このマンガがすごい!WEB

ƒƒS”z’u—pƒf[ƒ^

ECHOESインタビューバナー[920×250]

一覧ページに戻る

第7回『このマンガがすごい!』大賞 受賞記念インタビュー 歩『ECHOES』 大賞史上最高の評価を得たトランスジェンダー×バスケの心地よい融合

tag:

2016/12/09


新緑高校1年生、女子バスケットボール部所属、五十嵐青。青は、卓越したバスケットセンスを持ちながらもチームから浮いてる無愛想な少女、飛鳥のことが気にかかる。全国を目指すなか、次第に絆を深めていく2人。しかし、青はだれにも話すことができない、ある感情を抱えていてーーー。

自身の体験を織り交ぜ、トランスジェンダー×バスケという今までに類を見ない作品となった『ECHOES』。著者である歩先生は、本作で「このマンガがすごい!」編集部主催の新人マンガ賞「『このマンガがすごい!』大賞」の最優秀賞を受賞! 受賞&初の単行本発売を記念し、歩先生を直撃!

題材に、バスケットボールを、そして、トランスジェンダーというテーマを選んだのはなぜなのか。 それは、歩先生自身の経験が……?
今明かされる、『ECHOES』誕生秘話 !!

マンガの試し読みはコチラから!

echoes

『ECHOES』
歩 宝島社 ¥700+税
(2016年12月10日発売)

漫画家:

2016年に、性に対する違和感を持ち続けた自身の青春時代の経験も活かした投稿作「ECHOES」で、第7回『このマンガがすごい!』大賞優秀賞を受賞、本作が初の単行本となる。

バスケットボールが今の自分を育ててくれた

――受賞おめでとうございます!

 ありがとうございます。

——この作品はかなり昔から構想を温めていたそうですね。

 原型は中学3年の時に作ったものです。マンガといえるまで作りこんではいませんでしたが。

——女子バスケ部の物語を描こうと思ったきっかけは?

 ええと……じつは小学低学年の頃から中3頃まで、学校に行くと会話ができない状態になってしまっていたんです。家ではふつうに話せるんですが。そういう自分がいやで、これをどうにかするにはスポーツでもやって精神を鍛え直すしかない、と考えて。初めは剣道をやろうかと。

——まさに精神を鍛えられそうなイメージですね。

 そう思ってたところに、幼なじみが『スラムダンク』[注1]を貸してくれて、バスケに目覚めたんです。かっこいいじゃん、よし、バスケをやろう、と!
ただしそう思ったのが中3の夏で、部活引退の時期。高校に入学するまでの間、バスケがやりたいこの気持ちを何かにぶつけようと思って、バスケマンガのようなものの設定をノートに描き始めたんです。

——まだマンガにはしていなかった?

 ストーリーはほぼなかったんですが、『ECHOES』に出てくるメインキャラクターたちの大まかな性格、名前、デザインはこの時のものが原型になっています。当時から女性としての自分の性に違和感を感じていたものの、自分がトランスジェンダー[注2]とは自覚していなかったので(後述)、単純に女子バスケ部という舞台を想定したわけです。

——本作は、少年マンガや青年マンガで描かれる“女子スポーツ”ものでもなく、少女マンガのそれでもないような、いい意味でどっちでもない雰囲気があると思いました。

 のちのちになって思うことですが、自分は男の心を持ちながら、“女子”として女の子たちのなかに入って“女子の運動部”を体験させてもらったみたいな感覚がありますね。
なので、なかにいながらも周囲をちょっと客観的に見ていたかもしれない。変に女の子に夢を持っていないのは、実態を見ているから(笑)。

——女の子が同性同士に見せる部分を知っているんですね。

 とはいっても、悪い意味じゃないですよ。女子の世界であれ、バスケは生やさしいものじゃない。バスケットをする時はみんなただの勝負師で、そこに男女の差異はないと考えています。

勝負の世界に男とか女とか関係ない! そんな想いが染みこむように伝わる迫力のあるカット!

勝負の世界に男とか女とか関係ない! そんな想いが染みこむように伝わる迫力のあるカット!

——現実に高校でバスケ部に入ってみて、いかがでしたか?

