このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

11月10日は「紀元二千六百年式典」の日 『アドルフに告ぐ』を読もう! 【きょうのマンガ】

2014/11/10


ADOLFnitsugu_s01

『アドルフに告ぐ』第1巻
手塚治虫 講談社 \850+税


現在の日本では西暦が用いられているが、戦前は皇紀(神武天皇即位紀元)が用いられていた。初代天皇である神武天皇の即位から数える紀年法であり、昭和15(1940)年は皇紀2600年にあたる。
同年は、万世一系を讃える記念行事が続き、国全体が祝賀ムードになったという。そして11月10日には、内閣主催で宮城前広場(現在の皇居外苑)にて「紀元二千六百年式典」が盛大に開催された。
この年に日本放送協会の主宰で作られた唱歌「紀元二千六百年」は、奉祝歌としてラジオ放送で普及し、大ヒット曲となった(落語ファンには、川柳川柳師匠が高座でいきなり歌いだすアレ、でおなじみ)。

当時の日本は、日中戦争開戦からすでに3年が経過し、「戦時下」のまっただなか。さらに翌年にはアメリカとも開戦することになる状況である。
手塚治虫『アドルフに告ぐ』は、第二次大戦下の日本とドイツを舞台に、「3人のアドルフ」をめぐる数奇な運命を描いた名作。

主人公・峠草平は、ふとしたことからアドルフ・ヒットラーの出生の秘密を知り、人生が大きく変わってしまう。神戸育ちのユダヤ人青年アドルフ・カミルは、昭和15年、喫茶店で「紀元二千六百年」の唱歌を聞き、時局の変化を感じるとともに、ユダヤ人としての立場の難しさに頭を悩ませる。
神様・手塚の名作を通じ、戦争にひた走っていく日本国内のムードを感じ取れる。

余談だが、大日本帝国海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)は、皇紀「(26)00年」に正式採用されたことから「零式」と名付けられ、そこから通称は「零戦」となった。



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでのマンガ家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『アドルフに告ぐ』第1巻 Amazonで購入
  • 『アドルフに告ぐ』第2巻 Amazonで購入
  • 『アドルフに告ぐ』第3巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]