このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 第1巻 岡田麿里(作) 絵本奈央(画) 【日刊マンガガイド】

2017/05/26


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』

  
araburukisetunootomedomoyo_s01

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 第1巻
岡田麿里(作) 絵本奈央(画) 講談社 ¥429+税
(2017年4月7日発売)


高校生、まだ清純な文芸部の5人の少女。
恋人をつくりヤったかどうかの話をする女子たちを尻目に、文学にのめりこむ。
ところが文学における人間描写は、突き詰めていくとどこかでセックスにぶつかる。

思春期の頃は、自分はセックスできる身体である、という実感がなかなかわかないことがある。
“汚らしい”と感じてしまう反面、「両親はセックスしている」という事実にゾクリともする。

登場人物たちの視点はそれぞれ、性に対するスタンスを表現している。
ミヒャエル・エンデのような児童文学が好きな小野寺和紗(おのでら・かずさ)は、性を意識しすぎて怯えている少女。
部長の曽根崎り香(そねざき・りか)は、超きまじめで潔癖。性に嫌悪感を持っている。
小説家志望の本郷ひと葉(ほんごう・ひとは)は、セックスを知らずに文学は語れない、とネットで性描写を調べる。
みんな性に振りまわされっぱなしだ。

菅原新菜(すがわら・にいな)は、幼い頃から大人に性的対象として見られていた。
男たちがはかなげで危うげな少女的ルックスに、勝手な妄想を抱いて近づいてくるのを、自覚している。
「少女の私は もうすぐ死ぬから」
彼女は身体の成長・セックスを、少女性の喪失と考え、達観する。

出てくる少女たちは、みんな清楚で、昭和初期の乙女のような貞操観念の持ち主ばかり。
ふわふわしていて、ほかのクラスメイトと比較すると、ちょっとファンタジー的。
まさに新菜のいう、はかなげで純粋な“少女”そのものを表現しているかのようだ。
彼女たちが“セックス”にまつわるリアルな事実に直面するもんだから、読んでいてドキリとさせられる。

原作の岡田麿里は『とらドラ!』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』などの脚本家。かわいらしい女の子たちに、血の1滴のごとく現実味を流しこんで、生々しくするのがうまい作家だ。今回はその岡田麿里成分が余すところなく盛りこまれている。
たたきキュウリを見て「性的なもの(「破瓜」と似ているから)」だと驚く和紗の姿はちょっと笑えてかわいいけれど、思春期に性のことばかり考えて苦しんだ経験がある人の心には、深く刺さる。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』… Amazonで購入
  • 『とらドラ!』 第1巻 Amazonで購入
  • 『あの日見た花の名前を僕達は… Amazonで購入
  • 『心が叫びたがってるんだ。』… Amazonで購入
  • 『それでも僕は君が好き』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]