このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】藤田和日郎『双亡亭壊すべし』 そのタイトル変えるべし!? 初期タイトル案『あの家を壊せ』が、『双亡亭壊すべし』になるまで!!

2017/04/24


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは、藤田和日郎先生!

入った者を憑り殺す謎の屋敷「双亡亭」の脅威と謎、そして「双亡亭壊すべし」という言葉のもとに集った破壊者たちの冒険を描く、戦慄のスペクタクル・モダン・ホラー『双亡亭壊すべし』!!

描くのは、『このマンガがすごい!2016』オトコ編第3位の『黒博物館 ゴースト アンド レディ』、そして、『うしおととら』、『からくりサーカス』、『月光条例』など数々の名作を生み出した、藤田和日郎先生です!
叫ぶ声も失う恐怖の画、藤田作品おなじみの練りに練られたストーリー、そしてアツいキャラクターたちが連載開始から話題を集め、『このマンガがすごい!2017』オトコ編15位に見事ランクイン!

著者:藤田和日郎

1988年デビュー。北海道出身。代表作『うしおととら』『からくりサーカス』『月光条例』など(すべて小学館)。熱い少年マンガを多数執筆している。『からくりサーカス』以降は、「ビッグコミックスピリッツ」「モーニング」など青年誌でも『黒博物館 ゴースト アンド レディ』をはじめ、作品を発表。
「週刊少年サンデー」誌上にて、『双亡亭壊すべし』を絶賛連載中。

twitter:@Ufujitakazuhiro

今回は、2年連続のランクイン、そして第4巻も発売され絶好調の藤田先生にインタビューを敢行!
『このマンガがすごい!2016』のインタビュー時には、「『このマンガがすごい!』は不愉快!」とのセリフが飛び出しましたが、今回ははたして……!?

『このマンガがすごい!』ランクイン! 今年の先生のお言葉は!?
そして、『双亡亭壊すべし』のタイトルが決まるまで

――『このマンガがすごい! 2017』オトコ編で『双亡亭壊すべし』がランクインしました。おめでとうございます!

藤田 ……だからさぁ、俺は『このマンガがすごい!』とは距離を置きたいんですって!

――先生、そうおっしゃらずに!

藤田 同業者はみんな「俺のマンガがいちばんおもしろい」と思って描いているわけだからさァ、『このマンガがすごい!』に載るマンガに対しては「ふーん、でも俺のほうがすごいよ」って思うんですよ。そういうわけで、キミらとは距離を取っておきたいんですよ!

今年もいただいてしまいました、『このマンガがすごい!』への藤田先生の辛口コメント!

今年もいただいてしまいました、『このマンガがすごい!』への藤田先生の辛口コメント!

──でも先生、2年連続で、それも異なる作品でランクインすることは非常に珍しいことなんです。

藤田 まぁ、ほめてもらえるのはうれしいんですけど……。この1、2年は読みましたよ。自分がランクインしましたからね(笑)。

──あ、ありがとうございます。

藤田 キミらも「このマンガがすごい!」と謳う以上は、「すごくないマンガ」も知っているわけでしょ?

──いや、そんな!

藤田 いいんですよ、俺も家族から「つまらないマンガの文句をいっている時は活き活きしているね」とかいわれたりするんです。

──(笑)。

藤田 マンガに関するおしゃべりや文章は、それも楽しい娯楽ですからね。洋楽をジャケ買いすることもあるんですけど、こ〜んなに買ってきても当たりは1枚だけ、なんてこともあるんですよ。それだったら最初から洋楽雑誌を読んで調べてから買いにいけばいいのに、ってこともありますから、ガイドブックとしての意味はすごくあると思うんですよ。「これおもしろい」と思ったら、その横のコラムも気になるしね。

──そこまで読んでいただけて恐縮です。

藤田 『このマンガがすごい!』のことを気に入らないといった以上は、自分のポジションをいっておかないとね。でもさぁ、俺みたいにベラベラしゃべるマンガ家はかっこ悪いですよね?

