このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『昭和史』第1巻 水木しげる 【日刊マンガガイド】

2015/02/19


shouwashi_s01

『水木しげる漫画大全集 昭和史』第1巻
水木しげる 講談社 \2,400+税
(2015年2月3日発売)


日本の歴史上、もっとも激動のなかにあったとも言える昭和という時代を、大正11年生まれの著者が自らの人生とともに振り返り、マンガとして描いた『昭和史』シリーズ。

「水木しげる漫画大全集」の第2期第1回配本ぶんとして復刻された今回の『昭和史1』は、1988年初出の『昭和史』第1巻と第2巻をまとめたもので、時代的には関東大震災~満州事変を経て、日中全面戦争までが描かれている。

次第に軍事色を強め、第二次世界大戦へと突き進まんとする緊張感あふれる時代に対して、水木少年はといえば、生活こそ窮すれど、いたって呑気でマイペース。
野山を走り回り、空想とケンカに明け暮れ、敵のガキ大将にウンコのついたカエルを喰わされたり、ドーナツひとつ買うのに浜辺を20キロ歩いたり、のんのんばあと夜中に山から聞こえるキツネの声に聞きいったり、山を歩いていて「妖怪・ひだる神」に憑かれて死にかけたり……。

のどかで神秘的な日本の農村風景、非文明的で貧しいけれど、精神的には豊かな日本古来の暮らしぶりがいきいきと描かれていて、魅了されると同時に、そういった人々の暮らしを傍若無人に奪い去る、戦争の愚かさや虚しさがよりいっそう際立つ。

精彩な巻頭カラーのすばらしさも、特筆モノ。
ご本人&マンガのキャラが立ちまくってるだけに、ついつい忘れがちだが、水木しげるの画の圧倒的魅力に、改めて唸らされるはずだ。

日本の軍事化が懸念される今だからこそ、2巻以降もマンガファンはもちろん、すべての日本人必読!



<文・井口啓子>
ライター。月刊「ミーツリージョナル」(京阪神エルマガジン社)にて「おんな漫遊記」連載中。「音楽マンガガイドブック」(DU BOOKS)寄稿、リトルマガジン「上村一夫 愛の世界」編集発行。
Twitter:@superpop69

単行本情報

  • 『水木しげる漫画大全集 昭和… Amazonで購入
  • 『水木しげる漫画大全集 ゲゲ… Amazonで購入
  • 『水木しげる漫画大全集 テレ… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]