 それまでまったく運動経験がなかったので苦労しました。初心者はぼく一人。中学時代に全国大会に行ったような子が同級生にいたりして、ものすごい差がありましたから。校内でも一番きびしい部で土日もなく……月曜だけが休みでした。

——想像するだにキツい状況ですね。

 体力もないし、走るだけでもついていけない。最初の頃は顔面キャッチもしまくりです。練習についていけるようになるまで1年くらいかかりました。

——よくやめなかったですよね。

 やめたらもとの自分に戻っちゃいそうで、そっちのほうが怖かったです。絶対逃げちゃダメだ、と自分にいい聞かせていました。

——もとはといえば人と会話ができない自分を変えるためにスポーツを始めたわけですが、やはり変化があったんですね。

 練習中は、いやでも声出さなきゃいけないじゃないですか。なので強制的に直ったというか。

——よく自分で思いついたし、やり遂げましたよね。初心者でそんな環境に飛びこむなんて相当勇気がいることですし。

 人と話せるようになったことだけじゃなく、たぶんこの経験があったから、いきなり東京に来たりマンガを描き始めたりできたと思うんです。
今回の執筆にしても、ド新人がいきなり単行本を出すってすごく怖ろしいことで。そこにチャレンジできたのも、バスケに突然飛びこんでいろんなものを得た経験があるからじゃないかと。自分は、バスケに人間にしてもらったと思っています。

人間としての女性のかっこよさ、濃厚な心の交流を描きたかった

——バスケを実際にプレイしたからこそ知った快感もあったのでは?

 後輩にも高校から始めた初心者はいなかったので、練習試合でぼくがシュートを決めるとみんながものすごく喜んでくれて。先生も……それがすごくうれしかったですね。

——一番の思い出は?

 とにかく自分が一番下手だから一番がんばらなくちゃと、いつも練習のあとに居残りで自主練習を続けていたんです。そういうのを後輩が見ててくれたみたいで。
2年から3年にかけての頃、疲労骨折で何カ月か練習に参加できなかったんですが、復帰してすぐにまた自主練習を再開したんです。その時、いつもはふざけてる後輩たちが「先輩のこと尊敬してます」って突然いってくれたことですね。そんなこといわれたのは初めてで……。それから後輩も残って自主練する子が出てきたりして。

うまい人ほどひたすら練習するもんです!

うまい人ほどひたすら練習するもんです!

——いい話ですねぇ! 人に影響を与えるって、飛鳥みたいじゃないですか。本作のキャラは中学時代にできていたということですが、バスケ部に入ったことで描けることが増えたのではないでしょうか。

 部ではそれこそもめごとも多かったですね。自分の代は7人くらいでしたが、ホントにみんな性格も実力もバスケに対する考え方もバラバラ。ぼくはみんな好きでしたが、犬猿の仲みたいな人もいたし。一部でケンカが勃発すると、その雰囲気が全体に浸透してしまう。

0084
仲が良くても悪くても、空気の悪さは一瞬で共有できます!

仲が良くても悪くても、空気の悪さは一瞬で共有できます!

——思春期の女の子にとって、人間関係の悩みは大きいですよね。それを、子どもだから、世界が狭いからといっちゃうのは無粋だと思うんです。じつはその過程で、大切なものを得るはずですから。

 そこも作品にこめられたらいいなと思いました。

——女子ならではのドロドロしたせめぎあいなどもあったんでしょうね。

 ありましたよ。でも、そこはある種リアルだとしても、ぼくが作品に描きたいことではなかった。それよりも純粋な心のやり取りの部分を抽出して描きたいと思っていました。

——チームがひとつになるという感じを味わったことはありますか?

うーん、まあ瞬間的には……。

——運動部にかぎらずですが、みんな「ひとつになりたい」と望んでいても実際そうなるのは難しいですよね。永遠の課題というか。『ECHOES』作中では、七海監督の言葉でみんなが「人を頼りにする」というキーワードにハッとしますが、それを知っても急に信頼できるわけじゃない。新緑バスケ部のメンバーたちは、ここに至る素地ができていたから信頼できたのだと思いますが。

七海先生の言葉に反応できたのもぶつかった過去があtったから。

七海先生の言葉に反応できたのもぶつかった過去があtったから。

 女の子は複雑ですよ。でも、大半の登場人物が女の子な時点で、「俺のほうが強い!」というのがベーシックにある単純明快な男子のスポーツマンガではなく、より濃厚な心の交流が描けるんじゃないかとも思います。人間としての女性をかっこよく描きたい、そういう作品を見たいという想いがあります。

——青には自分を投影するところがありますか?

