このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『魔王の秘書』 第1巻 鴨鍋かもつ 【日刊マンガガイド】

2017/06/02


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『魔王の秘書』

  
MAOUnoHISHO_s01

『魔王の秘書』 第1巻
鴨鍋かもつ 泰文堂 ¥600+税
(2017年4月12日発売)


魔王が復活した! まずは人間を捕虜にしよう!

連れてこられた女性は、某先進国の国王秘書。
「命が惜しいので腹をくくったまでです」と開き直った彼女は、「頑張って世界から人間を根絶やしにしましょう!!」と魔王に提案。
彼女は非情なまでの侵略プランを立てる。
すると計算上では、3日で征服完了できてしまうらしい。
魔王、さすがにそこまで冷酷には考えていなかったので、焦る。

“悪”として生きる際、合理性はそれほど重視されない。
むしろアウトローになるべく、欲望に忠実に生きるからこそ“悪”たりうる。
そんなんだから、魔王と魔物軍は、世界征服がいつまでたってもできないのが、ファンタジーのお約束。

魔物の卓越した力のなかに、人間の叡智として秘書が入ってきて、合理性極振りの動きが起きる様子がおもしろい。
レベルの高い魔物たちは、まず旅に出ていない勇者を先に退治。
その際、神官や僧侶を最優先に殺しておくと、蘇生回復ができない。
人間の兵站ルートをつぶし、各地で足止めをすれば混乱して動きを止めることができる。
農業地域に疫病をまけば、国自体が傾いて、侵略は簡単。
そして、人間根絶やし完了。ようは人間側がやられたら困ることを、順序よくやればいいのだ。
だがそこに、悪の矜持というかなんというか……悪ってそういう事務的なもんだっけ。

軍の人事や福利厚生などをテキパキこなす秘書。
ここまで彼女が冷淡になる理由は、第1巻の後半で明かされていく。
自分の“悪”としての存在意義のわからない魔王と、生きていくために感情を殺した秘書のやりとりは、とってもへっぽこ。そして、なんだか妙にあたたかい。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『魔王の秘書』 第1巻 Amazonで購入
  • 『先生と星が教えてくれたこと… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]