このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ミステリと言う勿れ』 第1巻 (田村由美) ロングレビュー! 「ミステリと言う勿れ」…これいかに。 その答えは、「語り」で謎と人々の深層心理を暴き出す、カレー大好き天パ大学生にあり!?

2018/03/31


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『ミステリと言う勿れ』

『ミステリと言う勿れ』著者の田村由美先生から、コメントをいただきました!

著者:田村由美

新作シリーズを読んでいただきありがとうございます! 
今まで描いてきたお話とは若干違うアプローチの仕方でつくってるので、どうなることやらわからないのですが、楽しんでいただけたら幸せです。
第2巻は5月10日頃発売予定だそうです。どうぞよろしくお願いいたします! 
フラワーズ本誌もよろしく!

『ミステリと言う勿れ』 第1巻
田村由美 小学館 ¥429+税
(2018年1月10日発売)


『BASARA』などで知られる田村由美の最新作は、彼女なし・友だちなしの大学生が主人公のミステリーだ。

主人公の名前は久能整(くのう・ととのう)。定期的に美容院に通い、天然パーマが膨らみすぎないように整えている。大学生であること、ひとり暮らしをしていること、友人や恋人がいなくても快適に過ごしているという以外に、彼のバックボーンはほとんど明らかにされていない。

初対面では必ずといっていいほど「整」という名前にものめずらしげな反応をされるが、本人は慣れっこのようで……。

機嫌よくカレーを作っていたある日、整は殺人の疑いをかけられ、複数人の刑事から取り調べを受けることに。

「カレーに弱い」と自認する整だが、なぜか、カレーをつくっていると事件に巻きこまれてしまう。

整は少しもうろたえず(少なくとも、そのようにみえる)、刑事たちが胸に抱えている「痛いところ」を次々いい当て、挑発めいた言葉を吐く。しかし整のひょうひょうとした物腰に、若手刑事たちは少しずつ興味をそそられ、影響を受け始める。整の語る飾り気のない言葉は、ときに残酷に「そこにある事実」をいい当てる一方で、聞き手にとって大きないやしとなることがある。だれもいってくれなかったこと、でもだれかにいってほしかったこと。そういうところを、ずばりといいきってしまうのだ。

整の「なんかこいつスゴイぞ」感に刑事たちが気づき始めた頃、事件は思わぬ展開をみせはじめ……。

殺人の容疑で強面の刑事から取り調べを受けているのに、おじけづく様子をいっさいみせない整。この男、ただ者ではないぞ……!

単行本情報

  • 『ミステリと言う勿れ』 第1巻 Amazonで購入
  • 『7SEEDS 外伝』 Amazonで購入
  • 『猫mix幻奇譚とらじ』 第11巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]