このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【速報】アクセス数累計130万突破!話題の女子野球マンガ『花鈴のマウンド』本日、第3・4話を無料公開! 【総力リコメンド】

2018/01/09


「女の子だって、甲子園!」のフレーズやCMがきっかけでじわじわとお茶の間で人気を集めている
『花鈴のマウンド』!
12月28日より、カバーも新たに描き下ろし、限定イラストポストカードつき&巻末付録の登場人物紹介を大幅に加筆した新装版が発売されたことを記念して、期間限定で連載スタート!
本日、第3・4話が公開されました!!

≪「すぐにマンガを読みたい!」 というあなたは、こちらをクリック!!≫

高校最後の夏に、女子たちが甲子園出場を目指す!! 大人気マンガ
『花鈴のマウンド』とは……?


『花鈴のマウンド』 第1巻
紫々丸(原作) 星桜高校漫画研究会(漫画) 大垣書店 ¥400+税
(2017年12月28日発売)

ストーリー

桐谷花鈴(きりたに・かりん)は星桜高校の3年生。
彼女は幼い頃に観戦した甲子園での試合がきっかけで、「女の子でも甲子園に出たい!」という思いを胸に、女子硬式野球部のピッチャーをつとめている。
しかし、春のセンバツ大会で宿敵・京都雅高校の柊木美玲(ひいらぎ・みれい)に打ち負かされてしまい―――?


花鈴の「野球」にかける熱い思いや手に汗握る試合シーンはもちろん、幼なじみの大門頼(だいもん・らい)をめぐる恋愛模様、さらにはJKの貴重なお色気シーンもアリ!?

野球に恋に勉強に大忙しの花鈴が繰り広げる、青春女子野球マンガです!


本日更新の第3・4話をさっそく紹介!!

「女子野球で甲子園に出場する」という目標を胸に、今日も練習に励む花鈴たち。
なかなかハードなメニューをこなしているけど、女の子が汗を流す姿って、とっても美しい……!


一方、宿敵である柊木美玲は、自宅で自主練をしていた。
美玲の特訓の手伝いをしていた父親の願いは、プロになってもらうこと。
しかし、美玲のなかではすでに「夏の大会が終わったら、野球をやめる」と決意が固いようで……!?


そして花鈴も、タオルを使ってピッチング練習に励んでいた。
すべては、美玲に勝つため……。
そんな花鈴の様子を、窓の外から眺めている怪しげな男が!
この男、いったい何者……!?


……と、紹介はここまで! 
気になる続きは、ぜひ本編をお楽しみください!

\今すぐにマンガを読みたい方は、下のバナーをクリック!/

『花鈴のマウンド』大好評連載中! 「9」のつく日に更新!
≪公式サイトは、こちらから!!≫


高校3年生、最後の夏……。
花鈴ははたして、甲子園のマウンドに立つことができるのか!?
さらなる展開をお見逃しなく!!

単行本情報

  • 『花鈴のマウンド』 新装版 … Amazonで購入
  • 『花鈴のマウンド』 新装版 … Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]