このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『白竜HADOU』 第1巻 天王寺大(作) 渡辺みちお(画) 【日刊マンガガイド】

2017/04/09


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『白竜HADOU』 第1巻


hakuryuHADOU_s01

『白竜HADOU』第1巻
天王寺大(作) 渡辺みちお(画) 日本文芸社 ¥575+税
(2017年3月9日発売)


どこの傘下にも属さない黒須組の若頭・白川竜也こと“白竜”の暗躍を描く長寿シリーズの新シーズン。

現実社会の事件等をモチーフにすることも多く、東日本大震災の直前にスタートした原子力マフィア編は、その後に起こる出来事を予見したかのような内容だった。

だが震災後、掲載誌の「週刊漫画ゴラク」サイドが任侠エンタメという作品の特性から被災者に考慮し、連載休止という措置をとる。のちに再開して完結したこのエピソードは、『白竜LEGEND 原子力マフィア編』(上下巻)としてナンバリングされずに刊行されているので、興味を持たれた方はぜひ手にとってほしい。


さて、前作『白竜LEGEND』の終盤で壮絶な出自が明らかになった白竜。
黒須組長との出会いと絆も描かれた感動的なフィナーレだったが、新シーズンでは舞台が現代の六本木に戻って来る。今回、白竜がシノギの匂いをかぎつけるのは、都内の一等地にある巨大市場の移転問題。そう、まさに現在進行形で物議を醸している“あの問題”にリンクしてきたのだ。

六本木で飛び降り自殺の現場に遭遇した黒須組一行。自殺した中年男性は東都ガス不動産の課長であり、築山市場移転の中枢にいた人物だった。多くの市場関係者が反対の声をあげるなか、東京都はなぜ強引に移転を推し進めたのか?

底知れぬ深い闇を感じ取った白竜は、市場移転の利権に食いこむべく動き始める。


白竜は一流大卒のインテリであり、外道なチンピラとは一線を画しているが、それでも基本はヤクザの論理で動く。ここだけはブレない。今回も自殺した課長の娘に接触し、身の安全を確保するが、それは義侠心からではない。彼女から情報を引き出せば大きなシノギにつながるからである。このクールさに読者は惚れるのだ。

一国の大統領にも匹敵する「東京都知事」という首長に敢然と立ち向かう白竜。先に動いてきたのは狡猾な都知事のほうだった。「始まりの始まりです」と不敵な笑みを浮かべる白竜。さぁ、カシラ(白竜)のお手並み拝見だ。



<文・奈良崎コロスケ>
中野ブロードウェイの真横に在住。マンガ、映画、バクチの3本立てで糊口をしのぐライター。

単行本情報

  • 『白竜HADOU』 第1巻 Amazonで購入
  • 『白竜LEGEND 原子力マフィア… Amazonで購入
  • 『白竜LEGEND』第46巻 Amazonで購入
  • 『白竜LEGEND』第1巻 Amazonで購入
  • 『白竜』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ミナミの帝王』第141巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]