このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

5月14日は世界初のアメリカンフットボールの試合が行われた日 『アイシールド21』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/05/14


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

5月14日世界初のアメフト試合が行われた日。本日読むべきマンガは……。


EyeShield_s01

『アイシールド21』第1巻
稲垣理一郎(作) 村田雄介(画) 集英社 ¥390+税


アメリカで一番人気のスポーツ、アメリカンフットボール。
いまや野球に取ってかわり、アメリカの“国技”とまでいわれる。

そして1874年の今日5月14日は、ハーバード大学で世界初のアメリカンフットボールの試合が行われた日だ。

アメリカに初めてイギリスのフットボールが紹介されたのは、1867年。プリンストン大学が、いわゆるサッカールールのゲームで始めたとされる。
それはやがて1チーム25人で、キックかヘディングによるゴール数を競い、6点先取で勝ちというスタイルになっていったのだが、これに対抗し、ラグビールールの試合を行ったのがハーバード大学だったのだ。

このラグビータイプのフットボールが流行し、その後10年ほどでアメリカンフットボール特有のゲーム形式が整ったといわれている。
そして19世紀後半以降、アメフトは大学スポーツとして定着、現在のような国民的人気を博すに到った。

さて、そんな今日という日に紹介したいのが、原作・稲垣理一郎、漫画・村田雄介による『アイシールド21』だ。

2002~2009年まで「週刊少年ジャンプ」で長期連載された本作は、アメフトマンガというだけでも珍しいのだが、そのうえ大ヒットを記録。
2005年~2008年までテレビ東京系列でアニメ放映もされ、今なお人気のある作品だ。

私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生・小早川瀬那は、アメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入部した。
その帰り道、絡まれた不良たちから逃げるために駅まで爆走、駆けこみ乗車をしたのだが、翌日、それを目撃していた主将・蛭魔妖一に強制的に選手にされてしまう。
そしてその俊足だけを武器に、選手登録名「アイシールド21」として春大会を戦うことになる……。

勝って負けて再選を果たす瀬那と登場人物たちの、挑戦や苦悩、哲学、そしてアメフト愛がつまった青春ストーリーは、大人から子どもまで興奮を与えてくれる。



<文・藤咲茂(東京03製作)>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『アイシールド21』第1巻 Amazonで購入
  • 『アイシールド21』第37巻 Amazonで購入
  • 『ワンパンマン』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]