このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『魔女のやさしい葬列』第1巻 黒釜ナオ 【日刊マンガガイド】

2015/07/01


Lilithnoyasashiparade_s01

『魔女のやさしい葬列』第1巻
黒釜ナオ 徳間書店 \620+税
(2015年6月13日発売)


街にはたいてい、表の時間と裏の時間がある。
19世紀ロンドン。表の時間の花売り娘は美しい花を売る。夜の時間の花売り娘は、もうひとつの花を売る。
昼間は貧しさが表に出ず活気にあふれていても、夜は人死にの事件もおきれば、貧困にあえぐすすり泣きも聞こえる。

ナンシーは貧しい花売り娘。しかし身も心も清廉潔白で、元気いっぱいたくましい。身体は売らないし、いつも笑顔を絶やさない。「表の住人」だ。
彼女にはいつもたくさんの花を届けている店がある。ブレイロック骨董店。骨董だかガラクタだかわからないものを並べ、店に立つ売り子は幼女のリラ。
部屋の奥にいるのは、髪の毛を伸ばし、汚い格好でリラに話しかける青年、ブレイロック。リラは彼が大好きで、抱きついては子供特有のチューをする。

ブレイロックがなぜ大量の花をナンシーに届けさせているか、そもそも彼は何者なのか、リラはいったいなぜこの店にいるのか。謎はあれども、ナンシーはただ黙々と花を届けるだけ。
ところがある日耳にしたリラの発言で、ナンシーの運命は変わる。

「はだかんぼで『お客さん』たちを抱きしめてあげるの みんな喜んでくれるよー みんなグッスリ眠れるの リラはみんなのお母さんだから!」

リラが、少女売春をしているともとれるこの発言にナンシーは激怒する。
ところが夜のリラは、ナンシーの想像をはるかに超える、過酷な世界を過ごしていた。

花売り娘たちが夜の花を売る時間の、リラ。
そのもうひとつの姿こそが、ブレイロックがリラとともにいる理由であり、骨董品店にやってくる客の目的だ。
リラの語る「お母さん」の意味、そしてタイトルの意味が、少しずつ明らかになっていくミステリーホラー。
1巻はまだおおまかな説明段階で、今後さらに解明されていくはず。だがそれより、リラと、彼女の事情を知ったナンシーの気持ちの整理のほうが先だろう。

表の時間と裏の時間は、必ずしも交じり合わないものではない。闇の時間に照らすほのかな明かりだってある。
ナンシーが、この奇譚を照らす松明になるかどうかは今後次第。この作品には、今の苦しみを変えようとする前向きな気概が見られる。
少なくとも、終わらない裏の時間はない。人間の力でどうにもならない事象も、意外となんとかなるもんだ。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『魔女のやさしい葬列』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2