このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『手紙物語』(鳥野しの) ロングレビュー! 伝えたい想いだからこそ、手紙でつむぐ……。

2015/01/14


tegamimonogatari_sy

『手紙物語』
鳥野しの 祥伝社 \680+税
(2014月11月15日発売)


メール(野暮なようだが、電子メールのこと)全盛な今だからこそ、よけいにこの“一通の手紙”をめぐる物語たちは、読んだ後どれも心の奥がギュッとなる。

『オハナホロホロ』の鳥野しのが贈る手紙がテーマの短編集。
手紙という共通点はあるものの、ファンタジー、謎解き、SFとジャンルも、そして、日本の昭和、現代、16世紀のイギリス、超未来の宇宙など、物語の舞台も様々。どんな時代、どんな設定でもしっかりと、どこかもの悲しく、でもほのぼのとあたたかい鳥野ワールドが展開されていて読みごたえがある。そして、作品に登場するどの子たちも、芯がしっかりしていてまっすぐ静かな目で微笑みながら立っていそうな清潔な感じがする。

レディ・エリザベス(のちのイングランド女王エリザベス1世)が、白き使者から受け取ったのは……予想外の誕生日プレゼント!?

レディ・エリザベス(のちのイングランド女王エリザベス1世)が、白き使者から受け取ったのは……予想外の誕生日プレゼント!?

なかでも、昭和十一年の日本を舞台にした「日雀(ひがら)」の盲目の少年・瀧彦とお人好しのお尋ね者・銀平との再会のシーンは、“父上からの手紙”を宝物に成長した瀧彦の「おかえりなさい」で、お互いが相手を思いやるあたたかさが、読み手の自分にもじんわりと伝わってくる。
「苺とアネモネ」のラストですっかりつづることを忘れているのに、受け取った手紙を見て涙するいちこにも納得したけれど、手紙は心情をも伝えるものなんだなぁと思える、しみじみといい話。

葉山つづるは周囲の人とずっと違和感があったその理由には大きな障害があるけど、いちこが大好きなことには、嘘はない。壮大な告白シーンは泣かせる。

葉山つづるは周囲の人とずっと違和感があったその理由には大きな障害があるけど、いちこが大好きなことには、嘘はない。壮大な告白シーンは泣かせる。

単行本情報

  • 『手紙物語』 Amazonで購入
  • 『オハナホロホロ』第1巻 Amazonで購入
  • 『オハナホロホロ』第6巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]