このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

サンリオ、AKB、キン肉マン……今、トリプル選挙が熱い!!【B級ニュース】

2017/05/30


複雑化する現代。
この情報化社会では、日々さまざまなニュースが飛び交っています。だけど、ニュースを見聞きするだけでは、いまいちピンとこなかったりすることも……。
そんなときはマンガを読もう! マンガを読めば、世相が見えてくる!? マンガから時代を読み解くカギを見つけ出そう! それが本企画、週刊「このマンガ」B級ニュースです。

今回は、「トリプル選挙!」について。


AKBsousenkyo2017_s

『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』
AKBグループ 講談社 ¥1,296+税
(2017年5月15日発売)

選挙シーズンの到来である。
次期大統領がマクロン氏に決まったフランスでは、6月には国民議会選挙が開催されるし、移民問題で揺れるドイツでも夏以降に連邦議会選挙が行われる予定だ。
そして日本も苛烈な選挙戦に突入する。

なに?

衆議院は解散していないし、参議院は昨年やったばかりだと?
何をいっているんだ! 気はたしかですかッ!! 今年はトリプル選挙が行われるのだッッ!!!

そう……トリプル選挙とは、2017年サンリオキャラクター大賞(投票期間5月10日~6月11日)、第9回AKB48選抜総選挙(投票期間5月30日~6月16日)、そしてキン肉マン超人総選挙2017(投票期間5月29日~6月27日)のことであるッ!
これは女房を質に入れてでも投票に行かなくては!
といったわけで今回は、今年のトリプル選挙の傾向と対策をマンガでおさえていく。
へのつっぱりはいらんですよ!

sanriodanshi_s01

『サンリオ男子』 第1巻
杏堂まい(著) サンリオ(キャラクター原作・監修) 小学館 ¥429+税
(2016年7月22日発売)

まずは、すでに投票が始まっている2017年サンリオキャラクター大賞から見ていこう。
かつてはハローキティが12年連続含む通算14回の優勝経験を誇っていたが、絶対王者キティ・ホワイトの牙城が崩れてはや数年。2015年、2016年とポムポムプリンが連覇し、それにシナモロールが肉迫している状況だ。
今年は中間発表の時点ではシナモロールが首位に立ち、それをディフェンディング・チャンピオンのポムポムプリンが追撃中。
ついにシナモロールの下剋上なるか? それが本年の見どころだ。
昨年3位のマイメロディ(優勝経験3回)も3位と好位置につけており、上位3者のラストスパートに注目が集まる。

さて、サンリオキャラクター大賞の投票対象となるキャラクターを知るには、『サンリオ男子』(杏堂まい)がオススメだ。
学年も部活も異なる5人のイケメンは、なぜかいつも仲よし。校内の女子たちの憧れの的だが、彼らには共通の趣味があった。それが「サンリオ好き」。
イケメンたちがそれぞれ思い入れのあるキャラクターへの愛を語る、サンリオ公式のマンガなのである!

イケメン5人の推しキャラクターと今年の中間発表での順位は以下のとおり。
さわやかなイケメン・長谷川康太、ポムポムプリン(2位)
チャラ系のモテ男・水野祐、マイメロディ(3位)
サッカー部のエース・吉野俊介、ハローキティ(4位)
かわいい系の美少年・西宮諒、リトルツインシスターズ(6位)
生徒会長で弓道部の主将・源誠一郎、シナモロール(1位)
なお、『サンリオ男子』はテレビアニメ化が決定しており、2018年1月に放映開始が予定されている。

Weeklyplayboy_s24

「週刊プレイボーイ」 2017年6月12日号
週刊プレイボーイ編集部 集英社 ¥398+税
(2017年5月29日発売)

