このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【特別描き下ろし】大ヒット中の映画『探偵はBARにいる3』の応援イラスト! 少女マンガ界のレジェンド・岩館真理子先生による北川景子が、息をのむほど美しすぎる……!!【リコメンド特集 第3弾】

2017/12/16


応援イラスト第3弾は、1970年代から現在まで、多くの少女たちをときめかせたあのベテラン漫画家さん!

現在、4年ぶりのシリーズ最新作である映画「探偵はBARにいる3」が絶賛公開中!
探偵役の大泉洋さん、相棒の高田役の松田龍平さんがふたたび冬の札幌を縦横無尽に駆けめぐる!
迫力のあるアクションシーンだけでなく、お2人の息のあったかけあいもさらにパワーアップ!

そして前回ご紹介した、いくえみ綾先生・小沢真理先生からの特別イラストに続き、今回ご紹介するのは『うちのママが言うことには』『1月にはChristmas』などの有名作品を手がけてきた、ベテラン漫画家の岩館真理子先生
前回の小沢先生と同じく、札幌出身である岩舘先生からは、『探偵はBARにいる3』でヒロインを務めた北川景子さんについての特別イラストをいただきました!

もちろん! 「このマンガがすごい!WEB」で初公開!

どこか影のある、はかなさと危うさをもちあわせている岬マリ役の北川景子さんは、スクリーンそのまま!
それにしても、実際の北川さんも十分お美しいですが、岩館先生による北川さんはまた、本当に美しいですね……!

そんな北川さん、本作では謎多き女である「マリ」として探偵や高田を「重大な事件」に巻きこんでしまいます! 美女にはめっぽう弱い探偵ですが、今回も、マリを好きになってしまうのか!? 
さらに、マリと探偵が夜の札幌でいいカンジになっちゃうとか、ならないとか……!?
これまでのお約束とは違って、今回こそはマジで、恋が成就しちゃう……のか!?

気になる続きは、ぜひ映画館でご覧ください!

「シリーズ最高傑作」との呼び声高い最新作、初日から大ヒットスタート!

冬の札幌・ススキノを舞台に、縦横無尽に駆け回る探偵と相棒・高田の活躍を描いた、東直己氏の「ススキノ探偵(ハヤカワ文庫) 」シリーズ。
多くのミステリーファンに愛され続け、累計発行部数160万部を超える本作は、2011年・2013年に「探偵はBARにいる」「探偵はBARにいる2」として映画化され、第35回日本アカデミー賞作品賞含む7部門を受賞した、国民的エンターテインメント映画です。

映画の日である12月1日の初日公開から、3日間で総動員が約16万7500人、興行収入が約2億770万円と、過去最高の好スタート発進! また、ぴあ映画初日満足度ランキング実写映画で1位と作品の評価も高く、シリーズ最高の大ヒットとなりそうです!

まだ映画を観ていないアナタにこっそり紹介!『探偵はBARにいる3』は、シリーズ最大の事件が訪れる!

すでに「シリーズ最高傑作」との呼び声高い本作ですが、ここで気になる点がひとつ。

『「探偵シリーズ」って、見たことないけれど、最初から見ないと内容がわからないのでは……?』

大丈夫!!! 初めて「探偵はBARにいる3」を見る方も、「探偵はBARにいる」からのファンの方も、どちらも楽しめる内容となっています!
そして気になるストーリーを、作中カットとともにご紹介!

【STORY】
「恋人の麗子(前田敦子)が失踪した」という、高田(松田龍平)の後輩からのありふれた依頼を、探偵(大泉洋)は安易に引き受けてしまう。早速調査に乗り出すと、同時期に発生した殺人事件との関連が浮上する。
さらに調査をすすめるうちに、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリ(北川景子)と出会い、かすかな既視感を覚える。

しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲撃され、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。
しだいに麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。
そんななか、マリ自らが探偵に接近し、「とある依頼」を託す。 

マリからの依頼を遂行するうちに、探偵はマリの秘密、そして本当の目的に気づく。そして高田に「お前は関わるな」と突然の別れを告げて……!?

【最高のコンビ】が、悲しくも激しい【最後の事件】により、【最大の危機】を迎えてしまう……。
2人の行方はいったいどうなるのか……!? 
「探偵はBARにいる」史上、もっとも切ない衝撃のクライマックスは、ぜひ映画館でたしかめてください!!
あ、そうそう、エンドロールが流れたからといって立ち上がってはダメ!! エンドロールの後も見逃せませんよ~~!

映画情報:『探偵はBARにいる3』

■上映情報
公開日:絶賛公開中

■配給:東映

■CAST
探偵:大泉洋
高田:松田龍平
岬マリ:北川景子
諏訪麗子:前田敦子
モンロー:鈴木砂羽
北城仁也:リリー・フランキー
松尾:田口トモロヲ
波留:志尊淳

■原作
東 直己「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)

■STAFF
脚本:古沢良太
監督:吉田照幸
音楽:池頼広

■公式サイト
www.tantei-bar.com/

■公式twitter
@tantei_bar

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]