このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『オンナノコガレ!』第1巻 川床たろ 【日刊マンガガイド】

2016/01/22


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『オンナノコガレ!』


onnnanokogare_s01

『オンナノコガレ!』第1巻
川床たろ KADOKAWA ¥650+税
(2015年12月12日発売)


おしゃれ道の入り口にぴったり、美容やファッションのTipsもたっぷりな川床たろの『オンナノコガレ!』。
中学生の時に読みたかった! 20年さかのぼって当時の自分に届けたくなるマンガだ。

野球とおいしいごはんが大好きな女子高生・塁(るい)はボーイッシュで明朗快活。おしゃれとは無縁の生活を送ってきた。それまでの人生で一度も美容室へ足を運んだことはなし。
なじみの床屋が閉店したのをきっかけに、人生初の美容室へ……。
そこにいたのは、志伸(しのぶ)という“オネエ”な美容師だった。

塁がヘアカタログを差し出されると、
「おしゃれ度がすごい! まぶしい!」──わかる!
「絶対に似合わないやつだコレ~!!」──わかる!
「女らしいことってそんなに大事なのかな」──めちゃくちゃよくわかる!!

思春期の自分も、ヘアカタログやファッション誌を見ては「こんなのは似合わない」「女の子っぽすぎて無理」と何度も思ったもの。

これに志伸は、ある答えを出してくれる。

おしゃれや肌の手入れは女らしさを押しつけられているような気がして、同時に自分がやっていると笑われてしまうのではないかと思いこんでいた、むずがゆい私自身の思春期をページをめくりながら振り返ってみる。
素直で天真爛漫な塁と、明るくテンションの高い志伸のやりとりは、そんな抵抗感をあっさりと越えていったはず。
このマンガがあればもっと素直に自分磨きを楽しめたかもしれない。

20年前と違ってインターネットで気軽にファッションや美容の情報に触れることもできるが、ハートの部分にその楽しさがしっかりと届く。

1巻では志伸の過去に何やらあった描写が少しだけ出てくるので、この謎のオネエ美容師のことがもっと明らかになるはず。
これからの展開も楽しみだ。



<文・川俣綾加>
フリーライター、福岡出身。
デザイン・マンガ・アニメ関連の紙媒体・ウェブや、「マンガナイト」などで活動中。
著書に『ビジュアルとキャッチで魅せるPOPの見本帳』、写真集『小雪の怒ってなどいない!!』(岡田モフリシャス名義)。
ブログ「自分です。」

単行本情報

  • 『オンナノコガレ!』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]