昨年のAKB48選抜総選挙は、指原莉乃さんが史上初となる2連覇を達成。通算3度目の1位を記録した。指原さんは今年を「最後の総選挙」と宣言しており、有終の美を飾れるかどうかに注目が集まる。
しかし、今回は歴代最多の322名が立候補しており、メンバーを把握するだけでもひと苦労。そんなときは、マンガでメンバーの情報を仕入れよう。
AKB48グループのメンバーが出てくるマンガといえば、集英社「週刊プレイボーイ」で連載している4コママンガ『SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+』(漫画:田辺洋一郎、企画監修:秋元康)だ。
もともとは指原さんを主人公とした『さしこ+』として連載していた4コママンガがリニューアルして現在のかたちになり、今では指原さん以外にもさまざまなメンバーが登場。そのメンバーの性格やキャラクターを紹介してくれる。
コミックス化はしていないものの、すでに連載回数は通算250回を超えているので、いずれ単行本化すれば、AKBグループの歴史を紐解くうえでも重要な1冊となるだろう。

kinnikuman_s58

『キン肉マン』 第58巻
ゆでたまご 集英社 ¥400+税
(2017年3月3日発売)

今月、集英社「週プレNEWS」で連載されていた『キン肉マン』(ゆでたまご)の「完璧超人始祖編」が終了し、それを記念して開催されるのがキン肉マン超人総選挙2017である。過去、2013年、2015年にも開催されており、2011年にシリーズが再開して以来、通算3度目の総選挙となる。
キン肉マン超人総選挙の傾向としては、最初のシリーズ開始からすでに38年もの歴史があるだけに、人気キャラクターが固定化している点があげられる。

その代表格が超人血盟軍(キン肉マンソルジャー、アシュラマン、バッファローマン、ザ・ニンジャ、ブロッケンJr.)の面々だ。
2013、2015と2回連続で5人がトップ10入りをはたしており、なかでもキン肉マンソルジャー(キン肉アタル)は「完璧超人始祖編」ではブロッケンJr.の回想シーンにしか登場しないにもかかわらず、なんと2015年に1位を獲得。ファンからの熱烈な「ソルジャー待望論」が投票結果に結びついた格好だ。
また、超人総選挙は「ひとり3キャラクターまで投票可能」というレギュレーションがあるため、好きな超人に投票しつつ、今リアルタイムで気になっている超人にも票を投じることが可能。そのため、直近のシリーズで活躍した超人が飛躍しやすい傾向にあり、「固定ファンの熱意」と「最新の動向」がともに反映される人気ランキングとなっている。前回の2015年には、「完璧超人始祖編」では主役級の扱いの悪魔将軍が過去最高の3位にランクイン。

過去に「週刊少年ジャンプ」で行われた人気投票(3回までは単行本第6巻第15巻第23巻に収録。4回目は未収録)でも、悪魔超人が1位になったことは前例がない(第3回で1位になったバッファローマンは正義超人にベビーターンしてモンゴルマンと2000万パワーズを結成したあと)。今回、悪魔将軍が悪魔超人として初の1位になるか注目したい。
また、前回36位だったネメシスの躍進も予想される。2015年時点では、完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)の一実力者としか思われていなかったが、2015年以降の展開で出自が明らかになると、「完璧超人始祖編」の最重要キーパーソンとなった。とりわけ第58巻でのキン肉マンとのシングルマッチは、『キン肉マン』38年の歴史のなかでも屈指のベストバウトだっただけに、いきなりのトップ10入りもありえる。
また、超必殺技アロガントスパークを披露した銀のマスクことシルバーマンも躍進が期待される。場合によっては、兄のゴールドマン(悪魔将軍)とのワンツーフィニッシュも!?

今週からキン肉マン超人総選挙2017とAKB48選抜総選挙の投票が始まり、いよいよトリプル選挙となる。
あなたはだれに、1票を入れますかッ!?
わたしは……マロンクリーム(サンリオ)かなぁ。おしゃれうさぎ、ですよ。



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでの漫画家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『AKB48総選挙公式ガイドブッ… Amazonで購入
  • 『サンリオ男子』 第1巻 Amazonで購入
  • 『週刊プレイボーイ』 2017年6… Amazonで購入
  • 『キン肉マン』 第58巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]