このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【速報】羽海野チカ戦慄!! 残忍・可憐な“最凶幼女”がやってきた!! 『聖ロザリンド』連載スタート!!

2017/03/01


今夜から……恐怖のマンガ連載がスタート!!
本日更新されたのは、みなさんの心にトラウマを残すこと間違いなしの名作……そう……

 わたなべまさこ先生の『聖ロザリンド』第1話
「このマンガがすごい!WEB」で公開スタートです!!

コミックスは2月27日発売! 現在、絶賛予約受付中!!

『このマンガがすごい! comics 聖ロザリンド』が2月27日に発売決定!!
現在、コミックスは予約受付中です!

rosalind_s01

『このマンガがすごい! comics 聖ロザリンド』
わたなべまさこ 宝島社 ¥1400+税
(2017年2月27日発売)

金髪の髪、ばら色の頬、天使のような微笑み……美少女・ロザリンドにかかわる人は、なぜか悲惨な死を遂げる!? 無邪気な少女に秘められた狂気、そして繰りかえされる悪魔の所業の数々に、おもわず背筋が「ゾ~~ッ!!」とすること間違いなし!!
さらにこのコミックスでは、この本のために、わたなべまさこ先生が特別に描きおろしたプロローグも収録され、最凶の1冊となっています!

コミックスのご予約・購入はコチラから!

本日公開の最新話を特別にご紹介!!

それでは、さっそく本日公開の最新話を、ちらっとご紹介しちゃいます!

――その日、ある夫人の葬儀が行なわれていた。
葬儀には親族や仲の良かった知人、そして……あるひとりの少女が……。
彼女は夫人が亡くなる前に時計をもらう約束をしたと話し、うれしそうに時計を抱きしめる……。

そして、その少女はロンドンへと向かった――。


療養もかねてロンドンの親類の家に訪れた少女・ロザリンド。
そこで、いとこのダリアと出会う。彼女は美しいダイヤモンドの指輪をしていた。

rosalind01_1

すぐにその指輪がうらやましくなるロザリンド。
しかしダリアはロザリンドに意地悪し、触らせようとしない。

rosalind01_2

どうしても指輪をはめてみたいとねだるロザリンドに、ダリアはある提案をする。
ロザリンドはその提案に喜ぶが……!?

rosalind01_3

……と、紹介はここまで! 少女・ロザリンドはダリアの指輪に近づくため、このあと
とんでもなく恐ろしい行動に出ます!

rosalind01_5

ダリアに何があったんだー!!??
……欲しいもののために少女は、悪魔になる!!

\今すぐに最新話をチェックしたい人は、下のバナーをクリック!/
saintrosalind_banner_920×250

少女たちを震えあがらせる、名作マンガ『聖ロザリンド』とは!?

1970年代、少女マンガであるジャンルのマンガが人気を呼びます。それがオカルトやホラーもの。
美内すずえ先生の『13月の悲劇』、高階良子先生の『赤い沼』あしべゆうほ先生の『悪魔(ディモス)の花嫁』などなど……そして、じつはこの『聖ロザリンド』も同じく話題となった名作なのです!

1973年「週刊少女フレンド」(講談社)で連載され、あまりにも可憐で残虐な少女の凶行に、当時の乙女たちの心にふかぁ~く恐怖を刻みつけた本作。名作『ガラスの城』や『悪女シリーズ』などで知られる、わたなべまさこ先生がサスペンスホラーの新境地を開いたともいえる名作なのです。
それが今回、「このマンガがすごい!comics」で“あの頃の恐怖”そのままに復活しました……!

無邪気に“ブランコ遊び”に興じるロザリンド……ダメだ! 幼女コワイ!!(泣)

無邪気に“ブランコ遊び”に興じるロザリンド……ダメだ! 幼女コワイ!!(泣)

「この天使のようなお嬢さまが…じつは…
世にも恐ろしい悪魔の子であろうとは…」

……と、ロザリンドの執事の独白で始まる本編。ロザリンドのおばが「不慮の事故」で死んでから、ロザリンドにかかわった者がどんどん不幸な末路をたどるストーリー展開は、まさに圧巻!
幼い瞳の奥に見え隠れする「羨望」「欲」……無垢ゆえに自分の行いの残酷さに気づけないロザリンドは、どんな運命をたどるのでしょうか!?

今回、『聖ロザリンド』はもちろん、1970年代のオカルト・怪奇ものの少女マンガに興味を持った、そこのアナタ! じつはオカルト・怪奇ものマンガを特集したスペシャルな本をご存じですか!?
それが、『大人の少女マンガ手帖 オカルト・怪奇ロマン』!!
この本では数々のオカルト・怪奇ものの名作少女マンガをくわしくガイド! さらに美内すずえ先生、高階良子先生、あしべゆうほ先生といった巨匠たちへの、この本でしか読めない直撃インタビューも掲載されているのです! 

shoujomanngatetyou_0622_cut00

『大人の少女マンガ手帖 オカルト・怪奇ロマン』
宝島社 ¥980円+税(2016年6月22日発売)

そしてそのほかの特集も超豪華!! 少女たちのトラウマになったであろう、恐怖シーンまんさいの原画掲載のほか、なんと、『聖ロザリンド』ファンにはたまらない、わたなべまさこ先生がこの本のために描きおろしたマンガ「あたしは聖ロザリンド」が掲載されているなど……とにかくスペシャルなことこのうえない!! “あの頃”の恐怖が鮮明によみがえる、この1冊もあわせてオススメです!! ぜひチェックしてくださね。


なんと単行本の帯には『3月のライオン』羽海野チカ先生のコメントが! 人気作家も恐怖する名作をゲットしよう!

なんと単行本の帯には『3月のライオン』羽海野チカ先生のコメントが! 人気作家も恐怖する名作をゲットしよう!

恐怖の美少女殺人鬼にいつのまにか、あなたもトリコ!?
次週の更新をお楽しみに!!

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]