 無意識にそうなってはいますね。
青のほうが自分より明るくてやんちゃですが、考え方とかは似てると思います。具体的に『ECHOES』を描くことを考え始めた頃、不意に青にトランスジェンダーという設定を加えようと思いついた時は抵抗感がありました。そこまで自分に近しいものを描くのは勇気がいるし、すごくいやだなと思った。だけど、その日にもう一度よく考えてみて、この設定を加えることで何が変わるんだろうと考えてみた時に、青はいっしょにがんばってる飛鳥っていう子を好きになるんだろうなと思ったんですよ。
それによってこのマンガにオリジナリティが加わり、自分にしか描けないものになるんじゃないかと……。このマンガを描きたいと強く思えた瞬間ですね。

青が飛鳥への想いに気づき始めるシーン。「だよ…な」にいろんな想いがこもってます!

青が飛鳥への想いに気づき始めるシーン。「だよ…な」にいろんな想いがこもってます!

 中3の時点では、自分がトランスジェンダーだとわかっていなかったからそうしてなかっただけだと。でも、潜在的には強い絆を描こうとしていたんだと、トランスジェンダー設定を加えることを決めた時に気づいたんです。

だれにもいえなかった心の悩みを、バスケ部の仲間に告白して…

——先生が、自分がトランスジェンダーだと知るまでにはどんな道程があったのでしょうか。

 物心ついた時にはもう、まわりの女の子たちと自分は何か違うと気づいていました。女の子たちは幼稚園生で、もうだれが好きという話を盛んにしているんです。その時点で自分はもう女の子が好きだったんですけど、「これは人にいっちゃいけないことなのかな」と認識していていましたね。

0032
このシーンのように歩先生も青と同様に幼い頃から違和感を感じていたんだろう。

このシーンのように歩先生も青と同様に幼い頃から違和感を感じていたんだろう。

 幼稚園は制服だったんですけど、スカートがいやだなとすでに思っていて、自分は何なんだろうと思っていました。
でも、その違和感をだれにもいえず、カモフラージュする癖がついていくんです。時には親を安心させるために、バレンタインに近所の男の子にチョコを渡すといってみたり。

——理由がわからないまま自分を押し隠していたことは、相当なストレスですよね。そういうことから会話ができなくなってしまったのかも。

 あとから考えればそうなのかなと。家庭内はまったく問題がなかったですからね。人に見せられないものを抱えて我慢し続けている、というのは苦しかった。トランスジェンダーという言葉を知ったのは、『3年B組金八先生』[注1]がきっかけなんです。

——あ、そういえばトランスジェンダーを扱ったエピソード、かなり話題になりましたね。上戸彩さんが演じていて。

 あれを中学1年か2年の頃、リアルタイムで見ていました。けっこうまわりの同級生も見ていて、学校でも話題になっていたと思います。

——その時にハッと気づいた? 自分はトランスジェンダーだったんだと。

 いえ、まだそこまではいかないんですね。自分と似てるとは思いましたが、金八先生の彼女は「俺は男だ」とかなり激しく主張している。ぼくはそこまでの自覚はなくて……自分はレズビアンかなと思っていました。

——しばらくその状態が続くのでしょうか。

 高校時代はバスケひとすじで、幸か不幸かそのことを考えずにすんでいた。当時の日記を読むと、部活上での悩みしか書いてないですから。
でも、もちろん本当に忘れていたわけではありません。引退してからいろいろ考える時間ができて。これまで自分はいろんなことを我慢してたんだと気づいて……限界が来たんです。
もうひとりで抱えきれなくなって、初めて自分のことを友だちに打ち明けました。

——バスケ部の仲間に?

 はい。自分は女の子が好きなんだ、いつもみんなの前では自分を「うち」っていってるけど、心の中での一人称は「おれ」だったんだよ、と。友だちは意外に淡々としていましたね。「まあいいんじゃないの」みたいな。それで、ほかにも何人かに打ち明けました。

——話してラクになりました?

