このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『このマンガがすごい!comics 妖鬼妃伝 美内すずえセレクション 黒の書』(美内すずえ)ロングレビュー! 絶版だったあの問題作も収録!  少女たちに次々と襲いかかる怪奇現象に、鳥肌が止まらない……!

2017/08/21


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『このマンガがすごい!comics 妖鬼妃伝 美内すずえセレクション 黒の書』

youkihiden_s01

『このマンガがすごい!comics 妖鬼妃伝 美内すずえセレクション 黒の書』
美内すずえ 宝島社 ¥1,500+税
(2017年8月12日発売)


美内すずえといえばもちろん『ガラスの仮面』なのだけれど、その他の作品を顧みるたびに、この一作ですべてを語ることはできない大作家なのだと改めて思う。大長編にしていつまでもハラハラドキドキさせる『ガラスの仮面』を描き続ける美内は、デビュー当時からスケールの大きいドラマを生み出してきた稀代のエンターテインメント作家である。

本書は美内の得意とする怪奇マンガで「トラウマになった作品」との声が多い『妖鬼妃伝』『黒百合の系図』、そして長らく絶版で読むことができなかった問題作『ひばり鳴く朝』の3編を収録したアンソロジーだ。

『妖鬼妃伝』は「なかよし」に発表された作品だが、これを読んで「地下鉄」と「雛人形」が怖くなってしまった少女読者は少なからずいたのでは!?
発端は、女子中学生・つばさと友人がデパートで不気味な人形展に迷いこんだこと。友人はこのデパートで不慮の死を遂げ、その原因を探ろうとしたつばさはデパートと直結する地下鉄で、平安貴族の装束を身につけた人形たちに遭遇する。怨念じみた人形たちの表情は、夢に見そうな恐ろしさだ。

『妖鬼妃伝』。地下鉄のホームをそぞろ歩く平安貴族の装束をまとった人形たちを追跡したつばさ。秘密に近づくほどに、その身は危険にさらされていく。

『妖鬼妃伝』。地下鉄のホームをそぞろ歩く平安貴族の装束をまとった人形たちを追跡したつばさ。秘密に近づくほどに、その身は危険にさらされていく。


『黒百合の系図』は、主人公・安希子の母の死から始まる物語。庭に黒百合の花が咲いたときから母は不安をあらわにするようになっており……母の血筋に何か禍々しい因縁があるらしいと察した安希子は、母の生まれ故郷へ旅立つのだった。

単行本情報

  • 『このマンガがすごい!comics… Amazonで購入
  • 『ガラスの仮面』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ガラスの仮面』 第2巻 Amazonで購入
  • 『ガラスの仮面』 第3巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2