このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【3月の「このマンガがすごい!」ランキング オンナ編】今月の第1位は、30歳地方オタク女子が、中学生に戻ってオタライフをリプレイするアレ!?

2017/02/20


業界注目度No.1!?
「このマンガがすごい!WEB」が誇るランキング選者に協力いただくアンケート集計をもとに、決定される毎月恒例の「このマンガがすごい!」ランキング。今月のランキングは……。

今月のオンナ編第1位は、「COMICポラリス」で連載中のオタクライフを絶賛満喫中の30歳女子のタイムリープもの。
服装から、しゃべり方から“THE オタク”な主人公・はとこに、全国のオタクが共感! 作品さながらの勢いで票を集め、第1位に輝きました。
作品についてもっと知りたい方は、記事の続きをチェック。はとこのちょっと痛い(?)オタク人生をのぞきにいきましょう!

(2017年1月1日~1月31日発売作品を集計)


⇒⇒⇒ランキング「オトコ編」も要チェック!!


第1位(170ポイント)

『タイムスリップオタガール』 佐々木陽子

TimeSlipOTAgirl_s01

『タイムスリップオタガール』
佐々木陽子 ほるぷ出版

城之内はとこ、30歳、地方に住む女性……そしてオタク。
東京での同人誌即売会からの帰路、駅のホームから線路に落下したはとこは、命よりも守りたい同人誌をカラダでかばった結果、事故の起きる1日前にタイムスリップしてしまう。
それからも生命の危機に見舞われるたびにタイムスリップを繰り返す彼女は、とうとう20年前の1996年まで“飛ばされ”てしまった。

いわゆるタイムスリップものですが、主人公のこりないポジティブさとオタクっぷりに全オタクが共感! 直視できないくらいの“痛さ”にありし日の自分を重ねてしまう!?

オススメボイス!

■テンションが高すぎる感じそのものがオタク。ぼくの家の小3の娘もオタクだけど、少しデフォルメするとこんな感じだなと思いながら読む(紙屋高雪/ブログ「紙屋研究所」管理人)
■オタクがタイムスリップする話はいくつかあるが、こんなに痛い話は初めてだ。自分の通ってきた道をふり返ることの辛さは、オタクが一番知っている。はたして彼女は、昔の自分と対峙し、新しいオタライフを手に入れることができるのか!? 第2巻に期待!(稀見理都/エロマンガ研究家)
■「COMICポラリス」連載のタイムスリップもの。結局、過去に戻ってもいいことはないのか? 長年かけて蓄えたオタグッズが消失するというのはなかなか恐ろしいものがありますね(笑)(いけさん/ブログ「いけさんフロムエル」管理人)
■大人のオタクが中学生に戻ったらというおもしろいアプローチでぐいぐいと一気読みしてしまった。収集したオタグッズがなくなっていることに絶望したり、黒歴史ノートとか、いろいろと切実でおもしろい(かーず/個人ニュースサイト「かーずSP」管理人)
■1996年……思えば遠くに来たけど、あの地方オタクの飢餓感は、昨日のことのように思いだせる! ヒロイン・はとこをあの頃の私たちの分身として、応援したい!(和智永妙/ライターたまに編集)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!


第2位(102ポイント)

『ぱらのま』 kashmir

paranoma_s01

『ぱらのま』
kashmir 白泉社


ぎゅうぎゅうに混みあうデパートの駅弁フェアで弁当を買い求めた女性。彼女は駅弁の雰囲気を存分に楽しむため、特急電車で東京近郊への小旅行を決めた。
特急「かいじ」で中央線を甲府方面に向かう彼女は、ふと思いたって富士山の見える場所まで足を延ばす……駅弁を食べながら。

猫耳の少女が不思議な鉄道に乗って幻想的な世界を旅する『てるみな』著書の最新作は、同様の世界観に根ざすちょっと奇妙な「旅鉄」ストーリー。
著者特有の非日常的ファンタジーがくせになります。鉄道ファンにもおすすめです。

オススメボイス!

■『てるみな』に続く鉄道モノ――というところは同じだが、雰囲気はまったく違って、ゆるーくぷらーっと旅をするのがなんとも読んでて心地よい。著者本人の趣味もあってか、鉄道や地図などの描写が細かい(冬蜂/風俗情報サイト「フーゾクDX」制作部)
■静かさのなかに高揚感が息づく。小さな旅情、小さな感慨。鉄道によるコンパクトな旅に筆者らしい叙情性があふれている(raven/ディレッタント)

第3位(72ポイント)

『にれこスケッチ』 鴨居まさね

NIREKOsketch_s01

『にれこスケッチ』
鴨居まさね 祥伝社

傘職人・清田のもとでアルバイトをしている松岡楡(まつおか・にれ)28歳は、ブラシ屋3人姉妹の末っ子。
清田の作る傘のかわいさにひかれて3年もバイト暮らしを続けていた楡だったが、清田は社員にするつもりがない。そんなおり、ブラシ屋の祖母の目が悪くなってしまい、楡は母から「いっしょにお店を継いでほしい」と頼まれる。

ブラシ屋、傘職人といった耳慣れないシチュエーションの環境を独特のタッチで描く著者のテイストが心地よいです。

オススメボイス!

■このゆるいグルーヴ感と人間くささはまさに鴨居先生。妙においしそうな餃子を通奏低音に、28歳女子のままならぬ恋と仕事を洒脱に描く。人生は理屈じゃないのだ(小田真琴/女子マンガ研究家)
■待望の鴨居まさね先生の新刊。あいかわらずの小気味よさは健在で、視点ひとつでどうしてこうもおもしろく日常を捉えることができるのか。すばらしいです(いづき/ブログ「おとよめ」管理人)
■鴨居まさねさんの作品は読者を気持ちよく読ませる独特の雰囲気があって待ってました! という人も多かったのでは。登場人物もそれぞれキャラ立ちしつつ、親近感があって、鴨居ワールドを楽しめます(早川博志/恭文堂コミッククラフト店)

単行本情報

  • 『タイムスリップオタガール』… Amazonで購入
  • 『ぱらのま』 第1巻 Amazonで購入
  • 『にれこスケッチ』 第1巻 Amazonで購入
  • 『スタンドバイミー・ラブレタ… Amazonで購入
  • 『魔女くんと私』 Amazonで購入
  • 『千明初美作品集 ちひろのお… Amazonで購入
  • 『東京タラレバ娘』 第7巻 Amazonで購入
  • 『古屋先生は杏ちゃんのモノ』… Amazonで購入
  • 『斎王寺兄弟に困らされるのも… Amazonで購入
  • 『薔薇王の葬列』 第7巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2