このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 第10巻 増田俊也(作) 原田久仁信(画) 【日刊マンガガイド】

2016/11/09


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』


KIMURA_s10

『KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 第10巻
増田俊也(作) 原田久仁信(画) 双葉社 ¥680+税
(2016年10月21日発売)


史上最強と称される柔道家・木村政彦の人生を描いた増田俊也による『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』を、『男の星座』『プロレススーパースター列伝』などでおなじみの原田久仁信がコミックス化した本作も、めでたく第10巻が刊行だ。

プロ柔道を設立した師匠・牛島辰熊と袂を分かち、海外へと渡ってプロレスの興行に参加した木村政彦は、ブラジルにてエリオ・グレイシーと対戦をすることに。
当時のエリオは、現在でもその名が知られるブラジリアン柔術を得意とし、約20年無敗という記録を持っていた。そんなエリオに対して「鬼の木村」が挑むのだから、これが名勝負にならないはずがない。

結果はぜひ本編を読んでいただきたいが、増田俊也の緻密な取材と原田久仁信の劇画力により、すばらしい試合に仕上がっていることだけはたしかである。

そして、本巻で描かれた対エリオ戦のあとには、木村の運命を決定的に変えてしまった「昭和の巌流島」こと力道山との試合が控えている。
原田久仁信によって、悲劇的な木村の後半生がどのように描かれるのか……最後まで目が離せない作品だ。



<文・山田幸彦>
91年生、富野由悠季と映画と暴力的な洋ゲーをこよなく愛するライター。怪獣からガンダムまで、節操なく書かせていただいております。
Twitter:@gakuton

単行本情報

  • 『KIMURA ~木村政彦はなぜ力… Amazonで購入
  • 『KIMURA ~木村政彦はなぜ力… Amazonで購入
  • 『講談社漫画文庫 プロレスス… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]