このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ゲレクシス』 第2巻 古谷実 【日刊マンガガイド】

2017/04/23


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『ゲレクシス』

  
gerekusisu_s02

『ゲレクシス』 第2巻
古谷実 講談社 ¥590+税
(2017年3月23日発売)


家業のバウムクーヘン屋を16歳のときから亡父と切り盛りしてきた“店長”こと、大西たつみは、23年もの間、恋人も友人もいないまま判で押したような日々を過ごしてきたが、ある出来事をきっかけに“別の世界”に迷いこみ、異形の姿となった仲間たちと森のなかを彷徨うことになる――。

『ヒメアノ~ル』の安藤さんを彷彿させる、ダメダメ中年男の恋愛迷走劇か――と思いきや、カフカも真っ青のシュールかつ哲学的すぎる展開にいまだかつてない問題作!? との注目を集めていた本作。
それだけに、たった2巻で完結!? と肩すかしをくらった人も多いだろう。

「ねぇ総括してみてよ 手前の半生はどうだった? 漢字一文字で書くと何?」という質問に答えられないほど、平穏だが何もない人生を送ってきた男が、やっともとの“日常”に戻れたのに、不安だらけだが仲間とともにたしかに生きたという実感のあった“あの世界”に戻りたいと願ってしまう――。そのことの意味するものははたして何なのか?

なんら明確な答えも着地点も提示しないまま、読者を宙に放り出すようなあっけないエンディング。
やがて自身の日常をじわじわと侵蝕してくる“この感じ”は、まさに古谷実にしか出せない“味”。

それにしても、著者は『行け!稲中卓球部』でギャグマンガの新時代を切り開きながら、一転して、閉塞した時代に呼応したようなシリアスで内省的作風へと転身。
その日常と非日常、ユーモアと狂気が交錯する唯一無比の作家性は、今や純文学の域に近づきつつあり、このまま行けば、山上たつひこのように小説家に転向しちゃわないかなあ……と不安!? になるほど。

なにはともあれ、古谷実の作品をリアルタイムで読める喜びを噛みしめつつ、じっくりと何度でも反芻したい重要作だ。



<文・井口啓子>
ライター。月刊「ミーツリージョナル」(京阪神エルマガジン社)にて「おんな漫遊記」連載中。「音楽マンガガイドブック」(DU BOOKS)寄稿、リトルマガジン「上村一夫 愛の世界」編集発行。
Twitter:@superpop69

単行本情報

  • 『ゲレクシス』 第2巻 Amazonで購入
  • 『ゲレクシス』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒメアノール』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒミズ』 第1巻 Amazonで購入
  • 『行け!稲中卓球部』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]