このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』第1巻 爆天童(著) 円谷プロダクション(監) 【日刊マンガガイド】

2015/08/29


ULTRAkaijuGIJINKAkeikaku_s01

『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』第1巻
爆天童(著) 円谷プロダクション(監) KADOKAWA ¥850+税
(2015年7月24日発売)


怪獣。
ある時は大規模な破壊と混乱をもたらす災害の権化。
ある時は土地や物品を奪い去る侵略者。
あるいは人類のあやまちへ報いをもたらす裁きの化身。

おっかないけれど、強くてデカくてかっこいい。
そんな怪獣を、もし正反対にやわっこくてかわいらしい女の子の姿にコンバートしてみたらどうなるか。

……という発想のもと、特撮『ウルトラマン』シリーズでおなじみの怪獣を人気イラストレーターが少女擬人化していく企画が「ウルトラ怪獣擬人化計画」だ。
きっちり円谷プロダクション公式の監修を受けつつ「電撃G'sマガジン」誌上で掲載が続いており、昨年末のコミックマーケット87では2014年11月時点までの28体ぶんをとりまとめた『ウルトラ怪獣擬人化計画 怪獣大図鑑』という冊子を頒布。
これは現在、電撃の公式オンラインストア「電撃屋」で注文できる。また、関連グッズやフィギュアも展開中だ。

そして、今回紹介する『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』は、その企画をベースにしたもの。
怪獣少女たちを平和でゆるゆるな日常世界に過ごさせてみたらどんな感じだろう? と学園もの4コママンガの形式に流しこんだ作品である。

甘えん坊なゴモラちゃんと、彼女が大好きでいつも世話を焼いているベムスターさん。
まじめな妹ゼットンに厳しいツッコミを受けながらも溺愛し続ける姉のゼットン星人。
からかい癖のある巨乳ガッツ星人と先輩の威厳を示したいのにいつもイジられ役になるちっこいペガッサ星人。

そんな面々がとある私立学園を舞台に、怪獣図鑑を制作する部活でドタバタ過ごす様を描き、合間にほかの様々な怪獣少女をからませる構成になっている。

気は優しいのに口下手でコワモテなため誤解されて“サーベル暴君”呼ばわりされるマグマ星人は特にいい味を出しているので注目してほしい。
個人的にはもとの怪獣デザインの目の部分をメガネに見立てたメガネ委員長ウインダムさんもポイント高いです。

また、冬の寒い日にあるキャラが叫ぶ台詞が「キリンも象も氷になっちゃう寒さだよ!」(元ネタは『ウルトラマン80』最終回サブタイトル「あっ!キリンも象も氷になった!!」)だったりと、原典に目配せした場面もあって、楽しさ満点の一冊だ。



<文・宮本直毅>
ライター。アニメや漫画、あと成人向けゲームについて寄稿する機会が多いです。著書にアダルトゲーム30年の歴史をまとめた『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)。『プリキュア』はSS、フレッシュ、ドキドキを愛好。
Twitter:@miyamo_7

単行本情報

  • 『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギ… Amazonで購入
  • 『ウルトラマンネクサス』 Amazonで購入
  • 『セブンきゅ~ぶ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]