAT… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

2月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2