このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』 実在する文豪たちがイケメンすぎる!? 豪華声優陣で贈る新感覚バトルアクションを放送前にチェック!!【あのアニ】

2016/04/07


「あの話題になっているアニメの原作を僕達はじつは知らない。」略して「あのアニ」。

アニメ、映画、ときには舞台、ミュージカル、展覧会……などなど、マンガだけでなく、様々なエンタメ作品を取り上げていく「このマンガがすごい!WEB」の新企画がスタート!
そう、これは「アニメを見ていると原作のマンガも読みたいような気もしてくるけれど、実際は手に取っていないアナタ」に贈る優しめのマンガガイドです。「このマンガがすごい!」ならではの視点で作品をレビュー! そしてもちろん、原作マンガやあわせて読みたいおすすめマンガ作品を紹介します!

今回紹介するのは、『文豪ストレイドッグス』

2016年春も千万無量、百花繚乱のアニメ作品が放映開始予定だが、なかでも最高レベルの期待を寄せられている大型気鋭作品が『文豪ストレイドッグス』だ。
2013年より「ヤングエース」にて連載中の原作は、コミックス1~9巻がすでに累計250万部突破。ノベライズやスピンオフ、コラボレーションイベントなどのメディアミックスとともにファンを増員しつづけ、2015年8月、アニメ化決定が発表されると人気はますますうなぎ登りだ。

4月6日からTOKYO MXを皮切りに、各局で放送開始を迎える本作は、すでに10月より第13話以降の放送も決定済み。それどころか、6月24日にはDVD/BR第一巻の発売、9月18日に公式イベントの開催も決定しているというのだから、制作陣の気合いの入り方も、ファンの注目度の高さも、推して知るべしである!

BSmain

まだ放映開始前ということで、まずは原作のおさらいを。
本作は異能力をもった文豪キャラクターたちが戦いを繰り広げるバトルアクション作品だ。男女双方から広く支持される理由は様々だが、まず明治~昭和期の実在の文豪たちが、スタイリッシュにキャラクター化されていることが大きな魅力だ。
自殺嗜癖(マニア)の太宰治、杓子定規な眼鏡男子・国木田独歩、世間知らずの名探偵・江戸川乱歩、常に妹に振り回される谷崎潤一郎……といったクセのある人物設定は、文豪のリアルエピソードがモチーフになっている。
また、彼らはそれぞれ文豪の作品にインスパイアされた異能力をもっており、その能力を駆使し、あるときは能力に苦しめられながら、荒事専門「武装探偵社」での探偵業を遂行していく。もちろん、彼らの暗黒面「ポートマフィア」の文豪にも注目だ。

本作の主人公・中島敦。まだ明かされていない彼の能力がなんなのかも気になるところ。

本作の主人公・中島敦。まだ明かされていない彼の能力がなんなのかも気になるところ。

原作において、彼らの会話には文語や旧仮名遣い、カタカナ語への漢字の当て字などが多用され、そこから醸し出されるノスタルジックな雰囲気も、読者を惹きつける要因のひとつだ。
現代の横浜を舞台としながらも、そのようなレトロモダンが入り交じる典雅美麗の世界観。そこに散りばめられた文豪や文学作品にまつわるウィットやパロディ。多様性に富んだ美男美女のキャラクターに、センスのよいユーモアを交えて小気味よく進行するストーリー。これらのピースが結集した『文豪ストレイドッグス』のアニメ化作品は、生粋の文学少年少女から、文学はあまりくわしくないという人まで、幅広く楽しませてくれること請けあい!

さて、このたび、この新感覚バトルアクションのアニメ制作を担うのは、斬新でスタイリッシュな映像・演出やエンタメ作品制作に定評のあるボンズだ。
監督を五十嵐卓哉、シリーズ構成・脚本を榎戸洋司と、『桜蘭高校ホスト部』『スタードライバー 輝きのタクト』などでもコンビを組んできた2人が担当するとあって、すでに第2弾が流れているPVを見るだけでも、映像美とクオリティの高さが伝わってきて心が躍る。そしてもちろん本編では、先述の美しい世界観や、異能力が激しくぶつかりあうバトルシーン、文豪たちの織りなすニヒルな笑いなどを、原作とはひと味異なる演出で、必ずや魅せてくれるに違いない。

さらに、メインキャストには、上村祐翔(中島敦)、宮野真守(太宰治)、細谷佳正(国木田独歩)・神谷浩史(江戸川乱歩)・豊永利行(谷崎潤一郎)など今をときめく実力派声優陣が布陣。この激しくも品が求められる文豪達の物語を盛り立てること間違いなしだ!

放映開始まですでにカウントダウン状態。『文豪ストレイドッグス』が、今期注目度No.1から、今期人気作No.1になるのを、ともにその目でたしかめよう!


