このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『おとむらいさん』(大谷紀子)ロングレビュー! 代表作が幽霊役の鳴かず飛ばずの地味女優 「葬儀屋」にジョブチェンジ?

2016/03/16


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『おとむらいさん』

『おとむらいさん』著者の大谷紀子先生から、コメントをいただきました!

著者:大谷紀子

題材的には葬儀社さんを扱っていますが、あくまでも主人公の音村さんの思考や生き方を中心に物語を描いていこうと思っています。と同時に、ご葬儀にまつわるあれやそれやも取り上げていきたいですね。
「死」を通して「生」を見つめる物語を、主人公といっしょにこの先、紡いでいく所存ですので、どうぞよろしくお願いします!


otomuraisan_s01

『おとむらいさん』第1巻
大谷紀子 講談社 ¥429+税
(2016年2月12日発売)


前作『すくってごらん』は金魚すくいがモチーフだった大谷紀子の次なるモチーフはお葬式!

今日も鈍器のようなもので頭を殴られて、“いい死にっぷり”を監督にほめられるものの、サチ薄系のすぐ死んじゃうチョイ役しかまわってこない売れない女優歴10年の音村(おとむら)いづみ。そんな彼女が、飛びこみで引き受けたのが司会のバイト。
しかし、会場に着いてビックリ、結婚式かと思いきや式は式でもお葬式だった!?

ええ、正統派の美人なんですよ。たいてい、すぐ殺されちゃうんですけど……。声も落ちついてていい感じなんですよ。でも、いつもすぐ殺(以下略)な、主人公の(売れない)女優・音村いづみ。

ええ、正統派の美人なんですよ。たいてい、すぐ殺されちゃうんですけど……。声も落ちついてていい感じなんですよ。でも、いつもすぐ殺(以下略)な、主人公の(売れない)女優・音村いづみ。

ぶっつけ本番で司会をすることになるいづみに、ケンカ売っとるんかぁああ!!!? なことをシレッと言う「華葬儀」の葬儀プランナーの産神清貴(うぶがみ・きよたか)。そんな彼に「オトムライさん」とあだ名までつけられ、いい気のしない、いづみだったが、人生初体験のご葬儀とそれをプランニングした産神の手腕に引きこまれる。

印象的な泣きボクロは「こいつの新人指導の鬼教官ぶりに新人が流した涙でできている」(by秋川社長)とまで言われる、妙にクールで謎の多い(まだ1巻だからね!)産神との出会いと葬儀にまつわる人々の人間模様にハマってしまい、女優業そっちのけで華葬儀のバイトに明け暮れる日々となったということまでがこの1巻。

っていうか、いづみ、そもそも来週どころか今月も来月も女優の仕事、スケジュール白紙だったしね……。

otomuraisan_colorre

単行本情報

  • 『おとむらいさん』第1巻 Amazonで購入
  • 『すくってごらん』第1巻 Amazonで購入
  • 『すくってごらん』第2巻 Amazonで購入
  • 『すくってごらん』第3巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]