このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『魔法自家発電』 谷 和野 【日刊マンガガイド】

2015/09/14


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー! 今回紹介するのは『魔法自家発電』。

MAHOUjikahatsuden_s

『魔法自家発電』
谷和野 小学館 ¥429+税
(2015年8月10日発売)


2014年に刊行されたデビュー単行本『いちばんいいスカート』で注目を集めた谷 和野、待望の第2作品集。
超短編から中編まで、いずれも著者独特の視点が光る、少し不思議で心に残る佳品ぞろいだ。

タイトル作の「魔法自家発電」は、大きなツノを持つ毛むくじゃらの男子高校生(!)が主人公。
周囲の人たちとかけ離れた己の醜さに悩む彼は、通学電車で、天使の羽を持つ美少女に出会う。彼女は醜い自分にもわけへだてなく接してくれる、心も美しい女の子だった……。
童話のような作品かと思いきや、じつはとっても現実的な“呪い”と“救済”の物語。これぞ谷和野らしさの代表格といってもいいだろうか。
ちょっとファンタジック、ちょっとSFっぽい……親しみやすい浮遊感のある作品には人生の、生きとし生けるものの関係性についての“回答”がこめられていて、ラストに向かって静かな高まりを感じさせるのだ。

ロボットの発明家・オキルと、彼に並々ならぬ愛情を注ぐ美しいヒト型ロボット・フーを描く「Whoにつける名前」にしても、そう。
登場人物それぞれの心の逡巡のなかにもひとつの回答があり、それを経ての……お約束のハッピーエンドとは異なる結末が心地よい。

読みながらそこここに懐かしさに似たものを感じるのは、わたしたちが日常のなかで見ているようで見落としている何かをすくい上げているためか。
ひとつのセリフが、シーンが、じんわりと感情のひだに入りこんでくる。男性にもオススメ、一度読んだら創作という魔法の使い手、谷 和野の虜になること間違いなし!



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『魔法自家発電』 Amazonで購入
  • 『いちばんいいスカート』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]