このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】五十嵐大介『ディザインズ』ほぼひとりであの作画量!? 最新2巻も発売で話題の「けもの」マンガはこうして作られている!!

2017/04/02


2巻の見どころ

──いよいよ『ディザインズ』の2巻が発売されます。2巻のみどころを教えてください。

五十嵐 1巻は顔見せ的なところがありましたが、2巻では戦闘シーンが多く出てきますし、いろいろなキャラクターのいろいろな側面も徐々に出していきます。みどころとしては、そのあたりだと思います。

──今後の物語展開が気になります。

五十嵐 全体の尺としては、それほど長いものになるとは、最初は想定していませんでした。もともと自分は読み切りの長さが合っているのかな、と思っていたので、連載では思いついたシーンをドンドン入れていこう、と思っています。
そうしたら、いろいろなシーンが長くなって、あまり話が進んでないな……と感じてはいますが、それはそれでいいかな、と今のところは思っています。なので、自分のなかで話を早く進めたいと思ってシフトチェンジすれば、そんなに長く続かないかもしれないし、まだ先は全然流動的です。

──単行本収録時に、加筆とか修正はしますか?

五十嵐 すごく多いです。それは修正というよりも、もうページごと追加していたりします。全体のバランスを通して見たときに「もう少しここでタメがほしい」とか思うので、そうなっちゃうんですよね。

──本作から五十嵐先生の作品に触れる新規の読者に、なにかひと言を。

五十嵐 もし気に入っていただけたら、読んでいただきたいです。
2巻と同時期に短編集が出るんですけど、そこに『ウムヴェルト』が収録されます。

──『ウムヴェルト』は『ディザインズ』の前日譚、と考えていいのでしょうか?

五十嵐 そうですね。今回の短編集はUMA(未確認生物)に関する話を集めたのですが、その一環として「カエル少女」の話――『ウムヴェルト』がある、という感じです。もともと『ディザインズ』の連載をしようという話になったときに、その前に短編としてひとつ描いて様子をみよう、というので描かれたのが『ウムヴェルト』なんです。自分としても、どういう世界観になるのか試してみたい、というのがあったんです。

──構想としてはあったんだけど、もう少し揉んでみよう、と。

五十嵐 そんな感じです。それぞれ独立した単体の作品ではあるのですが、前日譚にもなっていて、『ディザインズ』と深い関わりのある作品です。もしよろしければ、2巻と一緒に楽しんでいただけたら、と思います。

──なるほど。五十嵐先生、ありがとうございました。

designs_s001

『ディザインズ』第2巻
五十嵐大介 講談社 ¥620+税
(2017年3月23日発売)


igarashi_tanpensyu_s01

『ウムヴェルト 五十嵐大介作品集』
五十嵐大介 講談社 ¥600+税
(2017年3月23日発売)


取材・構成:加山竜司

五十嵐大介先生の『ディザインズ』
の魅力もたっぷり掲載されている
『このマンガがすごい!2017』は絶賛発売中! 
“今、読みたいBEST100”を大ボリュームで特集してます♪

konoman2017_hyoushi_s01

『このマンガがすごい!2017』をゲットしたい方はコチラ

単行本情報

  • 『ディザインズ』第1巻 Amazonで購入
  • 『ディザインズ』第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]