このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】『中間管理録トネガワ』【祝!『このマンガがすごい!2017』オトコ編1位!!】 天下をとった悪魔的スピンオフ作品は、福本先生の圧倒的な〝チェックなし〟から生まれた‥‥っ!?

2016/12/20


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは、『中間管理録トネガワ』の萩原天晴、三好智樹、橋本智広の3名の先生方!

大人気マンガ『賭博黙示録カイジ』のスピンオフという話題性だけにとどまらず、利根川と黒服たちが織りなす圧倒的なギャグが人気となり、ついに『このマンガがすごい!2017』オトコ編第1位にまで登りつめました!
しかし、スピンオフ作品が第1位を獲得するのは、じつに異例! いたるところでざわ‥ざわ‥と聞こえていたとか!?

本誌では『トネガワ』誕生の経緯や、原作・作画チームのワークフロー、さらに福本伸行先生からの僥倖コメントも!

本誌では『トネガワ』誕生の経緯や、原作・作画チームのワークフロー、さらに福本伸行先生からの僥倖コメントも!

『このマンガがすごい! 2017』
『このマンガがすごい!』編集部(編) 宝島社 ¥520+税
(2016年12月10日発売)

『カイジ』本編に登場する敵役のひとり、大手金融会社「帝愛グループ」の最高幹部・利根川幸雄。そんな彼の中間管理職としての苦悩と葛藤を、悪魔的なギャグとともに描いている本作‥‥。

本誌『このマンガがすごい!2017』 では8ページにわたって萩原、三好、橋本先生のインタビューを掲載していますが、『このマンガがすごい!WEB』では限定ディレクターズ・エディションとして、前後編でお届けします‥‥なんと蠱惑的っ!

原作:萩原天晴

宮崎県出身。『さぼリーマン 飴谷甘太朗』(講談社)の原作でデビュー。

作画:三好智樹

北海道札幌市出身。『中間管理録トネガワ』(作画)でデビュー。

作画:橋本智広

愛知県出身。パチスロマンガなどを執筆。

本誌では初となる、スピンオフ作品の1位!

――『このマンガがすごい! 2017』オトコ編第1位、おめでとうございます! 本誌でスピンオフ作品が1位になったのは初めてです。

三好 「え、いいの?」というのが最初の正直な感想です(笑)。ランキングというものを、まったく意識してなかったもので。

萩原 そうですね。なぜか勝手に「スピンオフマンガは選考外だろうな」と思っていたので(笑)。

橋本 なんでも初というのはスゴいことだと思います。1位を取るなんて人生で最後だろうな(笑)。

――「このマンガがすごい!WEB」2016年2月の月間ランキングでは、1位でした。

萩原 そのときも、かなり驚きました。

橋本 プロ野球でいうところの「月間MVP」か! と最初は思ってました。

三好 お世話になった方々には感謝してもしきれません。いまは少しずつ実感とうれしさがこみあげてきています。

萩原 当たり前のことですが、福本先生の原作『カイジ』の悪魔的なおもしろさがあってこその結果です。福本先生、ご承諾いただき、本当にありがとうございました!

三好 福本先生は、もっともスピンオフの多い漫画家ですが、それは先生の創り出すキャラクターの完成度の高さによるものだと思います。利根川幸雄というキャラのポテンシャルの高さにとても驚愕しています。

橋本 僕自身が『トネガワ』のファンでもありますので……本当にうれしかったです。

『トネガワ』製作チームのワークフロー

――本作は「協力」、「原作」、「漫画」(2人)と合計4人の名前がクレジットされています。それぞれ何を担当されているのでしょうか?

萩原 僕は毎回のストーリーを考えています。担当さんと打ち合わせして、ネームを描いてます。トビラ絵や表紙のラフなども描いてます。

ラフ画の圧倒的クオリティに驚愕‥‥っ!!

ラフ画の圧倒的クオリティに驚愕‥‥っ!!

福本先生のチェックがなく、自由な発想でネームを作れる‥‥これがトネガワの悪魔的なおもしろさの秘密っ!!

福本先生のチェックがなく、自由な発想でネームを作れる‥‥これがトネガワの悪魔的なおもしろさの秘密っ!!

――え、萩原先生がネームも描いているんですか?

萩原 はい。福本先生の作品はオノマトペや表情、間などでニュアンスを伝えるシーンが多いので、文字だけだと伝わりにくいところもあるんですよ。

――福本先生から何かオーダーはありましたか?

萩原 いっさい入りません。信頼して任せてくださってます。

三好 僕ら作画班は、ネームが来てからの作業になります。ネームをもとにキャラクターの下書きに入り、下書きが終わったら編集さんにチェックしてもらいます。作画に関しても、福本先生のチェックは入りません。

橋本 大事なところは三好くんが描いているので、僕は三好くんのアシスタントみたいなものです。

本作の名バイプレイヤー、黒服たち

――本作に出てくる黒服たちはオリジナルのキャラですか?

三好 オリジナルです。でも本編には無数の黒服が登場しているので、本編を探せばどこかにソックリなのがいるかもしれません。

萩原 第1話目の「利根川が黒服の紛らわしい名前をおぼえるのに苦労する」という話が思い浮かんだときに、どういう名前なら紛らわしいかな、と考えた結果、「佐衛門三郎二朗」など黒服の名前が決まっていきました。実在する苗字らしいですよ。

現実にいたら本当に面倒くさい部下かもしれませんね‥‥。

現実にいたら本当に面倒くさい部下かもしれませんね‥‥。

――あ、実在するんですね。

萩原 あと、僕がむかし投稿した『萩原(はぎわら)vs荻原(おぎわら)』という、全国の萩原と荻原が対決するマンガがあったのですが、利根川が荻野と萩野が紛らわしくて困るシーンは、そこからもネタを抽出しています。

tonegawa_interview_c04
このネタ元になった『萩原VS荻原』が本当に気になります!

このネタ元になった投稿作『萩原VS荻原』がじつに気になる‥‥!

――なるほど(笑)。ただ、そういった紛らわしさは、無個性な集団だからこそ成り立つギャグですよね。それぞれキャラが立っていったのは、どのあたりからですか?

萩原 たとえば佐衛門三郎だったら「優秀でイマドキな若手だったらおもしろいんじゃないか?」と、話を進めていくなかでキャラクター性を深めていきました。最初、利根川に反抗的だった山崎がいちばんの理解者になるなど、どのキャラも意外な成長をしましたね。

取材・構成:加山竜司


萩原、三好、橋本先生のインタビュー、今回はここまで! オトコ編第1位に輝いた『中間管理録トネガワ』の、貴重な制作裏話が聞けちゃいました!

まだまだ物足りない! インタビューがもっと見たいという方に朗報! 本誌では、萩原、三好、橋本先生の貴重なインタビューがたっぷり8Pも掲載されている『このマンガがすごい!2017』が、現在好評発売中です! WEBでは出ていない衝撃のエピソードや、先生方のルーツや好きな黒服、なんといっても福本先生のお祝いコメントが載っていますよ! 気になった方は今すぐ下記をクリック!

konoman2017_hyoushi_s01

絶賛発売中の『このマンガがすごい!2017』! “今、読みたいBEST100”を大ボリュームで特集してます♪ すぐにゲットしよう★

\次回予告/
2017年1月9日(月)には、「このマンガがすごい!2017」オトコ編第1位『中間管理録トネガワ』のインタビュー後編をアップ予定!

ぜひチェックよろしくお願いします! あなたのチェックしてもらえないと地下労働施設行きなんです‥‥。

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2