このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『シャーリー』第2巻 森薫 【日刊マンガガイド】

2014/09/24


charley_s02

『シャーリー』第2巻
森薫 KADOKAWA/エンターブレイン \620+税
(2014年9月13日発売)


13歳のヴィクトリアンメイド……と聞いてピクリと来たそこのあなた、今すぐ買いましょう! 読むとなにかスイッチ入ります。
単巻扱いで発売されたのが2002年、じつに10年以上ぶりの2巻目。
『エマ』はじめ、20世紀初頭のイギリスの由緒正しきメイドに深いこだわりのある作者による、メイド愛あふれるマンガだ。

28歳でカフェーを営むベネット・クランリー。彼女が雇っているメイドは、弱冠13歳のシャーリー・メディスン。
シャーリーはじつによくできたメイド。料理はうまい、掃除は完璧、洗濯物もばっちりで、ワガママを言わず、いつも笑顔で礼儀正しい。非の打ちどころがない。大当たりですよベネットさん。
だからこそ、ふとした瞬間に見せる少女っぽさがとてつもなく愛らしい。はじめてメイドスカートを履いた時にうれしくなってくるくる回ったり、ベネットのハイヒールを履いて浮かれてみたり。ああ、かわいい。

いっしょに踊ったりするクランリーとシャーリーは、とてもうまくいっている主人とメイドだ。
あまりにも良好すぎるゆえのエピソードのひとつが、2巻の給料の話。いつのまにか家族のようになってしまっていたため、途中から給料を渡すのを忘れてしまっていたのだ。シャーリーも言われてから「あっ」と言う始末。

無論、失敗して涙を流すこともある。背伸びしたくなることもある。少しずつ成長する姿が、森薫独特の緻密でやさしいタッチの絵柄で表現されている。
シャーリーのメイド服は、いろいろなものを吸収し膨らみ続ける彼女そのものだから、フカフカじゃなければいけないのだ。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『シャーリー』第2巻 Amazonで購入
  • 『シャーリー』第1巻 Amazonで購入
  • 『エマ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]