このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『シンガポールのオタク漫画家、日本をめざす』 フー・スウィ・チン 【日刊マンガガイド】

2016/11/22


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『シンガポールのオタク漫画家、日本をめざす』


singaporenootakumangakanihonwomezasu_s

『シンガポールのオタク漫画家、日本をめざす』
フー・スウィ・チン KADOKAWA ¥1,000+税
(2016年9月22日発売)


シンガポール共和国にて、日本のマンガに耽溺しながら成長した著者が、日本で漫画家デビューをめざすコミックエッセイだ。

日本と同じアジア圏なのに、知っているようで意外と知らない国・シンガポール(せいぜい、マーライオンくらいか?)。著者が描き出す母国について、受ける印象はざっくりと「合理主義の国」。
ビニール袋で汁ものを売り、多言語が混在する「シングリッシュ」で日常会話をしているそうだ。

そんな著者は日本大好き。
マンガを通して見たイメージから「パンをくわえて走る高校生」を探したり、「買い物袋からはみ出すネギ」を再現したり、などのエピソードも笑える。
さらに日本の好きなところも描かれ、読む側には魅力再発見、というところだ。異文化に接して湧きあがる独特の空想も、日本人がすでに失った純粋さがあり、かわいらしい。

ただ、日本まで来るからには、オープンな性格かと思いきや、著者は基本「引きこもり」だそう。
コミュニケーションの苦手ぶりと、それゆえマンガのキャラが心の支えだった思い出は、国境を軽く飛び越えて共感を誘う。

著者はすでにシンガポールでは会社でデザイナーとして仕事につき、セリーナ・バレンチノ原作のオルタナティヴ・コミック「Nightmares & Fairy Tales」に参加するなど実績もある。
それでも、いざ日本の出版社に持ちこみをしてみれば、厳しいダメ出しの嵐が……。
マンガとともに人生を歩んできた彼女にとっては過酷すぎる「まんが道」だった。
そこからの復活に、泣ける。

「夢はきっとかなう」。
陳腐かもしれないが、やはりマンガには欠かせない永遠のテーマだ。
報われる瞬間を、ぜひ見届けてほしい。



<文・和智永 妙>
「このマンガがすごい!」本誌やほかWEB記事などを手がけるライター、たまに編集ですが、しばらくは地方創生に関わる家族に従い、伊豆修善寺での男児育てに時間を割いております。

単行本情報

  • 『シンガポールのオタク漫画家… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2