このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【実写映画公開記念】幸田もも子『ヒロイン失格』インタビュー 主演・桐谷美玲の変顔クオリティが高すぎる!?

2015/09/19


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは幸田もも子先生!

9月19日(土)より実写映画が公開される学園ラブコメディ『ヒロイン失格』。
主人公は、幼なじみ・利太に10年もの片想いをしている女子高生・はとり。自分は利太のヒロインだと思い込んでいるはとりをよそに、利太は地味な女子・安達とつきあってしまう。利太をとられて発狂するはとりに、女子にモテモテのイケメン・弘光が興味を持って……三角関係に突入!?

本作は、ヒロイン・はとりの変顔や、はとりの片想い相手・利太よりも胸きゅんシーンが多い“2番手男子”弘光が、多くの女子の心を掴んでいることでも大人気!
ということで今回は、実写映画の公開を記念して、原作者・幸田もも子先生に、実写映画の感想や『ヒロイン失格』製作秘話はもちろん、はとりの変顔、幸田先生の推しメンでもある弘光について、たっぷりお話しいただきました!

原作者:幸田もも子

東京都生まれ。2002年に「たまごやき」でデビュー。2010年に「別冊マーガレット」にて『ヒロイン失格』が連載スタート。2015年9月19日(土)から、同作の実写映画が公開される。
現在は同誌で『センセイ君主』を連載中。(既刊7巻)

オフィシャルブログ:「幸田日和」
Twitter:@momokokouda

映画:『ヒロイン失格』

9月19日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース 映画
監督:英 勉
キャスト:桐谷美玲(松崎はとり役)、山﨑賢人(寺坂利太役)、坂口健太郎(弘光康祐役)、福田彩乃(中島杏子役)、我妻三輪子(安達未帆役)など

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/heroine-shikkaku/
公式Twitter:@heroine_movie
公式instagram:Heroine_shikkaku

主演・桐谷美玲さん渾身の変顔に女優魂を見た!!

――映画『ヒロイン失格』、想像を超えるおもしろさでした! 幸田先生は、ご覧になっていかがでしたか?

幸田 ホントに笑いましたし、泣きましたし。でもキュンキュンもするし……映画のキャッチコピーそのまんまです。2回見たんですけど、2回目でもやっぱり笑っちゃいました。俳優さんたちがみんなキャラクターをとてもよく理解してくれて、ありがたいです。

――映画化の話がきたときはどんなお気持ちでした?

幸田 信じられない、のひと言です。話が進んでいく間も、途中で頓挫して流れるかもしれないから、喜びすぎないようにしてました。キャストさんが決定したとき、ようやくああホントに映画になるんだって。

――どれだけ疑り深いんですか(笑)。ところで、『ヒロイン失格』第10巻の最終話に「今春ロードショー ヒロイン失格」という看板が出てきますよね。このときにはもう映画化の話が出ていたんですか?

幸田 いえ、まったくなかったです。

第10巻のとき、すでに幸田先生と桐谷美玲さんは赤い糸で結ばれていた!?

第10巻のとき、すでに幸田先生と桐谷美玲さんは赤い糸で結ばれていた!?

――えっ? 女の子たちの会話にも「桐谷美鈴」とそれっぽい名前が出てくるし……最近読み直して、この頃から決まっていたのかと思ってたんですよ。

幸田 連載中、友だちや読者さんから「桐谷美玲さんが雑誌とかで『ヒロイン失格』が好きって言ってる」と教えてくれて、びっくりしたんです。そもそもこの作品を描き始めたとき、私は桐谷美玲さんをはとりのイメージビジュアルに想定してたので……。でも、私はこのことをだれにも言っていなかったので、すごく驚いたしうれしくて。それで、「私の想い、桐谷さんに伝われ!」と思ってこれを描いたんです。そしたら、桐谷さんがさっそくブログで「桐谷美鈴って私かな」と書いてくれて。あ、伝わったと。これでもうホントに満足だったんです。

――相思相愛、運命の恋愛みたいな話ですね。

幸田 それが、まさかホントに映画化して、しかも桐谷さんが主演を務めてくださることになるなんて。初めて会ったとき、泣きそうになりました。

――原作マンガには、主人公・はとりの変顔がたくさん登場しますよね。それもけっこうすごい顔というか……マンガとしては人気ポイントとはいえ、なかなか実写では難しいと思ったのですが……。桐谷さんは原作の大ファンゆえ、変顔もやり切る、とはりきって撮影に臨まれたそうですね。

幸田 あんなかわいい方がどうやって演じてくださるんだろうと思いましたが。撮影におじゃまさせていただいたとき、台本の後ろに変顔の絵が描いてあって。「先生、この顔ってどうやってやったらいいんですか?」って聞かれて、実演しました(笑)。でも桐谷さんが「ここまではできるんですけどね」ってやってみせてくれた変顔のクオリティが、すでにすごく高くて。それだけでも、もう充分だったんですけどね。

――完璧を求める女優魂、そして原作への愛情があふれるエピソードですね。変顔ってテクニックいりますよね。ただブサイクな顔じゃなく、おもしろくないといけない。

幸田 日々研究してますよ。写メで撮ってみて、これはおもしろくないからボツ、とか……。一時、壁を感じたこともありましたね。私はもうこれ以上の変顔はできないかもしれない、どの顔もありきたりだとか……いったいどこを目指してるんだか(笑)。

koudamomoko01_ph002a
『ヒロイン失格』といえば、随所に登場する主人公・はとりの変顔も魅力のひとつ。この顔を桐谷美玲さんが再現するなんて、観ないわけにはいかないでしょ! それにしてもすごい顔……。

『ヒロイン失格』といえば、随所に登場する主人公・はとりの変顔も魅力のひとつ。この顔を桐谷美玲さんが再現するなんて、観ないわけにはいかないでしょ! それにしてもすごい顔……。


単行本情報

  • 『ヒロイン失格』第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第2巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第3巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第4巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第5巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第6巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第7巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第8巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第9巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第10巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格 映画ノベライ… Amazonで購入
  • 『映画ノベライズ ヒロイン失… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]