 すごくラクになりましたよ。
忘れられないのはカミングアウトしたあとの相手の表情が、すごく独特だったことです。まっすぐ見てくれるというか……なんとも独特な目。うまくいえないのですが「ここにはもう壁がない」みたいな目で、ものすごくホッとさせられるんです。「やっぱりそうだったんだ」という反応もあって、ああわかってたのかと。
ぼくが秘密を打ち明けたことで、その友だちも人にはいいにくいことを話してくれたり……。

——表に出していないつもりでも、歩先生をよく見ている人にはわかっている部分があったんですね。

 母親に話した時も、「今までちょっと疑問に思っていたことが走馬燈のように頭を駆け巡った」といってましたね。
結局、トランスジェンダーだとはっきり自覚したのは19歳の時です。家族の理解もあり、関係はとても良好です。今は、専門医のカウンセリングを経て、2年ほど前からホルモン注射を定期的に打っています。身体にメスを入れるような治療はまだ行っていませんが、今のところ不自由はありません。

——バスケ部の体験はいろんな意味で大きいですね。もし、入部していなかったら、漫画家の歩先生はいなかったかもしれない?

 絶対マンガを描いてないし、こういうふうに自分のことをお話しすることすらできなかったと思います!


  • 注1 『スラムダンク』井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載。バスケットボールマンガの金字塔。
  • 注2 『トランスジェンダー』 生まれた時に法律的、社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方を持つ人のこと。
  • 注3 『3年B組金八先生』1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの32年間にわたって、TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ。日本の学園ドラマの金字塔と称される作品。2001年~2002年放送の第6シリーズで戸籍上は女性だが、性自認は男性という性同一性障害を抱えた女子生徒を上戸彩が演じた。

単行本情報

  • ECHOES Amazonで購入

関連するオススメ記事!


  • konomanranking_banner_300-65
  • shinjin_08_minibanner
  • kyouman_banner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner

