このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

8月9日はムーミンの日 『ムーミン・コミックス 黄金のしっぽ』を読もう! 【きょうのマンガ】

2016/08/09


365日、毎日が何かの「記念日」。そんな「きょう」に関係するマンガを紹介するのが「きょうのマンガ」です。

8月9日はムーミンの日。本日読むべきマンガは……。


OUGONnoSHIPPO_s

『ムーミン・コミックス1 黄金のしっぽ』
トーベ・ヤンソン/ラルス・ヤンソン(著) 冨原眞弓(訳) 筑摩書房 ¥1,200+税


本日8月9日は「ムーミンの日」。2005年のムーミン60周年を機に、作者のトーベ・ヤンソンの誕生日であるこの日がムーミンの日と定められたとのこと。

1945年にスウェーデン語で発表された小説『小さなトロールと大きな洪水』にはじまるムーミン・シリーズの好評を受け、トーベ・ヤンソンが弟のラルス・ヤンソンと共作、イギリスの新聞に連載されたマンガ作品が、この「ムーミン・コミックス」シリーズだ。

筆者、小説とアニメは小学生の頃に見ていたおぼえがあるものの、マンガ版を読むのはこれがはじめてだったが読んでみるとじつに楽しかった。
1冊目に収録された2編のうち、表題作「黄金のしっぽ」は、突然光り輝くしっぽを手に入れてしまったムーミンが、一躍マスコミにもてはやされるようになる話。
素朴に暮らしていた彼のもとにエージェントやらなにやらが押しかけてきて権利だ訴訟だなんて話になり……と、まるで「新聞連載を依頼されるほどの大人気を得てしまったムーミン・シリーズ」そのものを描いているようでおもしろい。

一方、「ムーミンパパの灯台守」は、突然「海の男の一大叙事詩を描くんだ」と言い出したムーミンパパのせいで一家がへんぴな灯台に引っ越すことになるというエピソード。
こっちは表題作のような風刺は控えめ、そのかわり次々に出てくる妙なキャラや、パパやムーミンの残念っぷり、そして小さな島でのほんのりとしたエピソードなど、まるで日常系4コマのようなノリがたいへんよい。

ぜひ、読者の皆様にも今日という日を機会に手にとっていただきたい。



<文・前島賢>
82年生、SF、ライトノベルを中心に活動するライター。朝日新聞にて書評欄「エンタメ for around 20」を担当中。
Twitter:@maezimas

単行本情報

  • 『ムーミン・コミックス1 黄金… Amazonで購入
  • 『ムーミン・コミックス2 あこ… Amazonで購入
  • 『ムーミン・コミックス3 ムー… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]