──そんなことないですよ。自分ひとりで集中して描くタイプの方も多いですけど、週刊連載の長いベテラン作家さんほど、饒舌というかエネルギッシュな方が多いですよ。

藤田 たしかに週刊連載となると、編集さんと毎週打ち合わせをしながらやっていくわけだから、コミュニケーションが大事なんです。

──アシスタントさんたちへの指示も明確にする必要もありますよね。

藤田 そうですね、全部対話からもらうんです。つねに新しいものを取り入れて、それを自分のなかにあるものと混ぜ合わせることによってエネルギーに変えていくものなので、心を閉じていたら飽きがきちゃうんです。それでね、相手からより多くを語ってもらうためには、話しやすいポジションに自分を置かないといけないんです。

──偏屈だと話しかけづらいですもんね。

藤田 そう、威張ったりしたくないんです。たとえば絵柄にしても、変になったかどうかなんて、自分では気づきませんからね。

──そういうもんですか?

藤田 そうですよぉ〜! 「俺はこれでいいんだ!」って自分の心を閉じていたら、アシスタントさんたちも指摘しづらい。だから俺は「何かおかしいところあったら教えて」とか「どこかおかしかった?」と聞きます。そういう感じがないと、周囲から何かをいってもらうことができませんから。

──自分のことは気づきにくいものですか?

藤田 自分のことはもちろん、自分の作品もそうですよ。イレこんじゃったら、わからなくなる。「なるべく読者にわかりやすいように」ってのは大前提じゃないですか。自分でも注意しているはずなのに、突っ走っちゃうことがある。自分の頭のなかでわかっているだけに、ネームで説明をスッ飛ばしちゃうこともある。あとから「あれ、いってなかったっけ?」となる。危険ですよね。

──その「わかりやすさ」の点では、今回の『双亡亭壊すべし』は、非常にわかりやすいタイトルですよね。

藤田 そうでしょう?

──前回、藤田先生に『ゴースト アンド レディ』でお話をうかがった際には、「タイトルは戦略である」というお話をされていました。その時にはまだ今作のタイトルは発表されていませんでしたが、そのあとで『双亡亭壊すべし』のタイトルが発表されて「なるほど!」と思いました。

作中でも幾度となく登場する「双亡亭壊すべし」という言葉。物語の目的、方向が詰まったタイトルなのだ。

作中でも幾度となく登場する「双亡亭壊すべし」という言葉。物語の目的、方向が詰まったタイトルなのだ。

藤田 「なるほど」でしょ?(笑)
「戦略」という言葉を使うと冷たい感じがするかもしれないけど、読者に好いてもらうための第一歩、わかりやすさのための第一歩として考えた場合、「タイトルは戦略」というい言い方にはすごく納得がいきます。読者はまずタイトルを見て「おもしろいのかな?」とか「わかりやすいのかな?」とか、その作品が自分にどれだけのものを与えてくれるのかを推しはかるもんです。だからね、俺はわかりにくいタイトルは好きじゃないんですよ。俺は“わかりやすい人間”ですから。

──「双亡亭」がどういうものかはわからないが、とりあえずコレを壊す話なんだろうな、ということがわかります。

藤田 そうです、そうです。野球マンガで「甲子園優勝」というタイトルをつけるようなもんですよ(笑)。でもね、最初は別のタイトル案だったんですよ。

──といいますと?

藤田 最初は『あの家を壊せ』だったんです。

門外不出の先生のノート! そこにはたしかに古いタイトルの面影が……!

門外不出の先生の製作ノート! そこにはたしかに古いタイトルの面影が……!

