このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『福島鉄平短編集 アマリリス』(福島鉄平)ロングレビュー!「へんたいのおじさん」に売られた少年 汚されていく純粋な魂

2015/02/11


amaryllis_s

『福島鉄平短編集 アマリリス』
福島鉄平 集英社 \600+税
(2014年12月19日発売)


「かつて週刊少年ジャンプで『サムライうさぎ』(2007~08)を連載していたあの福島鉄平が!?」という文脈で語られることの多い、短編集『アマリリス』。

特に話題を集めるその表題作は、母親が作った借金のカタに「へんたいのおじさん」に売られてしまった11歳の少年・ジャンが「おしごと」として女装させられ、いかがわしい大人の相手をすることに……という、たしかに少年誌ではまず考えられない内容であることは間違いない。
しかし、本作が真に衝撃的とも言えるのは、その表層部分ではなく、もっと奥底のセンシティブなところにある。

女装させられて歌を歌うだけではなく、ときには「へんたいのおじさん」に「キス」を強いられることもある「おしごと」。
その一方で、かつて同じサッカークラブにいた少年であるポールと、大好きな児童文学『ニンジャ&ドラゴン』がきっかけで急速に仲が深まっていく。
はじめはやりたくもない仕事で沈んだ気持ちが、ポールという「友だち」がいることで慰められていたが、やがて「きたないもの」にどんどん染まっていく自分によって、純真さの極みのようなポールを汚したくないという気持ち、そして「嫌われたくない」という思いで揺れることとなる。

一見するとかわいい絵柄と「へんたいのおじさん」という組み合わせが、気持ちをざわめかせる絶妙な取り合わせ。別の短編『ルチア・オンゾーネ、待つ』には「せいどれい」という言葉も登場する。

一見するとかわいい絵柄と「へんたいのおじさん」という組み合わせが、気持ちをざわめかせる絶妙な取り合わせ。別の短編『ルチア・オンゾーネ、待つ』には「せいどれい」という言葉も登場する。

さらに、ポールが「立派なオトナ」と信じている『ニンジャ&ドラゴン』の作者が、じつはお店に通う常連のなかでも特にスジの悪い客(オマケ解説によると、締切のストレスから子どもをイジメに来ているとか……)だと知り、複雑な感情に拍車がかかることに。

そうしてしばらくはポールと距離をおいていたジャンだが、ある噂を耳にしたことをきっかけに、本当の自分の姿をさらけ出す。

amaririsu_c01

単行本情報

  • 『福島鉄平短編集 アマリリス』 Amazonで購入
  • 『福島鉄平短編集 スイミング』 Amazonで購入
  • 『サムライうさぎ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]