このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【速報!!】大和和紀ファン必見! 「はいからさんが通る」の紅緒と少尉は幼少期に出会っていた!? コミックス未収録の作品が、29年ぶりに復刻掲載される!【番外編】

2017/09/15


haikara_kokuchi

めくるめく大正ロマンの世界、ふたたび!!

「かげろう ゆらゆら 小石川 ハーフブーツにえび茶のはかま
頭のリボンも ひらひらと これできまりの 女学生 わたくし 花の 十七さい」

…このフレーズ、どこかで見覚えがありませんか……?

大和和紀先生の代表作ともいえる、「はいからさんが通る」は、1975年~1977年にわたり、『週刊少女フレンド』にて連載された大人気ラブコメディ。
連載が終了し、40年が経った今でも、世代を問わず多くの女性に支持されている作品です。

そしてなんと、大和和紀先生が昨年画業50周年を迎えられたことを記念し、2017年9月29日~12月24日の期間に、弥生美術館にて、「はいからさんが通る」展の開催が決定‼

さらに、10月からは宝塚劇場での舞台化、11月には『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』の上映も決定!
……そう、じつは今、「はいからさんが通る」が、再注目されているのです!

そんな「はいからさんが通る」の魅力をあますことなく紹介した、『「はいからさんが通る」と大和和紀ワールド』が、このたび発売されました!

haikarasangatoru_s

『「はいからさんが通る」と大和和紀ワールド』
外舘 惠子(編) 宝島社 ¥1,300+税
(2017年9月15日発売)

今回はその見どころを、ちょっとだけご紹介しちゃいますよっ!

イケメン&個性的なキャラクターたちを、名シーンとともに振り返る!

haikarasan_kokuchi_5 haikara_kokuchi_2

「はいからさんが通る」といえば、剣道3段の腕前をもつおてんば娘の主人公・花村紅緒が印象的。
『「はいからさんが通る」ハイライト!』のコーナーでは、彼女の成長を見守る個性的なキャラクターや、衝撃的なシーンなどをあらすじとともにご紹介しています!

〈編集部による「ここを見てほしい!」 その1〉
「はいからさんが通る」で欠かせないのは、やっぱり紅緒の恋愛模様ですよねっ。
「紅緒を取り巻くイケメン図鑑」のコーナーでは、紅緒に恋をし、彼女の心を乱した見目麗しい4人のイケメンたちを、名シーン&名セリフとともに紹介! 一途に紅緒を恋い慕う蘭丸、ガサツだけど男らしい鬼島、ハンサムで教養のある冬星、そしてありのままの紅緒を受け入れる少尉――。
タイプの異なる4人は、紅緒へのアプローチもさまざま。
たとえば、少尉の「好きでしたよ もうずっとまえから」というセリフ。 
こんなストレートな愛の言葉を少尉から告げられたら……恥ずかしすぎて少尉の顔が見れないっ♡
また、「最初は冬星様が好きだったけど、今読むと少尉がいちばん……♡」
……なんて、”推し変”する方も出てくるかも……しれませんよ!

「はいからさんが通る」は、編集部の反対を押し切ってスタートした!?

haikara_kokuchi_3

さらに、50年もの間、少女マンガ界の第一線で活躍してきた大和和紀先生の超ロングなインタビューも掲載!
大和先生が漫画家を目指すことになったきっかけや、「はいからさんが通る」誕生秘話など、セキララに語っていただいてます!

〈編集部による「ここを見てほしい!」 その2〉
じつは「はいからさんが通る」は連載開始当時、「歴史ものはウケない」と編集部から難色を示されていたのですが、なんと、大和先生は反対を押し切って連載をスタートさせてしまうのです!
さらに、冬星様が番外編で、美少年と家族になったのには、大和先生の「えっ、そんな理由なの!?」と思わず仰天してしまう、ある理由があって……!?
ほかにも、当初は1年の連載を予定していたにもかかわらず、2年間連載が続いた理由や、紅緒が酒乱キャラとして設定された裏話など、「はいからさんが通る」のファンにはたまらない、マニアックなエピソードも披露されています!

必見!! 幻の「あのマンガ」が特別収録!!

haikara_kokuchi_4

なんと今回、「はいからさんが通る」と、「N.Y.小町」が夢のコラボをはたした、幻のマンガ「初夢!? はいから小町」を特別収録!!
本エピソードは、29年前に「週刊少女フレンド」に載ったきりで、コミック未収録の超レアもの!! これは見逃せませんよ……!

〈編集部による「ここを見てほしい!」 その3〉
「N.Y.小町」の主人公・志乃とダニエル夫妻のもとに、ひょんなことから赤ん坊の紅緒がやってきた!
赤ちゃんのときの紅緒も、とんだおてんばっぷりを発揮! コロコロと笑い、はしゃぐ紅緒がとってもカワイイです♡
さらに、幼い頃の少尉も登場して……!?
普通ならば交わることのないキャラクターたちが、作中でどんなかけあいを繰り広げるのか、ぜひご覧ください!

ここでは語りつくせない、大和和紀先生のすべてがこの1冊に!!

これ以外にも、本作でしか見られない「はいからさんが通る」の原画イラストや、「ヨコハマ物語」「あさきゆめみし」「イシュタルの娘~小野於通伝~」など人気作品のも掲載!

さらに、「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」で紅緒役を務めた早見沙織さんや、「ホタルノヒカリ」を手がけたひうらさとる先生、そして大和和紀先生の元アシスタントであった西尚美先生などの人気漫画家&有名人の方々に、「はいからさんが通る」の魅力を語っていただくスペシャルページも掲載!
極めつきは、50年間の大和和紀先生の作品を徹底解説&全作品のリストも収録!
50年の歴史がすべて詰まった、永久保存版の1冊になっております! haikarasangatoru_s

『「はいからさんが通る」と大和和紀ワールド』
外舘 惠子(編) 宝島社 ¥1,300+税
(2017年9月15日発売)

この秋、「はいからさんが通る」関連イベントが皮切りになる前に、『「はいからさんが通る」と大和和紀ワールド』を読んで、大正ロマンに胸をときめかせたあの頃に、想いを馳せてみませんか?


関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]