──『あの家を壊せ』。

藤田 そうしたら「週刊少年サンデー」の編集長から直々にFAXをもらいまして、「もうすこしカッコいいタイトルにしてもらえないかな」みたいなことをいわれちゃったんです。それで代案をいくつか挙げてくれて、そのなかに『双亡亭滅ぶべし』というのがあったんです。そこからまた少し変えて、最終的に『双亡亭壊すべし』になったんですよ。

──いいタイトルですよね。

藤田 おかげさまで読者からも「カッコいい」とか「口に出していってみたい」なんて、ずいぶんほめられました。これはもう編集長に感謝してます。ありがたいですよねぇ、「口のなかで転がしてみたい単語」というのは、タイトルをつくる時にいちばん目指したいところですから。『あの家を壊せ』だったら、やっぱり地味ですよね?

──いや、悪くはないと思いますよ。手塚先生の短編にありそうじゃないですか。

藤田 いまおっしゃったことは興味深い。つまりね、物語を長く引っ張っていくには、タイトルにもエネルギーが必要なんです。『あの家を壊せ』だと短編なんですよね。それを今回は、編集長にいわれて『双亡亭壊すべし』にしましたけど、そこで初めてエネルギーが入ったような気がします。「双亡亭」という固有名詞が入ったことにより、そこに向けて集中線が入った感じ。『あの家を壊せ』だと「どの家よ?」となるけど、『双亡亭壊すべし』だと「双亡亭を壊すんだな」とわかりやすくなりました。

──「双亡亭」って、雰囲気のある名前ですもんね。

藤田 「あの家」のままだったら、洋風だったり和風だったり、いろいろ想像しちゃいますけど、「双亡亭」といえば昔からありそうな感じがしますよね。タイトルが決まったところから、さらに加速したような気がします。それにタイトルって、作家にも跳ね返ってくるものですから。

──跳ね返る、とは?

藤田 「じゃあ『双亡亭』ってどんな場所だよ」とか「『壊すべし』というからには簡単には壊せないんだろうな」と考えると、「いっぱい謎があるはずだぞ」とか「おいそれとは壊せないぞ」と、自分を酔わせることができるんです。

──「壊すべし」というからには「壊したらお終い」ですか?

藤田 それも作家的には気持ちのいい考えですよね。『からくりサーカス』なんて、「どこに行くんだろうコレ」みたいな感じで、うにゃうにゃやってしまいましたから。自分のなかでゴールを決めたという時点で、自分のなかではイイ感じがしますね。

「双亡亭」にはモデルが……? その名は「二笑亭」

――今作は「双亡亭」という「幽霊屋敷(おばけやしき)」が舞台となります。これはどこから着想を得たのでしょうか?

藤田 最初は絵をメインにした話を考えていたんです。

――屋敷ではなく絵ですか?

藤田 そう、最初は絵がメイン。うちの元アシスタントに、絵を描いている奴がいるんですよ。「はこたゆうじ」というんですが、個展を開いたり、自費出版で画集も出したりしてるんです。

──コミックス1巻の表3(カバー背表紙の折り返し部分)に、作中に出てくるネコははこたさんが描いたものであると書かれてますね。

藤田 彼の描く絵がおもしろくて、その絵とコラボレーションというか、自分のマンガと融合させてホラーっぽい話を描きたいな、と思ったのがそもそもの始まりなんです。

はこたさんのねこの絵がこちら。主人公・凧葉の絵として作中に登場。

はこたさんのねこの絵がこちら。主人公・凧葉の絵として作中に登場。

──絵と戦う、みたいな?

藤田 そういうことです。それでいろいろと調べ物をするんですけど、ちょうどアウトサイダー・アートに興味があったんですね。アウトサイダー・アートというのは、専門の教育を受けたことのない人の制作した作品のことで、たとえば障害を持つ方であったり、精神的に不安定な方のアートなどが代表的なものとされています。アメリカのヘンリー・ダーガーという作家が有名です。

──ヘンリー・ダーガーはドキュメンタリー映画(『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』2004年公開)にもなりました。

藤田 そうしたアウトサイダー・アートを調べていくうちに、絵画だけでなく建築物もあることを知ったんです。こっちは美術について調べていたのに、いきなり建築なんてことが出てくるから「え、何それ知らないよ?」と興味を持つじゃないですか。やっぱり本は読むべきだなぁ、と思いましたね。その時にはじめて「二笑亭」を知ったんです。

──二笑亭!

