このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

7月7日は七夕の日 『宗像教授異考録』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/07/07


MunakatakyoujuDenkikou_s02

『宗像教授異考録』第2集
星野之宣 小学館 \1,238+税


7月7日は、ご存じ七夕の日だ。
七夕は日本独自の行事ではなく、その発祥は中国である。それゆえ中国文化の影響を強く受けた東アジア全域(中国、台湾、韓国、ベトナムなど)で行われるが、それぞれ土着の民間伝承と結びついているので、国や地域によって物語や行事の形態が微妙に異なる。

そんな七夕伝説のルーツに迫るのが、星野之宣『宗像教授異考録』だ。
主人公の宗像伝奇(むなかた・ただくす)は民俗学の教授であり、各地の民間伝承と史実を組み合わせ、毎回壮大な「仮説」を披露する。

宗像教授が主人公の作品には『宗像教授伝奇考』とその続編である本作『宗像教授異考録』が存在するが、基本的には1話完結型スタイル(長くても1エピソードが3~4話分)なので、どの巻からでも楽しめるのがうれしい。

七夕伝説を扱っているのは、『宗像教授異考録』第2集に収録されている「織女と牽牛」である。
七夕伝説のルーツを探る思索は、古代日本と古代中国はおろか、なんと古代ギリシアにまで及ぶ。牽牛とミノタウロスの関連性についての「仮説」は、そのスケールの壮大さに舌を巻くこと必至だ。

秦氏、アマテラスとスサノオ、ミノス王、アリアドネなど縦横無尽に繰り広げられる博覧強記の宗像ワールドは、ロマンチックな七夕の夜にこそふさわしい。



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでのマンガ家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『宗像教授異考録』第2集 Amazonで購入
  • 『宗像教授異考録』第1集 Amazonで購入
  • 『潮漫画文庫 宗像教授伝奇考… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]