このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『それでも町は廻っている』(石黒正数)ロングレビュー! 時系列シャッフルは、作者からの謎かけ!? 完結の今こそ、読者探偵は立ちあがるべし!!

2017/04/05


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『それでも町は廻っている』

『それでも町は廻っている』著者の石黒正数先生から、コメントをいただきました!

著者:石黒正数

長く続いたマンガですが、完結を機に取り上げていただきありがとうございます。
新たに、どなたかの手に取っていただける機会になればうれしいです。


soremachi_s16

『それでも町は廻っている』第16巻
石黒正数 少年画報社 ¥575+税
(2017年2月14日発売)


『それでも町は廻っている』、ついに完結。
2005年からの連載で足かけ11年、2010年には『魔法少女まどか☆マギカ』などで知られるスタジオのシャフトによりTVアニメ化もされた。

主人公は女子高生の嵐山歩鳥(あらしやま・ほとり)。
東京の下町・丸子商店街を舞台に、彼女を中心とした出来事や町の様子が描かれる日常系コメディマンガだ。
……少なくとも表向きは、そうなっている。 歩鳥は商店街にあるメイド喫茶でバイトしているのだが、マスターのおばあさんが「巷で流行ってるらしい」となんとなく始めたコレジャナイ系で、歩鳥もメイドらしいことはしない(ただし服だけは本格的)。

近所のおばあさんがやっていた喫茶シーサイドが、メイド喫茶に変貌を遂げる。

近所のおばあさんがやっていた喫茶シーサイドが、メイド喫茶に変貌を遂げる。

歩鳥は天然ボケかつ超ポジティブ少女。
推理小説が好きで、将来の夢は女子高生探偵だ。
町で起こるちょっとした事件に首を突っこみ、意外に冴えた推理で謎を解き明かしたりもする。
とはいえまわりにとっては、結局は振りまわされてはた迷惑という感じがいい。

現役女子高生の夢が“女子高生探偵”というボケ具合がキュートな歩鳥。 しかし、担任・森秋の祖父が遺した一面真っ赤な絵の謎を解く姿は、探偵そのもの!

現役女子高生の夢が“女子高生探偵”というボケ具合がキュートな歩鳥。
しかし、担任・森秋の祖父が遺した一面真っ赤な絵の謎を解く姿は、探偵そのもの!

日常系は「日常に起こることはなんでもあり」のゆるーい枠だ。
サスペンスありコメディあり、ゾクッとするホラー風もあれば、歩鳥の幼馴染・真田とのラブコメ要素もあり。
……かと思えば、宇宙人が現れるSF回もあったりするから油断がならない。

歩鳥の前に現れたのは、おにぎりこと“高次元の存在”。 おにぎりから、関東に上陸する台風が未曾有の被害をもたらすという“未来”を見せられた歩鳥は……!?

歩鳥の前に現れたのは、おにぎりこと“高次元の存在”。
おにぎりから、関東に上陸する台風が未曾有の被害をもたらすという“未来”を見せられた歩鳥は……!?

単行本情報

  • 『それでも町は廻っている』第… Amazonで購入
  • 『それでも町は廻っている』第… Amazonで購入
  • 『それでも町は廻っている 公… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2