このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『柚子森さん』 第2巻 江島絵里 【日刊マンガガイド】

2017/04/11


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『柚子森さん』



yuzumorisan_s02

『柚子森さん』 第2巻
江島絵理 小学館 ¥593+税
(2017年3月10日発売)


「ろりこんなの?」

少女にいわれて困る言葉ナンバーワン。
背筋が凍る。なんと答えればいいのか!

おねロリ(お姉さんと少女)のカップリングを描いたこの作品、WEB連載時にTwitterをはじめネットで話題になり、第1巻は発売後即重版という人気っぷり。
「おねロリ」というジャンル自体の引力もあるだろう。加えて何より勢いがいい。マンガのつくりが、ものすごい読みやすい。

ちょっと間の抜けた女子高生・みみか。彼女はたまたま見かけた小学生・柚子森さんにひと目惚れ。彼女以外見えなくなってしまう。
柚子森さんはとてもしっかりした子。「私と、お友達になってくれませんか?」というみみかの言葉を承諾し、いっしょの時間を重ねていく。
みみかは柚子森さんに、日々夢中。彼女と手をつないで興奮、部屋にあげて興奮、寝姿を見て興奮。頭が沸騰して死にかねないくらい。

そんなみみかと柚子森さんが告白しあう第2巻。
告白シーンだけで本の3分の2を使うという大胆っぷり。ページを開くたびにみみかの心情はアップダウンするジェットコースター状態。

柚子森さんの「みみかってろりこんなの?」発言に、みみか青ざめる。
実際、小学生の柚子森さんの美しさに惹かれているのだから、ロリコンなのだ。
これに対するみみかの答え。
大ゴマや見開きを使いながら、誤魔化しのない最高にかっこいい愛の告白を返す。
ぜひ見ていただきたい。

みみかが柚子森さんを安心させたことで、ぐっと空気が変わる。柚子森さんの子どもらしい弱さもあらわになる。
それでもロリコンなのには変わりない。みみかは、柚子森さんの体の匂いをかいだり首元にキスしたりするのを我慢できるかな。

ひたすらにみみかのテンションが高い、読んでいて元気になれる作品だ。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『柚子森さん』第1巻 Amazonで購入
  • 『柚子森さん』第2巻 Amazonで購入
  • 『少女決戦オルギア』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]