フォローする

タグ

杉ライカ 浅野いにお 高橋陽一 亜人 ジャンプ改 月刊少年ジャンプ ビッグコミックオリジナル 別冊マーガレット 岡崎琢磨 COMIC it 高野雀 アンゴルモア 元寇合戦記 美内すずえ 魔法少女育成計画F2P 白暮のクロニクル さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ めいびい 谷和野 週刊ヤングマガジン ひとり暮らしの小学生 江の島の空 アオイホノオ 荒木光 七月隆文 プリンセスメゾン 竹内良輔 宝石の国 森高夕次 ブレント・シュノーヴァー 山本あり パレス・メイヂ 石ノ森章太郎 ヤングチャンピオン 東京タラレバ娘 諸星大二郎 森本梢子 WEBコミックBeat's 田島列島 土山しげる 丸尾末広 あとかたの街 富士山さんは思春期 野上武志 岡崎優 iko 具光然 僕たちがやりました ウルトラジャンプ Black Flower 青山剛昌 フィリップ・N・モーゼズ エレガンスイブ 富野由悠季 佐々大河 私がモテてどうすんだ 春河35 きづきあきら 師走ゆき やまもり三香 3月のライオン 月間ランキング番外編 CLAMP 川端志季 島本和彦 となりのヤングジャンプ このマンガがすごい!2016 月刊コミックジーン フィール・ヤング 七つ屋志のぶの宝石匣 ねむようこ 雨隠ギド 秋友克也 シャーマンキング 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! へうげもの いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 猪原賽 月間ランキング オトコ編 中山敦支 Nykken COMICメテオ 吉田秋生 第2回『このマンガがすごい!』大賞 D.P 芥文絵 いちきゅーきゅーぺけ 藤子・F・不二雄 細野不二彦 健康で文化的な最低限度の生活 失恋ショコラティエ 漫画アクション 吸血鬼すぐ死ぬ 太田垣康男 松浦だるま ひとり暮らしの小学生 江の島の夏 工藤かずや 春風のスネグラチカ HaHa kashmir 山本ルンルン あの書店に聞く!! このマンガがすごい!Comics 特攻―太平洋戦争、最後の戦い かつて魔法少女と悪は敵対していた。 ヤコとポコ ミラクルジャンプ DEATH NOTE 冨樫義博 COMICリュエル リイドカフェ アオハライド 町田くんの世界 HUNTER×HUNTER なかよし 菅野文 古舘春一 いわしげ孝 竹宮惠子 双亡亭壊すべし 架刑のアリス 黒田硫黄 文豪ストレイドッグス プラチナエンド ちはやふる 別冊花とゆめ 徳弘正也 滝沢聖峰 魔法少女育成計画 キングダム 三島衛里子 吉川景都 高橋葉介 週刊少年サンデー きのう何食べた? 楽園 Le Paradis 田中メカ コトヤマ 長谷川哲也 ダイナミックプロ まんがライフオリジナル COMICポラリス くるり 『このマンガがすごい!』大賞 伊藤智義 新年スペシャル 木原敏江 朝まで待てません! 寄生獣 雁須磨子 レベレーション(啓示) 尾田栄一郎 2016ランクイン作家インタビュー ヤングアニマル 押見修造 オジロマコト マンガ・エロティクス・エフ 星野リリィ いがらしみきお 蟹に誘われて ラズウェル細木 月子 鶴田謙二 百足 -ムカデ- 藤原ここあ 佐藤両々 ビジネスジャンプ 逃げるは恥だが役に立つ 志村志保子 ふじた 青木U平 ドラゴンボール トクサツガガガ 貞本義行 山根聖史 安彦良和 別冊フレンド 西炯子 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 月刊コミックフラッパー 本兌有 伊藤潤二 織田涼 永井豪 本宮ひろ志 田畑由秋 その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 松本零士 中沢啓治 銀河機攻隊マジェスティックプリンス  はじまりの少女、約束の螺旋 別冊漫画ゴラク 2015年8月ランキング 元町夏央 惰性67パーセント 佐藤タカヒロ 監獄学園 岡部閏 真造圭伍 宮下英樹 ニトロプラス 清水玲子 つのだじろう 江戸川乱歩 総力リコメンド002 年末スペシャル 佐伯俊 『このライトノベルがすごい!』大賞 透明なゆりかご 天堂きりん Cheese! 