このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【11月3日公開予定】北杜夫のユーモアに大人も子どもも、くすっ 『ぼくのおじさん』完成披露試写会 レポート【番外編】

2016/10/06


ユーモア・エッセイ『どくとるマンボウ』シリーズなどでおなじみの北杜夫が自身をモデルに書いた同名小説が、ついに映画化!
実写化に挑んだのは、『探偵はBARにいる』シリーズの脚本・プロデューサー、須藤泰司。
主演に『探偵はBARにいる』シリーズの松田龍平、監督に『天然コケッコー』(2007)、『苦役列車』(2012)、ドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(2015)、と話題作を多数手がける山下敦弘を迎え、この秋、11月3日(木・祝)より全国ロードショー!!

10月5日、映画『ぼくのおじさん』の完成披露試写会が、丸の内TOEI(中央区銀座)にて行われた。
本作の指揮をとった山下敦弘監督、松田龍平、真木よう子、大西利空(子役)、戸次重幸、小菅汐梨(子役)の豪華キャストも登壇した、完成披露試写会のレポートを、さっそくお届けする。

<STORY>

学校の作文コンクールで「自分のまわりにいる大人」をテーマに、作文を書くことになった小学4年生の“ぼく”こと、春山雪男。
雪男には、おじさんがいる。大人のクセにお小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない、ドジで運動神経0で、いつも万年床でマンガばかり読んでいる、ボサボサ頭の居候。
困りはてた雪男は、このおじさんをテーマに「ぼくのおじさん」という作文を書きはじめるのだった――。

始終なごやかな雰囲気に包まれた完成披露試写会

「おじさん」役を務めた松田龍平さんが第一声で、
「15歳からこの仕事をやらせてもらっていますが、とうとう『おじさん』の役が来たかという感じで、感激しています。」
と意気込みを語った。
松田さんが演じる「おじさん」の、原作者・北杜夫の世界観を引き継いだ、少し抜けていて、それでいて魅力的な身近な大人のイメージは、すばらしい。

bokunoojisan003

続いて、
「利空は最近(映画の)宣伝などでいっしょだったんですが、きょうはちょっとおめかしして、素敵ですね。しーちゃんは、かわいいですね。」
とほめる松田龍平(写真左)さんに、照れた様子の大西利空くん(写真中央)と小菅汐梨さん(写真右)。
利空くんは、劇中も含めほんとうにかわいいのだ。
ちょっと疲れた現代人は、この映画を見ていやされるに違いない。

bokunoojisan004

久しぶりの再会について問われ、登壇者みなが「元気でよかった」と喜びの声を伝えあった。キャスト陣の仲むつまじい雰囲気に、会場中が笑顔に包まれた。

撮影の思い出を聞かれ、ハワイ生まれで、英語がペラペラのヒロイン役を演じた真木よう子さんは、「英語のシーンは、何回も練習しました。」と、撮影の苦労を語った。真木さんの流暢な英語にも注目したい。

bokunoojisan002

完成披露試写会には、子どもの姿も多く見られ、本編上映中は子どもたちの笑い声があちこちで聞こえてきた。映画の公開は、11月3日(木・祝)。
子どもも大人も楽しめる映画、ぜひ家族で足を運んでほしい。

bokunoojisan001

映画情報:ぼくのおじさん

公開日:2016年11月3日(木・祝)
配給:東映

■CAST
おじさん:松田龍平
春山雪男:大西利空
稲葉エリー:真木よう子
青木伸介:戸次重幸
春山節子:寺島しのぶ
春山定男:宮藤官九郎
智子おばさん:キムラ緑子
稲葉キャシー:銀粉蝶
みのり先生:戸田恵梨香

■STAFF
原作:北杜夫
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ(須藤泰司)
音楽:きだしゅんすけ

■公式サイト
http://www.bokuno-ojisan.jp/

■公式twitter
@bokuno_ojisan_

単行本情報

  • 『ぼくのおじさん』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2