このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『スパイの家』第3巻 真刈信二(作)雨松(画) 【日刊マンガガイド】

2014/11/13


spynoie_s03

『スパイの家』第3巻
真刈信二(作)雨松(画) 講談社 \619+税
(2014年10月23日発売)


数百年続く「スパイの家系」である阿賀一族の現代の当主と、その娘の親子を主人公に、日本の国益を賭けた諜報戦を描く作品。

フィクションということで、国際関係や諸機関の設定がかなりディフォルメされている。そのため、ディテールに凝ったリアリティを求めるより、戯画的なスパイものとして楽しむのが吉。
無闇にキャラクターの肌の露出が多いのが苦手な人にはオススメできないが、スパイものの定石として、お色気シーンが多めなのもポイント。

サイバーテロが発生した第2巻に続く、今回の第3巻では、主人公たち阿賀一族と因縁のありそうな、別のスパイ一家(?)が登場。
続刊での新たなる展開が期待できそう。



<文・永田希>
書評家。サイト「Book News」運営。サイト「マンガHONZ」メンバー。書籍『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』『このマンガがすごい!2014』のアンケートにも回答しています。
Twitter:@nnnnnnnnnnn

単行本情報

  • 『スパイの家』第3巻 Amazonで購入
  • 『スパイの家』第2巻 Amazonで購入
  • 『スパイの家』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2