このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ヒストリエ』(岩明均)ロングレビュー! このマンガ読まないなんて、「ば~~~~~~~っかじゃねぇの!?」 古代西洋大河マンガ、待望の最新刊発売!!

2017/06/02


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『ヒストリエ』


historie_s10

『ヒストリエ』 第10巻
岩明均 講談社 ¥600+税
(2017年3月23日発売)


おそらく本編を読んだことがない人でも「ば~~~~~~~っかじゃねぇの!?」という名言は知ってるであろうマンガ『ヒストリエ』。発言者はハルパゴスという人で、主人公どころかレギュラーキャラでもない。

紀元前5世紀頃のイラン北西部にあったメディア王国に仕え、王を裏切ってペルシャに寝返った将軍である。細かい話は省略するが、王に騙されて自分の息子の肉を食わされたあとも表向きは忠誠を装い……との経緯があり、よく裏切らずに我慢したという感じだ(第1巻)。

あまりにも有名になこのひとコマ。ハルパゴスのこの発言の真意は第1巻で要チェック!

あまりにも有名になこのひとコマ。ハルパゴスのこの発言の真意は第1巻で要チェック!


描かれるエピソードは歴史家ヘロドトスの『歴史』に基づいた事実、セリフは現代人が共感できる作者の創作。作中の1エピソードに登場するにすぎない先述のハルパゴスだが、じつは『ヒストリエ』のあり方を象徴している。実在する場所ですでに起こったことを、現代の感性で「観察」した作品ということ。「どこか遠い世界で起こったこと」とピンボケしてた出来事が、「今、そこにある」ようにクリアに浮かび上がるのだ。

本作の舞台は紀元前4世紀の古代ギリシャの国々。主人公のエウメネスもまた、『プルタルコス英雄伝』に登場する実在の人物だ。マケドニア王国のアレクサンドロス大王に仕えたことで知られるが、前半生は不明。「有名だが謎だらけ」という、日本でいえば柳生十兵衛のような「空白を自由に埋めやすい創作向け」の人物だ。

歴史書では都市国家カルディアの出身とされているが、本作ではイラン系遊牧民族スキタイの出身と設定。そのため、エウメネスはどこに行っても「よそ者」だ。カルディアの富裕な家の次男として育ち、英雄譚や歴史書に耽溺して育った幼少期。しかし父が暗殺され、首謀者であるヘカタイオスが疑いを逸らすために、エウメネスが拾われたスキタイ人の奴隷だったと明かす。

裕福な家で育ったエウメネスだが、父・ヒエロニュモスの死から一転、奴隷として売られることに。

裕福な家で育ったエウメネスだが、父・ヒエロニュモスの死から一転、奴隷として売られることに。


単行本情報

  • 『ヒストリエ』第10巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第2巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第3巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第4巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第5巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第6巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第7巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第8巻 Amazonで購入
  • 『ヒストリエ』第9巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]