『文豪ストレイドッグス』のアニメを観たあとは……

何を隠そう、「このマンガがすごい!WEB」は、マンガの情報サイト! そんなわけで、アニメ『文豪ストレイドッグス』を心待ちにしているアナタに、読んでほしいマンガを紹介しちゃいますよっ。

『文豪ストレイドッグス』朝霧カフカ(作) 春河35(画)

bungou_s1

『文豪ストレイドッグス』第1巻
朝霧カフカ(作) 春河35(画) KADOKAWA ¥580+税
(2013年4月3日発売)

孤児院を追い出され、餓死寸前の中島敦は、川で入水自殺しようとしていた太宰治を助けることに。そこに太宰の同僚・国木田独歩が現れ、二人が荒事専門の特殊能力集団「武装探偵社」の社員だと知る。
彼らが町を荒らす虎捜しの最中だと伝えると、中島はその虎は自分を狙っているのだと怯え始め……。一食の恩から捜査に関わることになった敦は、紆余曲折を経て探偵社の一員に。以後、社長・福沢諭吉率いる探偵社の個性あふれる異能力者たちと、数々の事件を捜査していくことになる。

やがて「武装探偵社」は、街の暗部を仕切る「ポートマフィア」と敵対し、戦いを繰り広げることに。そして謎と波乱の中、さらに大きな組織とのぶつかり合いに巻きこまれていくのだが……。
最新第9巻に至るまで、国内外の文豪が続々登場し、けっして飽きさせない本作。いろいろな見方、読み方、楽しみ方ができる作品だが、初めて手に取る人は、まず主人公・中島敦の成長物語として読んでみるのも、ひとつの手かもしれない。

『文豪ストレイドッグス』の「きょうのマンガ」での紹介はコチラから!


『明治東亰恋伽 朧ノ刻の戯曲』
陽向ひより(画)ドワンゴ/魚住ユキコ(原案・監修)かる(キャラクターデザイン)

meikoi_s

『明治東亰恋伽 朧ノ刻の戯曲』
陽向ひより(画)ドワンゴ/魚住ユキコ(原案・監修)かる(キャラクターデザイン)
kADOKAWA ¥400+税
(2013年1月23日発売)

原作は、大人気乙女向けゲーム。
女子高生・綾月芽衣は、ある日突然明治時代へとタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、泉鏡花や川上音二郎、さらには森鴎外、菱田春草、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物で!?

2015年に劇場アニメも上映され、多くの女性ファンを魅了した本作。歴史上の偉人がたくさん登場する点、豪華声優陣など、『文豪ストレイドッグス』との共通点も。
本作は、ヒロインと泉鏡花メインのお話なのだが、なんといっても泉鏡花のツンデレ具合が、とってもいとおしい。「このグズが!」といった冷たい言葉ですら、「鏡花ちゃんかわいい!」と脳内で萌えに変換できちゃうくらい。
あとウサギ好きで、ウサギグッズに目がないのもかわいい。本作を読んでキャラクターや世界観が気に入ったら、ぜひ原作ゲームもプレイしてみてほしい。


『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』ドリヤス工場

YUMEIsugiruBUNGAKUsakuhinwo_s

『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』
ドリヤス工場 リイド社 ¥850+税
(2015年9月11日発売)

中島敦『山月記』、太宰治『人間失格』、芥川龍之介『羅生門』、樋口一葉『たけくらべ』、泉鏡花『高野聖』など、一度は耳にしたことはある超有名文学作品。
でも、文章も堅そうだし、長いし、難しそうだし、読むのたいへんそう……と敬遠している方にこそおすすめしたい!
本作は、そんな有名すぎる文学作品の内容を、たった10ページ前後のマンガの形で楽しく読ませてくれるのだ。それも水木しげるふうのタッチで!

本作を読んでなんとな~く文学作品を読んだ気になって友だちに知ったかをかますのもよし。文学の魅力に気づき、文学少年、もしくは文学少女になるのもよし。
さあ、文学の扉を開いてみよう!

日刊マンガガイドでの紹介はコチラから!

アニメ情報:文豪ストレイドッグス

■放送情報
TOKYO MXなどにて
2016年4月6日25時05分より毎週水曜日放送スタート

■原作
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35(「ヤングエース」連載)

■CAST
中島敦:上村祐翔
太宰治:宮野真守
国木田独歩:細谷佳正
江戸川乱歩:神谷浩史
谷崎潤一郎:豊永利行
宮沢賢治:花倉洸幸
与謝野晶子:嶋村侑
谷崎ナオミ:小見川千明
福沢諭吉:小山力也
芥川龍之介:小野賢章
中原中也:谷山紀章
梶井基次郎:羽多野渉
樋口一葉:瀬戸麻沙美
泉鏡花:諸星すみれ

■STAFF
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:新井伸浩
アニメーション制作:ボンズ
製作:文豪ストレイドッグス製作委員会

■主題歌
オープニングアーティスト:GRANRODEO
エンディングアーティスト:ラックライフ

■公式サイト
http://bungo-stray-dogs.jp/

■公式twitter
@bungosd_anime



<文・東京03製作 藤咲茂>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『文豪ストレイドッグス』第1巻 Amazonで購入
  • 『明治東亰恋伽 朧ノ刻の戯曲』 Amazonで購入
  • 『有名すぎる文学作品をだいた… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]