月影ベイベ 西岸良平 末次由紀 娘の家出 オクショウ 岡崎京子 このマンガがすごい! Comics 里中満智子 お知らせ 西原理恵子 リコメンド特集005 コミックウォーカー 外薗昌也 怒りのグルメ 週刊少年ジャンプ 響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 鉄風 森田まさのり コミックいわて 藤村真理 藤原カムイ 旅井とり あれよ星屑 戦国武将列伝 恋は雨上がりのように おそ松くん THE IDOLM@STER このマンガがすごい!2015 亜人ちゃんは語りたい 中島三千恒 梅田阿比 テラモリ あなたのことはそれほど 銀河英雄伝説 隆慶一郎 やわらかスピリッツ ハルタ orange 塀内夏子 山田芳裕 新所沢パルコ 月刊ビッグガンガン 蝉川夏哉 安倍吉俊 アサダニッキ 種村有菜 野干ツヅラ 黒崎くんの言いなりになんてならない 山岸凉子 あさりよしとお All You Need Is Kill 藤子不二雄 コンプレックス・エイジ 柴田大輔 槇村さとる 松本次郎 ちーちゃんはちょっと足りない ヤングガンガン 池田邦彦 GANMA! 施川ユウキ このマンガがすごい! 桂正和 能面女子の花子さん ビッグコミックスペリオール 月刊コンプエース 北条司 月刊ComicREX 週刊「このマンガ」B級ニュース 下地のりこ おんなのいえ 月刊Asuka このマン2016大予想キャンペーン 唐沢なをき コミックボンボン 曽根富美子 コミック百合姫 Fellows! good!アフタヌーン コロコロ創刊伝説 冬川智子 第5回『このマンガがすごい!』大賞 ハルロック 今市子 まんがタイムきららキャラット 月刊少年ガンガン あそびあい ウェルザード 八頭道尾 渋谷直角 大谷紀子 逆転裁判 コミック電撃だいおうじ 学園×封鎖 山本崇一朗 竜田一人 松井優征 月刊少年チャンピオン ガンガンONLINE 志村貴子 深夜0時にこんばんは アナーキー・イン・ザ・JK 磯谷友紀 柚木涼太 ハイキュー!! 食戟のソーマ 幼女戦記 Eleganceイブ 茜田千 町村チェス あぶさん 西洋骨董洋菓子店 卯月妙子 ペトス ヤングエース 真倉翔 附田祐斗 野田サトル 2015年9月ランキング 池辺葵 きょうのマンガ 萩尾望都 マキノ だがしかし 番外編シリーズ 奥浩哉 ビックリマン きょうのマンガ2016 ニンジャスレイヤー ヨシノサツキ きょうのマンガ2017 松田大秀 位置原光Z 吉田戦車 藤田和日郎 イーピャオ 僕だけがいない街 河原和音 つばな 田中芳樹 坂戸佐兵衛 コーラス 王国の子 コミック アース・スター 星上くんはどうかしている 週刊ヤングサンデー 石田敦子 バキ いくえみ綾 別冊少女コミック クッキングパパ イブニング 尾玉なみえ チャンピオンRED のむらしんぼ とり・みき 古屋兎丸 北杜夫 夏元雅人 新田章 東堂いづみ すくってごらん 少年マガジンエッジ 佐久間結衣 ヤマザキマリ バーナード嬢曰く。 ネムキ デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 衛府の七忍 別冊少年マガジン 月刊ヒーローズ エコーズ ゲッサン CAPCOM 翔んで埼玉 マンガボックス 駕籠真太郎 勝田文 渡辺静 芦奈野ひとし ハーロマ 平野耕太 ちばてつや 月刊サンデーGX 集英社 刃森尊 働かないふたり 清野とおる 森野萌 高野ひと深 孤独のグルメ 清水茜 谷川ニコ 地獄のガールフレンド 中間管理録トネガワ 『このマンガがすごい!』歴代ランキング 僕と君の大切な話 このマンガがすごい! Comics バック・トゥ・ザ・フューチャー アントールド・テイルズ アンの世界地図 ~It's a small world~ たそがれたかこ 市川ヒロシ さよならガールフレンド 堀道広 週刊Dモーニング ニセコイ ゴルゴ13 異世界居酒屋「のぶ」 まんがタイムスペシャル 穂積 リコメンド特集008 谷川史子 橋本智広 ガラスの仮面 西尾維新 今月のすご記事! 淋しいのはアンタだけじゃない 月刊少女野崎くん このマンガがすごい!』大賞 泉昌之 2015ランクイン作家インタビュー アックス 楳図かずお 高台家の人々 かくかくしかじか 夜明けの図書館 美味しんぼ 花のズボラ飯 ワカコ酒 咲坂伊緒 よつばと! 匿名の彼女たち セキガハラ 余湖裕輝 浦沢直樹 ダンジョン飯 エイプリールフール企画2015 池田理代子 タッチ 勝鹿北星 波よ聞いてくれ リアルアカウント 月刊コミックブレイド 梶原一騎 2015年3月ランキング 地獄先生ぬ~べ~ 朝霧カフカ 筒井哲也 はたらく細胞 あずまきよひこ ドラえもん 風と木の詩 美食探偵 明智五郎 月刊コミックビーム 月刊ヤングマガジン 宇宙を駆けるよだか げんしけん 吟鳥子 暁月あきら 安藤ゆき 鈴木小波 MASTERキートン 田村由美 坂田信弘 芳崎せいむ 久正人 山崎紗也夏 星野之宣 ITAN 大場つぐみ ヒバナ 宮下あきら 安野モヨコ 俺物語!! 