このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『帝一の國』第14巻 古屋兎丸 【日刊マンガガイド】

2016/05/27


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『帝一の國』


teiichinokuni_s14

『帝一の國』第14巻
古屋兎丸 集英社 ¥476+税
(2016年5月2日発売)


名門・海帝高校の次期“政権”を握るのはだれか!? はるか先に見すえる目標は日本の総理大臣……その第一歩として入学以来、学園のトップを目指してひた走ってきた帝一が高校2年の秋を迎え、いよいよ生徒会長選挙に挑む!

ライバルは2人。天真爛漫で気取らない性格ながら意外なキレ者、人間的な魅力にあふれた大鷹弾。
そして、自分がのし上がるためなら卑劣な手段もいとわない策士・東郷菊馬。

全校生徒が候補者のエリアに並ぶという投票方法もおもしろい。
制限時間以内なら何度でも動くことができる。だれがだれに票を入れているかはそのつど丸見えで、つまり他人の動向も影響するわけで……。
この制限時間、1時間の間に山あり谷あり。読みながら手に汗握る濃厚なドラマが展開され、最終巻にふさわしい盛りあがりを見せてくれる。

高校が舞台の政権争いという前代未聞の設定を、これほどのエンターテインメント作品に仕あげた著者の手腕にあらためてうならされた。
言葉や行動一つひとつが重要な意味を持ち、それが一歩先、ひいては何年先かの未来をつくっていく……登場人物たちは学生だが、まさにこれこそ社会の縮図。
心温まる友情、恋愛のエピソードもしっかり挿入されているが……大きな野望を胸に抱く人間の器がどんなものであるか、最後の1ページまで心してじっくり読み進めてほしい!

2017年には実写映画公開予定とのうれしいニュースも到着した。主人公・帝一を演じるのは菅田将暉。ドラマ・映画に引っ張りだこ、『セトウツミ』(今夏公開予定)『溺れるナイフ』(今秋公開予定)と2本のマンガ原作映画の主演を張る注目株だけに楽しみである。



<文・粟生こずえ>
雑食系編集者&ライター。高円寺「円盤」にて読書推進トークイベント「四度の飯と本が好き」不定期開催中。
ブログ「ド少女文庫」

単行本情報

  • 『帝一の國』第1巻 Amazonで購入
  • 『セトウツミ』第1巻 Amazonで購入
  • 『溺れるナイフ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]