このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

7月4日はふなっしー(ゆるキャラ)の誕生日 『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/07/04


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

7月4日はふなっしーの誕生日。本日読むべきマンガは……。


hyahhadayoFUNASSY_s01

『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー』第1巻
まえだくん 小学館 ¥602+税


7月4日は千葉県船橋市のご当地キャラ・ふなっしーの誕生日。「な(7)し(4)、なっしー!」ということか。西暦138年生まれの、梨の妖精だそうだ。
そんな謎多きふなっしー本人(本梨?)が主人公のマンガをご存じだろうか。

タイトルは『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー』。
ふなっしーとツッコミ役の男の子・千葉ケント(千葉県が由来)君とのかけあいによる4コマがメインのギャグだが、その展開はおそろしくカオスなのだ。

持ちネタの「梨汁ブシャー」、「イリュージョン」はマンガらしいデフォルメが光るが、それに加え、作中のふなっしーは着ぐるみ(!?)ではなく「梨の妖精」の設定に忠実であり、梨状ボディの損壊ネタのオンパレードとなっている。
テープやドアなどでまっぷたつに切断され、すべり台で遊べばすりおろされ……とまあ、ヒドい扱いなのだが、ふなっしー自らも気軽にそのボディをぶっ壊すことも少なくない。
しかも次のネタでは何事もなかったように元どおりになっている。さながら赤塚不二夫ギャグのようなアヴァンギャルドぶりだ。
コレクションカード「ふなっしーのめいっしー」のメディアミックスもあり、ふなっしーの兄弟として登場する「ふなごろー」や「ふな毛」たちも強烈な存在感を見せる。

連載は児童マンガ誌の雄「コロコロコミック」。
小学館の児童向けマンガには、スポーツ選手やタレントなど、有名人をモチーフにした作品が多々あった。対象の人物が「キャラ」化されてマンガの紙面で動き回るさまは、子どもなりに別物と理解しながらも、ぐっと身近な存在に感じられたものだ。
テレビなどではハイテンションで俊敏すぎる動きを繰り出し、うっとうしがられることもあるが、『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー』での姿を思い出せば、「よかった、ちゃんと普通のふなっしーだ!」と妙な安心感を覚えてしまうほど。

子どもだけが楽しむにはもったいない! 非公認キャラだからこそ可能なフリーダムぶりと、このマンガを公認とするふなっしーの度量の大きさを知るのが、最高の誕生祝いになるだろう。



<文・和智永 妙>
「このマンガがすごい!」本誌やほかWeb記事などを手がけるライター、たまに編集ですが、しばらくは地方創生にかかわる家族に従い、伊豆修善寺での男児育てに時間を割いております。

単行本情報

  • 『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー… Amazonで購入
  • 『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー… Amazonで購入
  • 『ヒャッハーだよ♪ ふなっしー… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]