寺門ジモン 森下suu 今夜は昨日の星が降る ピコピコ少年SUPER 柳沢きみお 魔法少女育成計画通信 まんがタイムきらら 遠藤浅蜊 オンノジ 月刊ガンダムエース 車田正美 ヤングキング 小さいおじさんと、不機嫌な花子さん 相澤亮 荒木飛呂彦 市川春子 マーガレット このマンガがすごい!WEB 九井諒子 ゴーゴーバンチ 賭ケグルイ 石垣ゆうき 大橋裕之 弘兼憲史 ファイアパンチ 高森朝雄 月刊YOU 左門くんはサモナー pixiv モーリス・ルブラン カレー沢薫 イベントレポート よしながふみ 思春期ビターチェンジ このマンガがすごい!本誌 えすとえむ 月間ランキングオンナ編 福本伸行 ランド ゴールデンカムイ 週刊コミックバンチ 衿沢世衣子 アルコ クール教信者 足摺り水族館 薔薇王の葬列 惡の華 聖闘士星矢 大塚英志 のの湯 ビッグコミック WEBコミックぜにょん キン肉マン フクイタクミ 松下幸市朗 月間ランキング オンナ編 ジョージ朝倉 グランドジャンプ 珈琲店タレーランの事件簿 ジョジョの奇妙な冒険 さいとうちほ めしばな刑事タチバナ 福島鉄平 呪みちる わらいなく 小林たけし 池上遼一 モーニング・ツー コミックハイ! ヲタクに恋は難しい 森田信吾 森野達弥 リコメンド特集007 日当貼 月刊フラワーズ 遠藤海成 高野苺 板垣恵介 ゴトウユキコ 吉野朔実 りぼん 道満晴明 中山昌亮 和月伸宏 このマン2017大予想キャンペーン 村上もとか 新井英樹 鳥野しの 近代麻雀 柴田ヨクサル 青野春秋 ビッグコミックスピリッツ 金城宗幸 久住昌之 今井哲也 久米田康治 MOONLIGHT MILE Jourすてきな主婦たち 原哲夫 月刊アフタヌーン 乙嫁語り 日刊マンガガイド 春の呪い Cocohana 第6回『このマンガがすごい!』大賞 将良 石川賢 太田モアレ ぽこぽこ 渡辺カナ クラブサンデー ひまわりっ ~健一レジェンド~ おざわゆき 手塚治虫 ARIA 山本おさむ 鈴木央 鳥飼茜 きょうのマンガ2015 クジラの子らは砂上に歌う 横槍メンゴ 石川裕人 七月鏡一 さらば、佳き日 オデットODETTE 月刊コミックゼノン 花とゆめ 花咲アキラ 大島保 中沢俊介 藤本タツキ Championタップ! アドルフに告ぐ 忘却のサチコ 幽☆遊☆白書 柳本光晴 コミック乱ツインズ シャーリー 紙魚丸 うえやまとち 岸本斉史 椿いづみ お尻触りたがる人なんなの 人間仮免中つづき 小池一夫 雲田はるこ 田中圭一 阿部洋一 高嶺と花 Kiss 暗殺教室 松田奈緒子 井上雄彦 迂闊 ロングレビュー ツナミノユウ 魔法使いの嫁 新久千映 ドリフターズ まんがタイムきららフォワード このマンガがすごい!Comics 手塚治虫 キテレツ大百科 久世番子 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ゆでたまご AneLaLa 岡田あ~みん グランドジャンプPREMIUM あの娘はヤリマン 今週のすご記事! ジョジョ わたなべまさこ 増田俊也 SPA! 山田参助 リコメンド特集003 ベルサイユのばら 今日マチ子 刃牙道 うめ 桜坂洋 魔法自家発電 村瀬克俊 ECHOES 別冊少年チャンピオン 佐藤健太郎 佐々木倫子 あのアニ 百姓貴族 峠比呂 onBLUE マキヒロチ このマンガがすごい!2017 松井雪子 まんがライフSTORIA 少年ジャンプ+ 芦原妃名子 デザート フォーカス&コントラスト 飼い主獣人とペット女子高生 夢枕獏 山下和美 大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 週刊漫画ゴラク 雪ノ女 Cookie 冬目景 阿仁谷ユイジ チェイサー コミックビーム 河本ほむら このマンガがすごい!comics 甘々と稲妻 ゴールデンゴールド 荒川弘 月刊少年エース 雪花の虎 翔んで新所沢パルコ 北内乙三 近藤ようこ 異世界居酒屋「のぶ」しのぶと大将の古都ごはん おおひなたごう オノ・ナツメ 原田久仁信 プチコミック もりやてつみ ONE 2014ランクイン作家インタビュー 黒博物館 ゴースト アンド レディ 篠原千絵 武井宏之 河合克敏 小玉ユキ ステラとミルフイユ ヤングマガジン海賊版 さいとう・たかを 名探偵コナン 第4回『このマンガがすごい!』