このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『名探偵コナン』の作者・青山剛昌氏、『響け!ユーフォニアム』にハマる!【B級ニュース】

2017/04/25


複雑化する現代。
この情報化社会では、日々さまざまなニュースが飛び交っています。だけど、ニュースを見聞きするだけでは、いまいちピンとこなかったりすることも……。
そんなときはマンガを読もう! マンガを読めば、世相が見えてくる!? マンガから時代を読み解くカギを見つけ出そう! それが本企画、週刊「このマンガ」B級ニュースです。

今回は、「青山剛昌『響け!ユーフォニアム』にハマる」について。


conan_s92

『名探偵コナン』第92巻
青山剛昌 小学館 ¥429+税
(2017年4月12日発売)

大事件である。
4月12日に発売された『名探偵コナン』第92巻をご覧になっただろうか? なんと作者の青山剛昌先生が、アニメ『響け!ユーフォニアム』にハマっていることをカミングアウトしているのだッ!
どうやら青山先生の推しは中川先輩らしいぞッ!!
『響け!ユーフォニアム』といえば、マンガ版が現在「このマンガがすごい!WEB」で絶賛連載中である。青山先生のコメントに対し、「見た目は中年、頭脳はゴリラ」の編集部一同は大はしゃぎ。

バーロー!
お前たちが浮かれてどうするッ!!


まぁ、その気持ちはわからないでもない。
なにしろ『名探偵コナン』といえば、全世界での累計発行部数が2億冊を突破した地球規模でのメガヒット作だ。「週刊少年サンデー」での原作マンガの連載は23周年を迎えており、「少年サンデー」の歴史上でもっとも長い連載期間となっている。
また、現在公開中の劇場版アニメ第21作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は公開2日間(4月15日、16日)で興行収入が12億8,692万8,000円を記録し、シリーズ歴代最高ペースを上まわる人気ぶり。その勢いはとどまるところを知らない。
そんな『名探偵コナン』は、これまでに様々な作品とのコラボを実現してきた。その懐の広さ、フットワークの軽さも人気の理由のひとつではないかと思うが、今回はこれまで『名探偵コナン』とコラボした作品を紹介していく。


Chihayafuru_s34

『ちはやふる』 第34巻
末次由紀 講談社 ¥429+税
(2017年3月13日発売)

まずは『ちはやふる』(末次由紀)。
『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は、かるたをミステリーのテーマに用いたストーリーであるため、映画公開を記念して、青山先生と末次先生によるスペシャル対談が行われた。
その対談の席上、1枚の色紙に青山先生が「大岡紅葉」(『から紅の恋歌』に登場する百人一首の高校生チャンピオン)を、末次先生が「若宮詩暢」(『ちはやふる』に登場するかるたクイーン)を描くコラボイラストを執筆。まず末次先生がイラストを描き、それを青山先生に渡し、それをまた末次先生に返す……という、まるで返歌のようなやりとりに、両作品のファンは胸を躍らせたことだろう。この様子は動画で配信されているので、ぜひともその目で確かめてほしい。


lupinVSconan_s1

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』第1巻
モンキー・パンチ、青山剛昌(作) 阿部ゆたか、丸伝次郎(画) 小学館 ¥429+税
(2015年3月18日発売)

劇場版で江戸川コナンと対決した正規の大泥棒といえば、もちろんルパン三世である。
2013年に公開された劇場版アニメ『ルパン三VS名探偵コナン THE MOVIE』は、『ルパン三世』(モンキー・パンチ)と『名探偵コナン』のクロスオーバー作品だ。
ルパン一味は幻の宝石「チェリーサファイア」を盗もうとして来日。一方でコナンは、毛利小五郎らとともに人気アイドル・エミリオの護衛に向かう。チェリーサファイア強奪事件と、エミリオ脅迫事件が交錯し、コナンとルパンが対峙することになるのだが……。
大泥棒と名探偵の対決にワクワクさせられる本作は、「週刊少年サンデーS」誌上にてコミカライズ(作画は阿部ゆたか、丸伝次郎)され、コミックスも発売されている。


kindaichisyonenR_s12

『金田一少年の事件簿R』第12巻
さとうふみや(画) 天樹征丸(作) 講談社 ¥429+税
(2017年4月17日発売)

名探偵同士が協力して推理するコラボ作品としては、バンダイナムコゲームスよりリリースされたニンテンドーDS用ソフト『名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵』(2009年)がある。
タイトルが示すとおり、本作は『金田一少年の事件簿』とのクロスオーバー作品だ。「週刊少年サンデー」と「週刊少年マガジン」をそれぞれ代表する推理マンガが、両誌の創刊50周年を記念して夢のコラボレーションを実現した。
神隠しが起こるというレジャーアイランド「夕闇島」へと向かうフェリーに偶然にも乗りあわせた江戸川コナンと金田一。ゲームの進行は、それぞれの視点を切り替えて、独自に調査を進め、ときに情報交換をし、事件解決に挑む。
シナリオライターの小高和剛氏が『ダンガンロンパ』シリーズの前に手がけた作品として、マニアのあいだでは高く評価されている作品だ。


昔から推理ものは、意外と楽器とは縁があるもので、シャーロック・ホームズはヴァイオリンが好きだし、イアン・マッケランが93歳のホームズを演じた映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(2016年日本公開)ではアルモニカという楽器が出てくるし、『犬神家の一族』(横溝正史)では「斧琴菊(よきこときく)」の見立て殺人で琴が使用されたり……。

というわけで、そのうち吹奏楽をモチーフにしたトリックが『名探偵コナン』に出てきたりするかもしれない。たとえば……たとえば、う〜〜ん、バイオリンのお化けみたいなやつでブン殴るとか。ダメかー。



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでの漫画家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『名探偵コナン』第92巻 Amazonで購入
  • 『ちはやふる』 第34巻 Amazonで購入
  • 『ルパン三世VS名探偵コナン T… Amazonで購入
  • 『金田一少年の事件簿R』第12巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]