このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ホクサイと飯さえあれば』第1巻 鈴木小波 【日刊マンガガイド】

2015/05/01


HOKUSAItoMESHIsaeareba_s01

『ホクサイと飯さえあれば』第1巻
鈴木小波 講談社 \602+税
(2015年4月6日発売)


『ホクサイと飯さえあれば』は、独特のタッチが印象に残る寓話集『燐寸少女』が話題の、鈴木小波による料理マンガ。
2013年に刊行された『ホクサイと飯』の8年前のエピソードを描く。

主人公は、まだ漫画家になる前の上京したての女子大生「山田ブン」こと山田文子(あやこ)。
お供のしゃべるぬいぐるみ(?)のホクサイと一緒に、北千住にある家賃5万の古家でひとり暮らしを始めた……。

炊飯器のない新居で空き缶を使っての即席ご飯炊き、川原で卵黄と酢が入ったタッパーを思い切りふってマヨネーズ作り、魔法瓶におかゆと麹を入れて8時間待つと完成する甘酒。
どれも豪華な料理ではないが、身近な素材や道具を利用し、手間ひまかけて作っていく。

おもしろいことに、ごはんを食べて「おいしい~!」なんて身もだえする、ありがちなシーンは存在しない。
おいしい、まずいではなく、料理を作っている時間そのものが素敵で、大切なものだというメッセージが伝わってくる。

内容的には日常系だが、水墨画を連想させる黒がひきたつビジュアルと、謎の存在・ホクサイが異彩を放つ。
ファンタジー的と言おうか、現実と虚構世界の狭間に浮かぶかのような、どこか不思議な感覚をおぼえる。

そういえば料理だって、材料を変化させ、周囲の人々の心を満たす、日常に溶けこむ身近な魔法だ。
そんな意図も作者にはあるのかもしれない。



<文・卯月鮎>
書評家・ゲームコラムニスト。週刊誌や専門誌で書評、ゲーム紹介記事を手掛ける。現在は「S-Fマガジン」でファンタジー評を連載中。
The Differencee Engine

単行本情報

  • 『ホクサイと飯さえあれば』第… Amazonで購入
  • 『燐寸少女』第1巻 Amazonで購入
  • 『ホクサイと飯』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2