このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『健康で文化的な最低限度の生活』(柏木ハルコ)ロングレビュー! 行政のタブー「生活保護」のわりきれなさに斬り込め

2014/10/08


KENKOUdeBUNKATEKIna_s01

『健康で文化的な最低限度の生活』第1巻
柏木ハルコ 小学館 \552+税
(2014年8月29日発売)


『いぬ』『花園メリーゴーランド』『鬼虫』で知られる、柏木ハルコの最新作。テーマはなんと、生活保護!

ここ数年、不正受給、最低賃金と生活保護費の逆転報道などで、にわかに世間の関心を集めるところとなった生活保護だが、その現場の実情はプライバシーの問題もあり、一般にはまだあまり知られていない。
それを新人ケースワーカーの女の子をヒロインにした「特殊なお仕事マンガ」として見せるスタイルは、なるほどうまいな~と感心。

著者自身が綿密な取材を重ねているからか、重みと説得力あふれるセリフ満載!

著者自身が綿密な取材を重ねているからか、重みと説得力あふれるセリフ満載!


そもそも柏木ハルコという作家は、エロ、民俗学、SFなど、特殊かつディープな題材を描いてきた人で、その根底には常に、愛vs性欲、文明vs野蛮……といった対立する価値観のせめぎあい、理屈では割り切れない人間の滑稽さや愛おしさがあるわけで。社会矛盾の象徴ともいえる生活保護というテーマは、意外なようで見事にハマっている。

ケースワーカーそれぞれに自分のスタンスがあり、相談をしにきた人々への対応の仕方にも人間性が出る。

ケースワーカーそれぞれに自分のスタンスがあり、相談をしにきた人々への対応の仕方にも人間性が出る。


単行本情報

  • 『健康で文化的な最低限度の生… Amazonで購入
  • 『花園メリーゴーランド』第1巻 Amazonで購入
  • 『鬼虫』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]