大賞 ComicWalker 2014年10月ランキング 比嘉慂 月間ランキング かわぐちかいじ ヤングマガジンサード みなもと太郎 感覚・ソーダファウンテン 岩明均 逆転裁判6 いぬやしき ふみふみこ 異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん 週刊漫画TIMES 月刊コミック@バンチ 小坂俊史 吾妻ひでお 応天の門 月刊ヤングチャンピオン烈 月刊COMICリュウ コミックいわてぃー まんがくらぶ いがわうみこ Matogrosso 水木しげる 週刊少年マガジン 東村アキコ 水沢めぐみ 宇宙の瓶づめと猫と箱庭 リングにかけろ おかざき真里 あだち充 野中英次 週刊少年チャンピオン 山上たつひこ 小山ゆうじろう ミステリーボニータ 福満しげゆき WEBコミックアクション 巧 舟 ブラッドレー・ボンド ひよどり祥子 月刊魔法少女育成計画 増田こうすけ マガジンSPECIAL 村田雄介 吉國よし 月刊コミック電撃大王 ふしぎの国のバード 埜納タオ 柴谷けん 矢立肇 上北ふたご 永田カビ 斉藤由美 子供はわかってあげない 五時間目の戦争 コミックスピカ 水島新司 入江喜和 今月のすご記事 機動戦士ガンダム サンダーボルト スーパージャンプ 高浜寛 こうの史代 カラダ探し 水沢悦子 鳴見なる うぐいす祥子 思い、思われ、ふり、ふられ 武田綾乃 マルイノ 小森陽一 星野泰視 藤子不二雄A 月刊!スピリッツ 機動戦士ガンダム 薮口黒子 ぼくは明日、昨日のきみとデートする 小田扉 佐原ミズ ぽちゃまに 沖田×華 死人の声をきくがよい 高田裕三 平尾アウリ 岩岡ヒサエ もっと! 海野つなみ 佐藤ざくり 水城せとな たかぎ七彦 ヤマシタトモコ この世界の片隅に 高橋留美子 総力リコメンド ヤングキングアワーズ ゆうきまさみ 長崎尚志 堀尾省太 三部けい 軍靴のバルツァー 小林ユミヲ いわてマンガプロジェクト ダスティン・グエン 月刊プリンセス まとめシリーズ 小松左京 宮崎克 こちら葛飾区亀有公園前派出所 目ききに聞く LaLa はみ 岡野剛 吉本浩二 石黒正数 西条真二 皆川亮二 TONO 丹羽庭 小西明日翔 少年ジャンプ+ 弟の夫 山本直樹 押切蓮介 新海誠 月刊コロコロコミック 女の友情と筋肉 週刊ヤングジャンプ オリジナルノベル ハツキス 編集部オススメ! 田亀源五郎 二ノ宮知子 鬼頭莫宏 四月は君の嘘 月刊アクション 石川雅之 未知庵 大今良時 第7回『このマンガがすごい!』大賞 はっとりみつる 裏サンデー トーチweb 谷口ジロー 少年マガジンR 三浦建太郎 沙村広明 がっこうぐらし! 臼井儀人 編集部が勝手に選ぶシリーズ おはよう、いばら姫 嶋木あこ 阿部潤 ONE PIECE 進撃の巨人 魔夜峰央 堀越耕平 宮崎夏次系 プリンセスGOLD 灰原薬 月刊ウィングス でぃす×こみ 甘詰留太 遠山えま 私の少年 アラン・ムーア ぢゅん子 サムライエース 諫山創 雁屋哲 月刊少年マガジン 萩原天晴 篠房六郎 終電ちゃん 新川直司 平間要 『このマンガがすごい!』大賞 受賞作 月間ランキングオトコ編 うる星やつら 原泰久 月刊ガンガンJOKER Spotted Flower 木城ゆきと 横山光輝 眉月じゅん こいいじ 金田一蓮十郎 平本アキラ 秋本治 BE・LOVE 三好智樹 西餅 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 Nemuki+ 田中相 五十嵐大介 伊藤理佐 今週のすご記事 藤崎竜 海法紀光 KANA 木尾士目 古味直志 羽海野チカ 火ノ丸相撲 とんかつDJアゲ太郎 インタビュー 月刊少年シリウス ギガントマキア グッド・ナイト・ワールド まんがホーム 信濃川日出雄 中村明日美子 水色の部屋 巨人の星 蒼樹うめ ヤマザキコレ 金の国 水の国 小畑健 さくらももこ 岩本ナオ 花沢健吾 くらげバンチ ぼくのおじさん 山田風太郎 カラスヤサトシ 尚村透 昭和元禄落語心中 大和田秀樹 ヤングアニマル嵐 IKKI 月刊コミックアライブ 月刊コミックバーズ 『このマンガがすごい!2017』オンナ編 モアイ 一条ゆかり ひうらさとる 僕のヒーローアカデミア メロディ 田中雄一作品集 まちあわせ コージィ城倉 2017ランクイン作家インタビュー ジャンプSQ 森薫 総力リコメンド003 響け!ユーフォニアム プリキュア ヤングコミック 五十嵐健三 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 川崎のぼる モーニング 富沢順 田中雄一 ちびまる子ちゃん コロコロコミック 川田 鳥山明 沼駿 阿部共実 panpanya このマン2015大予想キャンペーン あのアニ番外編 まんがライフWIN 赤塚不二夫 柏木ハルコ コミック乱 新世紀エヴァンゲリオン 手紙物語 ベツコミ 高遠るい 聲の形 山口貴由 坂本眞一 ボブ・ゲイル ムシヌユン 都留泰作

すべて表示

TOPに戻る