藤田 これは昭和初期に東京の旧深川(現在の門前仲町)に実在した邸宅らしいです。それについて書かれた『二笑亭奇譚』という本を手に入れまして、それを読むと、とにかく不思議な家なんですよね。奥行きが浅くて何も入れられないような押し入れとか、洋風と和風の風呂を並べてつくっておいて洗い場がないとか、全部の戸棚が斜めになっているとか。『双亡亭壊すべし』の作中でも説明してますけど、トマソン(第2巻第15回「双亡亭」)で満たされた物件なんです。ちょっと変わった人のつくった屋敷についての記述を読んでいたら、こういうところを舞台にしたらおもしろいだろうなぁ、と。

作中で登場する「奥行き50センチに満たない使えない部屋」。 たしかに「二笑亭」の意味のない構造に似ている!

作中で登場する「奥行き50センチに満たない使えない部屋」。
たしかに「二笑亭」の意味のない構造に似ている!

──なるほど。「双亡亭」のモデルは「二笑亭」でしたか!

藤田 海外だとウインチェスター・ハウスなんかが、よく引き合いに出されますね。

──「二笑亭」は水木しげる先生が小学館「ビッグゴールド」で短編を描いてました(『東西奇ッ怪紳士録』に収録)。

藤田 そうそう、水木先生が描くと、面妖な感じになるなぁ、って思いますよね! さきほど「最初は絵をメインにした話」といいましたけど、絵をホラーの題材として扱う場合、その絵を飾る壁も重要になってくるんです。「絵とアクションする話」だと、額のまわりの風景も大事なんですよ。絵は建物のなかにあって、その建物自体は不思議な状態なんだろうな、という形が思い浮かんだわけです。

──「二笑亭のなかで、絵を相手にアクション・ホラー」と。

藤田 それでね、これはあちこちで話していることなんですけど、こういう幽霊屋敷モノで俺がいちばん好きなのは映画『ヘルハウス』なんです。原作はリチャード・マシスンが1970年代に書いたホラー小説なんですけど。

──マシスンは『地球最後の男』とか『縮みゆく人間』とか、映像化されまくってますよね。

藤田 やっぱりね、設定がうまいんですよ。人をぞくぞくさせるんです。幽霊屋敷モノはマシスン以外にも読みまくりましたよ。

──街中に幽霊屋敷がある、という設定に、藤田先生はロマンを感じていたりします?

藤田 そうかもしれません。俺の仕事場の周辺が、わりとそういう土地柄なんです。

──そうなんですか?

藤田 この西池袋界隈は、戦前から終戦直後くらいまでは芸術家が多く住んでいたり、アトリエを構えていたんです。それで「池袋モンパルナス」と呼ばれていたそうなんですけど、まだそれを知らなかったころ、この付近を散歩している時にいろいろと不思議な思いをしたんですよ。一般の民家なのに窓が開いていると石膏像が立ち並んでいたり、天井が講堂のようになっている家に出くわしたりしたんです。「以前、芸術家が住んでいたからその名残だよ」と教えられれば「なるほどな」と納得するんですけど、何も知らずに遭遇した時に「いったいどういう人が住んでいるんだろう?」とか「何に使っていたんだろうか?」と、頭のなかにワーッといろいろな想像が湧き起こってくる感じが、すごく好きなんです。

──なるほど。それで「双亡亭」は池袋にあるんですね。

藤田 西池袋の「池袋モンパルナス」界隈よりは、もう少し石神井川に近い場所を想定していますけどね。まぁ、だいたい俺の仕事場の近くですよ。いま作中では、爆弾が落ちて焼け野原になっちゃってますけど(笑)。

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2