このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

SMAP解散報道の真相をマンガから読み解く【週刊「このマンガ」B級ニュース】

2016/08/14


複雑化する現代。
この情報化社会では、日々さまざまなニュースが飛び交っています。だけど、ニュースを見聞きするだけでは、いまいちピンとこなかったりすることも……。
そんなときはマンガを読もう! マンガを読めば、世相が見えてくる!? マンガから時代を読み解くカギを見つけ出そう! それが本企画、週刊「このマンガ」B級ニュースです。

今回は、「SMAP解散報道」について。

smilesensiotoranger_s

『スマイル戦士 音レンジャー』
音松くん ビクターエンタテインメント ¥971+税
(1992年10月10日発売)

年が明けてからというもの、ベッキーさん云々とか、デヴィッド・ボウイの死去とか、エンタメ業界には激震が走りまくっている。
しかし、今週もっともメディアを騒がせたニュースといえば、やはり「SMAP解散報道」だろう。

複数のスポーツ紙が一面で報じると、まだ確定情報が公式から出ていないのにもかかわらず、各メディアは蜂の巣をつついたかのような大騒ぎになった。
そして1月18日の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系列)では、生放送による緊急会見が放映され、瞬間最高視聴率は37.2%にも達した。 全国民の約4割がこの会見を注視したわけであり、あらためてSMAPが「国民的アイドル」であると再認識させられた次第である。
なにしろ「このマンガがすごい!」に原稿を書くライターや編集者は「Sugoi Manga Assemble People」(すごいマンガを紹介するために集められた人々)なので、SMAPのことはたいへんリスペクトしているのだ。マジで。

といったわけで今回は、SMAPとマンガの関係性の特集である。
「解散報道」がキーワードなので、メンバー全員が関与した作品をピックアップしていきたい。


osomatsukunBunko_s001

『竹書房文庫 おそ松くん』第1巻
赤塚不二夫 竹書房 ¥600+税
(2004年11月発売)

まずは赤塚不二夫『おそ松くん』だ。

いまや『おそ松くん』といえば、テレビアニメ『おそ松さん』が大大大ブレイク中だが、「イケメンを使って『おそ松くん』をリブート」する『おそ松さん』のコンセプトは、じつはSMAPがその先駆者的存在なのである。

SMAPはバラエティに積極的なジャニーズアイドルとして広く知られるようになったが、そのキッカケとなったのがフジテレビ系列の『夢がMORIMORI』だ。
この番組でSMAPは『おそ松くん』のパロディ・コントである「音松くん」を披露。当時6人グループだったSMAPならではの6つ子コントは大好評で、人気コーナーとして定着した。

ちなみにSMAPは「音松くん」名義でCDシングル『スマイル戦士 音レンジャー』をリリースしている。
おそ松さん声優6人(櫻井・中村・神谷・福山・小野・入野)でカバーしたら、すごいことになるのではないだろうか?

現在、『おそ松さん』ブームの波に乗って、元祖『おそ松くん』の文庫版も再販されている。原作を入手しやすくなっているのはうれしいかぎりだ。
この原作『おそ松くん』は、開始当初はオールドスクールな生活ギャグが中心だが、イヤミやハタ坊、デカパンといった強烈な脇キャラが出そろってからは、どんどんギャグがナンセンスで破壊的になっていく。
文庫版1巻から読んでいけば、その推移に気づくだろう。


SaintSEIYAbunko_s08

『集英社文庫 聖闘士星矢』第8巻
車田正美 集英社 ¥590+税
(2001年5月発売)

デビュー直後のSMAPが出演したミュージカルといえば『聖闘士星矢』(車田正美)である。

『聖闘士星矢』はいまさら説明不要の、聖衣(クロス)をまとった星闘士(セイント)たちが、小宇宙(コスモ)を燃やして熱いバトルを展開する世界規模の大ヒット作品だ。

ミュージカルは「ポセイドン編」(文庫版8巻以降)を題材にしており、アニメ・マンガを原作にしたミュージカルの嚆矢としても評価されている。
つまり「テニミュ(『テニスの王子様』ミュージカル)」や「ペダステ(『弱虫ペダル』舞台版)の源流にいるのがSMAPなのだ。
ある意味ではSMAPはジャンル開拓者でもあったといえるだろう。


HIMEchanbunko_s001

『集英社文庫 姫ちゃんのリボン』第1巻
水沢めぐみ 集英社 ¥571+税
(2003年1月発売)

また、水沢めぐみ『姫ちゃんのリボン』も、SMAPとは縁のある作品である。
魔法の国の王女エリカから、だれにでも変身できる「魔法のリボン」をわたされた野々原姫子が大活躍する学園恋愛マンガで、アニメ化もされた。

そのアニメのオープニング&エンディングテーマを歌っていたのがSMAPだ。それが縁でSMAPがゲストキャラとしてアニメ本編に登場したこともあった。
それにしてもオープニング曲「笑顔のゲンキ」は「馬飼野康二サウンド×アニメ×ジャニーズ」の相性のよさが爆発している名曲だ(『忍たま乱太郎』の「勇気100%」も同様)。


SHOOTbunko_s01

『講談社漫画文庫 シュート!』第1巻
大島司 講談社 ¥660+税
(2003年8月12日発売)

そして1994年に講談社漫画賞を受賞したサッカーマンガの金字塔『シュート!』(大島司)もSMAPゆかりの作品である。

主人公・田仲俊彦は、天才的プレイヤー・久保嘉晴に憧れて掛川高校に進学してサッカー部に入部。県予選で久保が決めた11人抜き(ゴール・トゥ・ゴール)はサッカーマンガ界でも伝説的なシーンとなった。
その久保が白血病で死亡し、主人公・トシが立ち直るまでのストーリーが、実写映画化されたのである。

その実写映画版にSMAP全員が出演している。そして天才プレイヤー久保を演じた木村拓哉は、本作で石原裕次郎新人賞を受賞した。トシぃ、サッカー好きかッ!?
ちなみにこの映画には創設間もないJリーグも協力。ラモス瑠偉(当時ヴェルディ川崎)も出演している。ウッ、アッ、カリオカッ! ウーアー・カリオカッ!!

今回の会見はメンバーの口から「謝罪」が語られたものの、グループの存続について明言されたわけではない。今後どのような発表があるのか、まだまだ見守る必要がある。大山鳴動して鼠一匹となるか、はたして?
いずれにせよファンのみなさんは、、SMAPにはHey Hey おおきに毎度ありKANSHAしているので、今回のダイナマイトな解散報道は、まるでらいおんハート雪が降ってきたような心持ちだろう。
大部分の人は、この夜空ノムコウには笑顔のゲンキが待っているので朝日を見に行こうよ、と信じているハズ。
オフィシャルな発表があるまでは俺たちに明日はあると信じたいが、どのような結果になっても、君は君だよと言えれば、たぶんオーライじゃないでしょうか。

それまではファンのみなさん、がんばりましょう



<文・加山竜司>
『このマンガがすごい!』本誌や当サイトでの漫画家インタビュー(オトコ編)を担当しています。
Twitter:@1976Kayama

単行本情報

  • 『竹書房文庫 おそ松くん』第1巻 Amazonで購入
  • 『集英社文庫 聖闘士星矢』第8巻 Amazonで購入
  • 『集英社文庫 姫ちゃんのリボ… Amazonで購入
  • 『講談社漫画文庫 シュート!… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2