このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

3月7日はサウナの日 『フィンランド・サガ(性)』を読もう! 【きょうのマンガ】

2015/03/07


FinlandSaga_s01

『フィンランド・サガ(性)』第1巻
吉田貴司 講談社 \533+税


「きょうのマンガ」ではすっかりおなじみの語呂あわせ記念日。3月7日はサウナの日である。

「サ(3)」+「ナ(7)」。「ウの存在は無視かよ……」と思わなくもないが、とにもかくにも、この日は公益社団法人「日本サウナ・スパ協会」あげてのお祭りデーであり、あちこちで趣向をこらしたイベントがおこなわれる。
昨年は“37歳の人は無料招待”なんてお店もあったようなので、37歳の御仁は要チェックですよ!

サウナとは、いわずと知れたフィンランド発祥の蒸し風呂のこと。このサウナをモチーフにした日本初のマンガが『フィンランド・サガ(性)』である。
主人公は日本のプロサウナチャンピオンを自称する謎の中年男・本庄条一郎。常に汗だくでうなだれている本庄は、健康ランドはもちろん、特撮番組のオーディション会場、バッティングセンター、結婚式、コンビニ、学校……、あらゆる場所に出没し、市井の人々にこう問いかける。
「君は何に耐えている?」

ペーソスあふれるオムニバス形式だった1巻から一転、2巻ではサウナのアナザーフェイスが牙をむくバトル展開に。
そして最終巻の3巻では、胸を刺すような青春群像劇へとめまぐるしくうつり変わる。

ただし、本庄は一貫して能動的にアクションをおこすことはない。ただ、ひたすら高温のサウナで耐えに耐え続ける。
その姿を見せつけることで、失い続けるばかりの人生に、うんざりしている人たちに何かを喚起させ、学ばせてくれるのだ。

本庄から繰り出される数々の至言を噛みしめながら、たまにはサウナでゆったりと蒸されてみてはいかがだろうか。
喜・怒・哀・楽・耐。ああ、素晴らしき哉、人生よ!



<文・奈良崎コロスケ>
68年生まれ。マンガ、映画、バクチの3本立てで糊口をしのぐライター。中野ブロードウェイの真横に在住する中央線サブカル糞中年。4月4日公開・松尾スズキ監督『ジヌよさらば~かむろば村へ~』の劇場用プログラムに参加します。
「ドキュメント毎日くん」

単行本情報

  • 『フィンランド・サガ(性)』… Amazonで購入
  • 『フィンランド・サガ(性)』… Amazonで購入
  • 『フィンランド・サガ(性)』… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]